のん木草・みどり見て歩き

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月10日 小金井公園見て歩き その他編。

桜編に続き、その他編です。
桜以外にも、ハナモモ、ヤマブキ、ハナミズキ、ハナズオウ、ニリンソウなども観察できました。

ハナモモ。花色が紅白の源平咲きです。
e0145782_17481159.jpg

枝ごとに紅白に咲き分けている。
e0145782_17484749.jpg

同じ枝の中に、紅白の花が入り混じる。
e0145782_17491059.jpg

一つの花の中で、紅白の花弁が入り混じる。
e0145782_17493875.jpg

ヤマブキ。一重咲きの花。この花には実が付きます。
e0145782_17501458.jpg

半八重の花。この花には実が付く場合もあれば付かないこともあります。
e0145782_17503965.jpg

八重咲の花。この花には実はならない。
e0145782_17514726.jpg

アオキ。雌雄異株で、これは雌株の雌花。
e0145782_17525952.jpg

雄株の雄花。
e0145782_17532112.jpg

ハナミズキ。白い花びらに見えるのは葉の変化した総苞。下の花は普通に見られる4枚。上の花は珍しい6枚。本当の花は中央の粒々ですが、今はまだ蕾です。
e0145782_17534677.jpg

ご参考:蕾が開花すると花弁4枚、オシベ4個、メシベ1個の小さい花です。
e0145782_17543310.jpg

ハナズオウ。多数の花は枝に束生しています。
e0145782_1755166.jpg

マメ科の蝶形花で、オシベとメシベは下の花弁の中に入っています。
e0145782_17561361.jpg

ニワトコ。小花が沢山ついていますが、形は判らないですね。
e0145782_17565830.jpg

小花をアップするとこんな花です。
e0145782_17574397.jpg

ニリンソウ。
e0145782_17583556.jpg

e0145782_17585548.jpg

ご参考:オシベ、メシベをアップしてみました。メシベ1個ずつに種子が1個入るそうです。
e0145782_180443.jpg

タチツボスミレ。
e0145782_182587.jpg

e0145782_1822694.jpg

ご参考:花弁を一部取り除いてみると、メシベの周りにオシベが側着し、オシベのうち2本が後ろの距の中に伸びています。そこで蜜を出しています。
e0145782_1812182.jpg

以上
by midori7614 | 2015-04-11 18:04 | 関東のみどり

4月10日 小金井公園見て歩き 桜編。

かわさき市民アカデミーみどり学受講生有志で作っているサークル「みどり葉っぱ会」の見て歩き行事で、大島桜の香りを嗅ぎに、小金井公園へ行ってきました。

前日9日の夕方5時半頃に見た小金井方面の天気予報は、曇り後雨で、午前の降水確率20%、午後の降水確率60%でした。3時間毎の時間帯別予報では12時と15時は曇り、18時が弱雨となっていました。実施するか中止するかの判断は悩ましかったのですが、
夕方に雨が降り始める可能性があるが、それまでには見て歩きは終了すると判断し、計画通り実施と決定しました。 当日朝の天気予報を見たら、12時過ぎから雨となっており、判断を間違えたかなと思いましたが、前日に決定してしまった以上変更は出来ないので、雨に降られるかもしれないと覚悟して出かけました。しかし、幸いにも、見て歩き中の午後3時までは曇り空で、武蔵小金井駅の店内でお茶している時から、雨が降ってきました。結果論ですが、中止せずに実施できたことは、ラッキーでした。

今回の行程は次のとおりでした。
武蔵小金井駅北口バス乗り場→(西武バス)→小金井公園西口バス停→西口から入園→桜の園→たてもの園前広場→サービスセンター→ゆりのき広場→大島桜大木(昼食)→ハナミズキ園→こどもの広場→いこいの広場→霞桜→カンヒザクラ→小金井公園西口バス乗り場→(西武バス)→武蔵小金井駅北口。

今回の見て歩きは桜が中心でしたが、桜以外にも、ハナモモ、ヤマブキ、ハナミズキ、ハナズオウ、ニリンソウなども観察できました。ブログ掲載は、桜編とその他編の2回に分けて掲載させていただきます。

最初に、桜編です。
今年は、3月が暖かくて、早めに開花したものが多かったので、桜の木の根元はピンク色に染まっていて、きれいでした。
e0145782_17332529.jpg

でも、4月が寒い日が多く、花冷えが続き、オオシマザクラは咲き残っていて、良い香りを楽しむことができました。
e0145782_1734281.jpg

大木の内側は、四方に伸びた大枝が垂れ下がっています。
e0145782_17343057.jpg

オオシマザクラ系統のサトザクラの大輪の品種が見ごろでした。
駒繋(コマツナギ)。この桜はイギリスで作出された「太白(タイハク)」と同一品種です。
e0145782_1735297.jpg

花弁の大きさでは、一重の桜の中で最大と言われています。
e0145782_17352717.jpg

白妙(シロタエ)。
e0145782_17355428.jpg

八重咲きの桜の中では、花弁の大きさは最大級と言われています。
e0145782_17362030.jpg

駿河台匂い。咲き始めの花が濃厚な香りを放っていました。
e0145782_1736468.jpg

薄墨。この花はオオシマザクラ系統ですが、皆さんご存知の淡墨桜(ウスズミザクラ)はエドヒガン系統です。他に、伊予薄墨桜と呼ばれる薄墨桜と言う品種もあります。名前はいろいろあって、ややこしいですね。
e0145782_17373069.jpg

白雪。
e0145782_17375521.jpg

この花は、枯死寸前の大木の白雪の脇から出た枝が幹代わりとなって、生き延びている桜の花です。生き残りにかける執念の凄さに感動しました。
e0145782_17382297.jpg

関山。
e0145782_17384479.jpg

花1個をアップしました。メシベが葉化しているのが判りますか?
e0145782_17391545.jpg

メシベの葉化を、アップした写真で確認してみましょう。もともと、メシベは葉が変化したものですので、メシベが葉に変化するのも不思議ではありません。
e0145782_17394518.jpg

関山の特徴は、枝が伸びると垂れ下がりますが、地面に着きそうになると、再び枝先が立ち上がります。
e0145782_1740106.jpg

他に見られた品種を説明省略しますが、掲載だけしておきます。
一葉(イチヨウ)。
e0145782_1740279.jpg

江戸。
e0145782_17404852.jpg

嵐山。
e0145782_17411616.jpg

ウコン。
e0145782_17413884.jpg

カンヒザクラ。
e0145782_1742895.jpg

紅枝垂れ。
e0145782_17424278.jpg

八重紅枝垂れ。
e0145782_17431473.jpg

以上
by midori7614 | 2015-04-11 17:45 | 関東のみどり