のん木草・みどり見て歩き

7月5日 ラックブラン・ハイキング

シャモニーのハイキングは、当初ブレヴアンでしたが、ロープウエーが修理運休の為、雪渓の多いラックブランへ変更となりました。
朝7時30分に、チャーターバスでロープウエーへ移動し、ロープウエーとリフトで、一気に2000m以上の展望台へ上り、そこから5時間のハイキングです。
お天気も良く、何度も雪渓や岩場を歩く、トレッキングで、アルプスを歩いている感じがしました。終わり良ければ、全て良しで、最終日を過ごせて幸せでした。

モンブランの山なみと雪渓。
e0145782_101948.jpg

ハイキングの途中の風景
e0145782_10193594.jpg

e0145782_10204348.jpg

e0145782_102182.jpg

e0145782_1021265.jpg

e0145782_10214147.jpg

e0145782_1022089.jpg

e0145782_10221486.jpg

アルペンローゼと山
e0145782_10223769.jpg

ワタスゲが実となっていました。
e0145782_1023073.jpg

山羊とアルペンローゼ
e0145782_10232039.jpg

雪渓を滑り下りる山羊
e0145782_10235050.jpg

昼食を取った場所
e0145782_10241697.jpg

雪渓が解けた池。
e0145782_10243190.jpg

アルペンローゼと連峰
e0145782_10245398.jpg

e0145782_102594.jpg

シャジクソウと山
e0145782_10252725.jpg

下山したところにある教会と山
e0145782_10254843.jpg

ヤナギラン
e0145782_1026721.jpg

シャモニーの町に戻ってから、自由行動となり、マルチパスの有効利用で氷河見学をしてきました。途中の車窓から、本日歩いたラックブランの山が良く見えました。
e0145782_10262929.jpg

氷河はかなり後退して、それほどの感激はありませんでしたが、クレパスを間近にみることが出来ました。
e0145782_10265142.jpg

以上
翌日、雨のシャモニーに未練を残さずに別れを告げ、ジュネーブからアムステルダム経由で成田に戻ってきました。今回は、ポイントの3名峰を見る日がことごとく、良い天気に恵まれ、この幸運を、ただただ仏様に感謝する次第でした。
# by midori7614 | 2008-07-10 10:33 | 海外のみどり

7月4日 モンブラン観光

シャモニーへ移動して、モンブランを観光する日です。
3連泊した荷物を朝7時に出してから朝食を済ませ、7時50分に出発です。ガソリン車の規制がない隣のテーシュ駅へ、電車で移動後、バスでフランス側のシャモニーへ移りました。ツエルマットは小雨で、マッターホルンは見えませんでしたが、シャモニーは晴れ上がっていました。11時過ぎに、ホテルに荷物を預け、昼食を済ませてから、ロープウエイを乗り継ぎ、標高3842mの「エギュードミデイ展望台」へ行きました。お天気が良いので、更に、ロープウエイでイタリア側のエルブロンネ展望台へと国境越えの空中散歩を堪能しました。

シャモニーの町から、モンブランが見えました。
e0145782_853154.jpg

雲の上に出て、3連続のゴンドラでイタリア側のエルブロンネ展望台へまず渡りました。往復所用時間は1時間位かかります。乗り物によるモンブラン観光です。
e0145782_854542.jpg

モンブランの頂上は右側の白いなだらかな山の上です。洋菓子モンブランのトッピングは、良く似ていますね。
e0145782_8542883.jpg

e0145782_8544470.jpg

e0145782_855537.jpg

ゴンドラから見た連峰の1事例。
e0145782_8554154.jpg

e0145782_856196.jpg

e0145782_8564516.jpg

エルブロンネ展望台からの連峰。沢山見え過ぎて、どの山が何なのかは判らなくなりました。
e0145782_8572158.jpg

e0145782_8584989.jpg

e0145782_859614.jpg

e0145782_8593966.jpg

e0145782_90120.jpg

遠くに、マッターホルンも小さく見えました。
e0145782_98481.jpg

結構、登山者もいました。
e0145782_903263.jpg

e0145782_904813.jpg

e0145782_91474.jpg

山の写真ばかりとなってしまいましたが、お天気にここでも恵まれ、大感激で興奮した1日でした。
以上
# by midori7614 | 2008-07-10 09:15 | 海外のみどり

