のん木草・みどり見て歩き

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サルビアとクズ

前回のブログで、「シソ科のサルビア、マメ科のクズ、ツリフネソウ科にキツリフネ、キク科のコスモス、アザミについて、オシベやメシベに注目しながら花の構造などについて、詳細に調べたうえで、ブログに掲載させていただくつもりです。」と予告させていただきましたが、その後、予定外の仕事を引き受けてしまい、日中にパソコンに向き合う時間が取れなくなりました。お天気の方も日中に雨が降れば、引き受けた仕事もお休みになる筈でしたが、こんな時に限って、雨が降りませんでした。ようやく、2週間ぶりに雨となりましたので、大変遅くなり、やや拙速ぎみの作成ですが、作成できたサルビアとクズだけを掲載させていただきます。ツリフネソウ科にキツリフネ、キク科のコスモス、アザミについては、明日からは、また忙しくなりそうですので、掲載予告を取り消させていただきます。

サルビア
花が大きく、観察しやすいので、シソ科植物の代表として、花の構造に着目してみました。幸い、サルビアは園芸植物として、入手しやすいので、花を分解しながら観察してみました。
花序は下から咲き上がります。
e0145782_18581269.jpg

e0145782_18582281.jpg

萼(がく)はシソ科植物の萼は筒状になっており、先端は5つに分かれているが、いくつかが合わさって上側と下側の2つになっていることもあります。サルビアの場合は、上側に1枚、下側に2枚のように見えます。 花弁は筒状になっている合弁花です。5枚の花弁が合わさっているはずですが、多くの場合は上側と下側に分かれている程度にしか認識はできません。通常、上唇と下唇からなる2唇形の花となっています。花が終わるとこの花弁は抜け落ちます。
e0145782_1859191.jpg

 シソ科のオシベは2本または4本です。オシベが先に熟して役割を終えた段階で、メシベが伸びて花弁の外にまで出てくるようで、オシベが先に成熟し、その後にメシベが成熟する仕組みだそうです。これを「雄性先熟」と言い、成熟する時期を違えることによって、自家受精を防止しているわけである。
 さて、外側から見ると、上唇弁の先端から飛び出ているのがメシベの花柱と柱頭です。
e0145782_1859157.jpg

アップしても、オシベは見えません。
e0145782_18594578.jpg

花の中央に、虫がもぐりこむ訳ですから、虫の代わりに、ヨウジの頭を押し込んでみましたら、上唇弁の中からオシベの花糸と花粉袋が下がってきました。
e0145782_1901527.jpg

e0145782_190387.jpg

上唇弁だけ取り除いて見ると、メシベとオシベの様子が判りました。
e0145782_191128.jpg

オシベとメシベだけに着目して見ました。オシベの基部の手前に、「テコの支点」のような仕組みがあります。この仕組みにより、オシベの基部部分の突起が虫の頭で押し上げられると、オシベの先端の花粉袋が上唇弁の中から下へ飛び出すことになっていました。
e0145782_1913442.jpg


クズ。
房状の花を咲かせます。花は葉群の下になって目立たないことが多いです。伐採跡地や放棄畑、道路端などに繁茂し、大群落を形成していることも多いですね。
e0145782_1924714.jpg

クズの花は、見上げて見つけるよりも山道に花が落ちていたりして、開花したことに気づくことが多いです。葉に隠れて見えにくいです。
e0145782_1935092.jpg

花序は下から咲き上がります。
e0145782_1942836.jpg

マメ科の花の構造です。上が虫の目印になる旗弁1個、横に翼弁2個、下に合着している舟弁2個です。
やや横向きからの花。
e0145782_195846.jpg

正面からの花。
e0145782_1954424.jpg

オシベ、メシベは舟弁の中に守られていて、外から見えません。そこで、翼弁1個と舟弁1個分を取り除いて、オシベを見てみました。
e0145782_1962285.jpg

このしっかりした白いのは、中心にある1本のメシベを、10本のオシベが取り囲んでいる状態です。オシベは9本が合着していますが、1本だけ独立して分離しています。この分離した隙間に、ハチが口吻を差し込んで蜜を吸うそうです。いろいろ工夫されているのに、驚かされます。
以上
by midori7614 | 2014-09-25 19:07 | 身近なみどり

9月9日 大和市ふるさとの森~泉の森見て歩き その1

かわさき市民アカデミーみどり学受講生のサークル「みどり葉っぱ会」の見て歩き行事で、大和市ふるさとの森~泉の森を見て歩きしました。前後の日に比べて、この日だけが良い天気でしたので、大変ラッキーであると同時に、楽しい見て歩きとなりました。
行程は次のとおりでした。
大和駅9:50⇒親水広場⇒ふれあいの森⇒熊野神社⇒しらかしの家⇒11:40昼食12:40⇒泉の森⇒ふれあいの森⇒親水広場⇒15:10大和駅(お茶をして解散)