7月3日 シュヴァルツゼーからツエルマットまでハイク

歩行距離約8km、標高差950mの下山コース約4時間のハイキングの日です。朝8時30分、曇り空のもと、ツエルマットの街中を突っ切って、ロ-プウエイ乗り場に向かう。ヴァイケルマッテンから乗り、フーリで乗り換えて、標高2581mのシュヴァルツゼーへ到着した。お天気が冴えないので寒い。マッターホルンはじめ高い連峰は見えない。フラワーウオッチングに専念して歩いたが、午前中から雨が降り出し、滑らないように、歩きに専念して、昼食の山小屋へ到着した。食後は、雨が小降りから止み、無事ツエルマット(1631m)に下山して、自由行動となった。天気が良くないので、他には出かけずに、ホテルに戻り、ツエルマットの商店で買い物などをして過ごした。

ツエルマットの中心街で、放牧に出かけるヤギの行列に遭遇した。
e0145782_22134171.jpg

ヤギは個人宅の庭のみどりを、勝手に食べていた。何でも食べるのだと改めて驚いた。
e0145782_22135934.jpg

マッターホルンの真下であるが、頂上は雲の中で見えません。
e0145782_22141943.jpg

フラワーウオッチングに専念しました。
e0145782_22143888.jpg

ヤマヤグルマギク
e0145782_22155557.jpg

タカネシオガマ。2度目の登場だと思いますが、葉の特徴がこの写真の方が判り易いので、掲載しました。
e0145782_22161736.jpg

エゾノチチコグサ(キク科エゾノチチコグサ属)
e0145782_22163986.jpg

チョウノスケソウ(バラ科チョウノスケソウ属)。ハエが受粉にきていたので、再度掲載します。
e0145782_2217064.jpg

ドロニクム・クルシイ(キク科ドロニクム属)
e0145782_22172359.jpg

トウダイグサ(トウダイグサ科トウダイグサ属)
e0145782_22174122.jpg

アデノステイレス・アリアリアエ(キク科アデノステイレス属)
e0145782_2218492.jpg

アユニトウム・ブルパリア(キンポウゲ科トリカブト属)
e0145782_2218304.jpg

プルモナリア・アウストラリス(ムラサキ科プルモナリア属)。花の色が、最初は紅色で、徐々に紫色に変化していくそうです。初めて見た花でした。
e0145782_22185817.jpg

エリンギウム・アルピヌム(セリ科エリンギウム属)。
後ろの黄色い花はリンドウの仲間のはなです。
e0145782_22192143.jpg

植栽されていたエーデルワイス
e0145782_22194391.jpg

サンショウバラみたいなノバラ
e0145782_2220873.jpg

名前が判らない花。
e0145782_22203397.jpg

e0145782_22205085.jpg

e0145782_2221744.jpg

他に、撮影できた花には、ワスレナグサ、シャジクソウ、ゲンテイアナ、キンポウゲ、バルトシア、キジムシロ、クマノツメ、クワガタソウ、イブキジャコウソウ、ムカゴトラノオ、コケモモ、タマシャジンがありましたが、既に、掲載しましたので、省略しました。
以上
# by midori7614 | 2008-07-09 22:22 | 海外のみどり

7月2日午後 スネガからツエルマットへハイク

午後の自由行動は、地下ケーブルカー5分で行けるスネガ展望台(2293m)からツエルマットの町(1631m)へ下る、所要時間2時間のハイキングコースを歩くことにしました。
13時30分のケーブルに乗車し、展望台でお茶をしてから、フラワーウオッチング中心に、14時過ぎから歩き始め、16時半にツエルマットに着きました。