見られた植物について、従来のブログ掲載方法を少し改めて、2回以上に分けて、ブログに掲載してみたいと考えています。まず、「その1」では、なるべく早めに、見られた植物を取り敢えず簡単に紹介します。後日掲載予定の「その2」以降で、シソ科のサルビア、マメ科のクズ、ツリフネソウ科にキツリフネ、キク科のコスモス、アザミについて、オシベやメシベに注目しながら花の構造などについて、詳細に調べた内容を掲載してみたいと考えています。

では、「その1」として、見られた植物などを、花、実、葉、その他の順で、簡単にご紹介します。

花。
ジンジャー。ショウガ科。
一般的に「ジンジャー」と言えばショウガのことを指しますが、園芸ではここで紹介するショウガ科ヘディキウム属の植物を指します。主に花を楽しむのが目的で、花壇などに植えられています。和名でシュクシャ(縮砂)と言いますが、あまり使われることはありません。
e0145782_2015045.jpg

サルビア。シソ科。
ブラジル原産の一年生草本で、乾燥にも強く長期間花が咲き続けます。花が大きく、観察しやすいので、シソ科植物の代表として、花の構造に着目してみました。この詳細は、「その2」に掲載します。
e0145782_2015262.jpg

コリウス。シソ科。
熱帯・亜熱帯アジア、オーストラリアなどに100種以上が知られています。現在栽培されているものは人の手によって改良された園芸品種ですが、大元となったのはその中でも1~数種の野生種です。その特徴は赤や黄色、紫など様々な色彩と模様が織りなす美しい葉で、和名の「キンランジソ(金襴紫蘇)」や別名の「ニシキジソ(錦紫蘇)」を名は体を表すといった感じです。暑い気候でよく育ち、夏向きの鉢植や寄せ植え、花壇に広く利用されています。
e0145782_20174670.jpg

夏~秋にかけて茎の頂点から花茎を長く伸ばして小さな花を穂状に咲かせます。花色は白地でうっすらと青色が入ります。
e0145782_2018034.jpg

クズ。マメ科。
日本各地に分布し、東~東南アジアに広く分布するツル植物。秋の七草の一つ。8月下旬から9月にかけて咲き、穂状花序が立ち上がり、濃紺紫色の甘い芳香を発する房状の花を咲かせる。花が大きく、観察しやすいので、マメ科植物の代表として、花の構造に着目してみました。この詳細は、「その2」に掲載します。
e0145782_20184689.jpg

フジカンゾウ。マメ科。
多年草。本州~九州の山野の林内に生える。高さ50~150cm。全体にまばらに毛が生える。葉は互生し、2~3対の小葉をもった奇数羽状複葉で、小葉は卵形~長楕円形で長さ8~16cm、幅2~6cm。托葉は線形で長さ7~8mm。茎の先端と葉腋から総状花序を出し、淡紅色で長さ8~10mmの蝶形花を多数咲かせます。
e0145782_20191530.jpg

ヌスビトハギ。マメ科。
日当たりのよい草地にも生育しているが、水分条件の良いやや湿った陰地を好む印象がある。 草丈は50cm~1mほど。葉は3小葉(=3出複葉)からなる。花は長さ3~4mmほどの小さな淡紅色の花を細長い総状花序につける。早いものであると7月に花を咲かせるようであるが、8月から9月にかけてが見ごろである。
e0145782_20262251.jpg

ミズヒキ。タデ科。
多年草。半日陰の林下や路傍などに生育する。茎の断面は白色の髄が詰まっている。葉は幅広い楕円形でやわらかく、黒い斑紋があることが多い。両面に毛があり、茎や花茎にも毛がある。茎の先端から数本の長い花茎を出し、まばらに花をつける。花弁に見えるものは萼であり、長い期間、花が咲いているように見える。花期は8月から11月。和名の由来は細くて長い花穂を祝儀封筒や進物にかける水引にたとえたものと言われる。
ミズヒキの花は8月から11月にかけて咲く。花は托葉鞘の中から出る。花弁に見えるものは萼片であり、4つに分かれ、紅色と白色に染め分けられており、水引の名にふさわしい。開いた萼片はやがて閉じて果実を守る。
e0145782_2027870.jpg