スネガから、 マッターホルンが間近に見えます。
e0145782_1136471.jpg

ナデシコ科ミミナグサ属の仲間。
e0145782_11362196.jpg

アブラナ科の仲間。
e0145782_11364392.jpg

キク科ドロニクム属の仲間
e0145782_1137657.jpg

アカネ科ヤエムグラ属の仲間。スイス語名:ガリウム・メガロスパルムム。
e0145782_11372731.jpg

クモノスバンダイソウ(ベンケイソウ科クモノスバンダイソウ属)
e0145782_11375027.jpg

キキョウ科ホタルブクロ属の仲間。
e0145782_1138173.jpg

リンドウ科リンドウ属の仲間。
e0145782_11383776.jpg

ゴマノハグサ科クワガタソウ属の仲間。オオイヌノフグリと同じ種類らしい。
e0145782_1139027.jpg

トウダイグサ科トウダイグサ属の仲間。
e0145782_11392330.jpg

ゴマノハグサ科オクエゾガラガラ属の仲間。
e0145782_11395321.jpg

ユリ科の仲間。翌日、ガイドから名前を聞いたが、忘れてしまった。後で、調べます。
e0145782_11401951.jpg

西洋ノコギリソウ(キク科ノコギリソウ属)
e0145782_11404183.jpg

ナデシコの仲間。
e0145782_1141087.jpg

リンドウの仲間。
e0145782_11413293.jpg

アスターの仲間。
e0145782_11415633.jpg

テガタチドリ(ラン科ハクサンチドリ属)
e0145782_11422113.jpg

ゴマノハグサの仲間。
e0145782_11424971.jpg

タマシャジン(キキョウ科タマシャジン属)
e0145782_1143118.jpg

放牧された牛とマッターホルン。
e0145782_11434624.jpg

フィンデルの部落とマッターホルン。
e0145782_11441439.jpg

セリ科の花とマッターホルン。
e0145782_1144346.jpg

以上
# by midori7614 | 2008-07-09 11:46 | 海外のみどり

7月2日 マッターホルン観光とハイキング

朝8時30分に、ホテル出発し、登山電車にて、標高3130mのゴルナグラード展望台へ上りました。快晴・無風の良いお天気に恵まれ、眼前に迫る標高4478mのマッターホルンをはじめ、ヴァリスアルプス36峰や大氷河の360度の景色を堪能しました。
下山は、一駅だけ電車で下り、ローテンボーデン駅から一駅下のリッフェルベルク駅まで、約2.2kmをハイキングしました。ハイキングの途中で、リッフェル湖に映る「逆さマッターホルン」を見ながら、日本食の店で作ってもらった「おにぎり弁当」の昼食を取りました。
再び、リッフェルベルク駅から登山電車に乗り、ツエルマットへ戻り、12時過ぎに解散し、自由行動となりました。

早朝、ホテルから眺めた朝焼けのマッターホルン
e0145782_9384780.jpg

ツエルマットの町から眺めたマッターホルン
e0145782_939563.jpg

標高3130mのゴルナグラード展望台から眺めたマッターホルン
e0145782_940034.jpg

ゴルナグラード展望台からの360度の展望風景
e0145782_9402592.jpg

e0145782_9403864.jpg

e0145782_9405875.jpg

e0145782_9411469.jpg

ハイキング中に見られた花
リンドウの仲間。スイス語名:ゲンテイアナ・オルビクラリス
e0145782_9413727.jpg

コケマンテマ(ナデシコ科マンテマ属)
e0145782_9415612.jpg

シャジクソウ(マメ科シャジクソウ属)
e0145782_9422217.jpg

イワダイコンソウ(バラ科ダイコンソウ属) 前にも掲載しましたが、この写真の方が葉の形が大根の葉に似ていることが判るので、重複しますが、掲載しました。
e0145782_9424532.jpg

キジムシロ(バラ科キジムシロ属) 葉の形がダイコンソウと違っているのを確認して下さい。
e0145782_9431144.jpg

逆さマッターホルンの眺め。1年間で、この景色が見られる時間は、かなり限られるとのことです。晴れていても風があると映りません。曇りの日は映らないそうです。この景色が初めて来て、見られるなんてなんと幸運なことでした。
e0145782_9433988.jpg

e0145782_9435527.jpg

コケマンテマとマッターホルンの眺め
e0145782_9442669.jpg

ゲンテイアナとマッターホルンの眺め
e0145782_9444445.jpg

キンポウゲのお花畑とマッターホルンの眺め
e0145782_945449.jpg

以上
# by midori7614 | 2008-07-09 09:50 | 海外のみどり