上から見ると赤い。
e0145782_202896.jpg

下からみると白い。
e0145782_20292944.jpg

キツリフネ。ツリフネソウ科。
1年生草本。低地から山地の谷あいの林内や林縁など、湿った半日陰地に生育する。高さは50センチほどで、茎は直立して枝を分け、全体に軟弱なイメージがある。葉は互生し、葉身は楕円形で、質はやわらかい。夏の終わりから秋にかけて、葉腋から細い花茎を出し、黄色の花を数個咲かせる。花は、つぼみの時期は葉の上にあるが、膨らんで大きくなるにつれて下垂れ、開花するころには葉の下(裏)にある。花が大きく、観察しやすいので、ツリフネソウ科植物の代表として、花の構造に着目してみました。この詳細は、「その2」に掲載します。
e0145782_20195254.jpg

ヤブラン。ユリ科。
温暖な地に生育する常緑の多年草。シュンランと葉が似ているので、ランという和名が付いた。開花期は夏から秋。花は紫色の小さいもので、穂状に咲く。葉は細長く、先は垂れる。秋には黒紫色の果実が稔る。
e0145782_20344944.jpg

小花をアップ。
e0145782_2038233.jpg

タマスダレ。ユリ科。
南米原産。日本には明治初期の1870年頃渡来し、日本の風土にも良く適応し、人里周辺に半野生化した群落が見られることがある。日当たりさえよければ、乾燥地〜湿地まで生息できる。
和名の由来は、白い小さな花を「玉」に、葉が集まっている様子を「簾」に例えたことによる。葉は細長く棒状で濃緑色、土から直接出ている。
夏〜初秋に白い花を咲かせる。1本の花茎に対して、花は1つだけである。
e0145782_20394028.jpg

トネアザミ。キク科。
秋、関東、中部などの山野で普通に見られる赤紫色をしたキク科アザミ属の多年草。特に、利根川流域に多く見られるので、その名が付けられた。葉は細長い楕円状で披針形をしており、葉縁は深裂するものや、浅裂するものなど多様ですが、棘が長く出ており触ると痛い。頭花は総状に付き濃紅色の蕾を付け、開花後は淡紅紫色となり、盛りを過ぎると脱色し白くなります。アザミの花の構造に着目してみました。この詳細は、「その2」に掲載します。
e0145782_20472656.jpg

コスモス。キク科。
原産地はメキシコの高原地帯。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。
e0145782_20214470.jpg

生殖機能があるのは中心の筒状花。コスモスの花の構造に着目してみました。この詳細は、「その2」に掲載します。
e0145782_20221510.jpg

ワルナスビ。ナス科。
原産地は米国。日本も含め世界的に帰化している外来種である。
花は白または淡青色でナスやジャガイモに似ており春から秋まで咲き続ける。
果実は球形で黄色く熟しトマトに似ている。しかし、全草がソラニンを含み有毒である。茎や葉に鋭いとげが多いうえ、垂直および水平に広がる地下茎でよく繁殖し、除草剤も効きにくく、一度生えると駆除しにくい。耕耘機などですきこむと、地下茎の切れ端一つ一つから芽が出て独立した個体に再生し、以前より増えてしまう始末の悪さである。
e0145782_20224388.jpg

実。
サンゴジュ。スイカズラ科ガマズミ属の常緑樹。
初夏に円錐花序を出して小型の花を多数開花し、果実が秋に赤く熟して美しい。それをサンゴに例えて名付けられた。
e0145782_2023650.jpg

ゴンズイ。ミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉小高木。
5月~6月に長さ15~20cm花序をつける花は黄白色で直径3~4mm。果実は秋に赤く熟し、割れて中から光沢のある黒色の種子が覗いて、結構美しい。
e0145782_20234561.jpg

葉。
クスノキ葉裏のダニ部屋。
場所は葉の「三行脈」(真ん中の主脈と下部の左右の大きな側脈)の側脈の基部で、ここに1対見られ、葉の裏側から見ると小さな褐色の点(小孔?)として見える。 このダニ部屋にはごく小さな孔があり中には多数のフシダニの仲間が生息している。このフシダニはクスノキの葉にとっては、無害だそうだ。有害のフシダニもいる。その有害のフシダニの天敵のカブリダニに来てもらうために、カブリダニの食用の無害のフシダニをダニ部屋を作ることにより育て、天敵のカブリダニを呼び寄せる手の込んだ共生戦略とのことである。
e0145782_2041146.jpg

アカメガシワ葉表の蜜腺。
葉の基部には、一対の明瞭な蜜腺があり、よくアリが吸蜜に来訪している。アリが来訪してパトロールすることによって、ガの幼虫などから食害されることを防いでいると考えられている。植物の昆虫との共生関係はいろいろあって、興味深い。
e0145782_2042871.jpg

鳥。
貯水池のヨシ原に来ていたアオサギ。
e0145782_20244036.jpg

引地川に来ていたカワセミ。
e0145782_2043192.jpg

明日以降に、シソ科のサルビア、マメ科のクズ、ツリフネソウ科にキツリフネ、キク科のコスモス、アザミについて、オシベやメシベに注目しながら花の構造などについて、詳細に調べたうえで、ブログに掲載させていただくつもりです。
以上
by midori7614 | 2014-09-10 20:48 | 身近なみどり

9月6日 日光白根山散策コースの観察

前日までの6日の天気予報は、くもり時々雨でしたので、どうなるかと朝目覚めると、予想外に良いお天気でした。7時からの朝食を早めに済ませ、大きな荷物をシャレー丸沼のロッカーに預け、軽装で出発しました。すぐ近くのゴンドラ乗り場から、往復ゴンドラ利用の楽々登山です。
山頂駅近くの展望台からの景色は次のとおり。
日光白根山。
e0145782_15315282.jpg

武尊山、苗場山方面の山なみ。
e0145782_15322830.jpg

散策コースは次の看板で、想像して下さい。自然豊かな良いコースです。
e0145782_15331378.jpg

まず、人工の植栽ですが、ロックガーデンは次の花が見られました。
ヤマトリカブト.
e0145782_15334959.jpg

e0145782_15341925.jpg

ハクサンフウロ。
e0145782_15345585.jpg

ヤマハハコ。
e0145782_15361140.jpg

花をアップ。
e0145782_1537641.jpg

エゾノツガザクラ。
e0145782_1537438.jpg

コマクサ。
e0145782_15381535.jpg

キレンゲショウマ。
e0145782_15385323.jpg

散策路で見られた植物。
キオン。
e0145782_15392748.jpg

ヨツバヒヨドリ。
e0145782_1540443.jpg

小花をアップ。小花は1個でなく、数個の花が集まった小さな花序でした。
e0145782_15404026.jpg

アサギマダラが蜜を吸いにくる花です。
e0145782_15411022.jpg

アサギマダラは、ヨツバヒヨドリだけでなく、アザミの蜜も吸っています。いろいろの花の蜜を吸うから、いろいろな場所で生きていかれるのでしょう。
e0145782_15414684.jpg

カニコウモリ。9月の時期は、花はカニコウモリだけの感じでした。
e0145782_15422071.jpg

e0145782_15425244.jpg

亜高山帯の針葉樹4種(シラビソ、オオシラビソ=アオモリトドマツ、トウヒ、コメツガ)の見分け方(幹肌、葉のつき方など)の説明が、何度も繰り返しありましたので、その時は判ったつもりになりました。
シラビソ(左)とオオシラビソ(右)
e0145782_15432842.jpg

熊が樹皮を剥がした痕跡。シカは樹皮を食べるが、クマは樹液を舐めるだけなので、樹皮は残されるとのこと。
e0145782_1544769.jpg

ダケカンバとシラビソの混生林。ダケカンバの林の中に、シラビソが後から侵入する。
e0145782_15452286.jpg

倒木更新。コケが倒木更新を助けている。
e0145782_15462881.jpg

シラネワラビ。シラネアオイほかシラネという名前が付く植物があるが、このシダもその一つ。
e0145782_1547369.jpg

ネコシデ(ウラジロカンバ)の葉。樹液がサロメチールのような香りがする。短枝から2枚の葉が出ているのも特徴。
葉表。
e0145782_15474467.jpg

葉裏。
e0145782_15481721.jpg

スノキ赤い実。
e0145782_1549220.jpg

ゴゼンタチバナ赤い実。
e0145782_15494259.jpg

ゴンドラで下山した丸沼高原での観察。
ウド。
e0145782_15501553.jpg

花序に沢山の虫が蜜を舐めになってきていました。
e0145782_15504354.jpg

ゲンノショウコ。
e0145782_15511768.jpg

温泉入浴の誘惑の方が強く、観察はここまでとして、入浴してしまいました。さっぱりして、17時20分頃に新宿西口へ戻ってきました。今回は、お天気に恵まれ、楽しい2日間の観察会となりました。
以上
by midori7614 | 2014-09-08 15:58 | 関東のみどり

9月5日 戦場ケ原の植物観察

吹割の滝から丸沼高原へ入る頃から、天気予報通りに、雨降りとなり、ガスが立ち込めてきました。雨の中を、歩くつもりになっていたところ、金精峠から日光方面の景色が現れたら、薄日が差し込む曇り空に変わりました。赤沼で下車し、戦場ケ原の自然研究路(赤沼~青木橋~泉門池~小田代橋~光徳入口)を歩き、植物観察しました。

くもり空でしたが、男体山などの日光の山なみがはっきり見えました。
e0145782_1449086.jpg

男体山を背景に、ホザキシモツケ。
e0145782_14502530.jpg

花盛りのホザキシモツケ。
e0145782_14511896.jpg

花序をアップしました。アリが蜜を求めて登っていました。
e0145782_1452446.jpg

マユミの実。
e0145782_14524894.jpg

このマユミは、葉裏に毛が見られるので、ユモトマユミとの説明がありました。短い毛なので、写真では少し判りにくいですね。
e0145782_14533281.jpg

トネアザミの頭花。メシベが突き出ています。
e0145782_14541642.jpg

シロヨメナ。
e0145782_14545365.jpg

アキノキリンソウ。
e0145782_14553082.jpg

花をアップ。
e0145782_1456544.jpg

カンボクの赤い実。
e0145782_1456485.jpg

リンドウ。
e0145782_14572882.jpg

トモエシオガマ。
e0145782_14581230.jpg

e0145782_14584443.jpg

アブラガヤ。
e0145782_1511358.jpg

ウメバチソウ。
e0145782_151501.jpg

花をアップ。
e0145782_1523163.jpg

アケボノソウ。
e0145782_154735.jpg

花をアップ。花弁にある黄色い二つの斑点は蜜腺で、ここから蜜を分泌する。アリが蜜を吸いに上っていますね。
e0145782_1544937.jpg

サラシナショウマ。
e0145782_1552429.jpg

葉は2~3回3出複葉で、不揃いの鋸歯がある。
e0145782_1555890.jpg

花柄が5~10mmと長いのも特徴の一つ。
e0145782_1564359.jpg

ミヤコザサ(葉裏が有毛)とスズタケ(葉裏無毛)の区別と植生環境の違いの説明がありましたが、写真をうまく撮影できませんでした。
以上
by midori7614 | 2014-09-08 15:09 | 関東のみどり

9月5日 吹割の滝付近の植物観察

牧野植物同好会主催の1泊2日の野外観察会に参加してきました。この1泊2日の野外観察会には、会員以外の参加で、昨年6月の駒止湿原、今年6月の尾瀬沼に参加させていただき、その後で、牧野植物同好会に入会させていただきました。今回は、会員として初めての参加となりました。

行程は、次のとおりで、観察場所は3か所でした。
5日:新宿西口7:45→高坂SA→吹割の滝(観察と昼食)→日光戦場ケ原(赤沼~光徳入口の観察)→丸沼高原(シャレー丸沼:温泉入浴、夕食、谷本会長のお話し)。
6日:シャレー丸沼朝食7:00→8:00出発→(ゴンドラ)→ロックガーデン→観察路→山頂駅付近東屋(昼食)→(ゴンドラ)→シャレー丸沼(温泉入浴)13:40→道の駅白沢(野菜など買い物)→三芳SA→17:20新宿西口(解散)

3か所の観察中に、撮影できた花や実などを、3回に分けて、ご参考に掲載します。

鱒飛の滝から吹割の滝、浮島へと、上流に向けて、渓流沿いの斜面の植物を観察しました。
鱒飛の滝。
e0145782_1261446.jpg

吹割の滝。
e0145782_127967.jpg

浮島のつり橋から眺めた上流の流れ。
e0145782_12745100.jpg

キツリフネ。
e0145782_1282376.jpg

花アップ。
e0145782_1285864.jpg

ツリフネソウ。
e0145782_1293946.jpg

花アップ。
e0145782_12101251.jpg

ヨメナ。
e0145782_121050100.jpg

ホツツジ。
e0145782_12112195.jpg

ノリウツギ。
e0145782_12114723.jpg

リョウブ。
e0145782_12122770.jpg

チョウジギク。
e0145782_121357.jpg

頭花をアップ。
e0145782_12133818.jpg

ミゾソバ。
e0145782_1214915.jpg

小花をアップ。
e0145782_12143955.jpg

ダンコウバイの葉と実。
e0145782_12151850.jpg

ミゾホウズキ。
e0145782_12154974.jpg

ミツバベンケイソウ。
e0145782_12162034.jpg

キハギ。
e0145782_12165791.jpg

花をアップ。
e0145782_12173083.jpg

ツリバナの実。
e0145782_1218420.jpg

タマジサイ。
e0145782_12184546.jpg

つぼみの花序。
e0145782_12192376.jpg

ミヤマママコナ。
e0145782_1220056.jpg

以上
by midori7614 | 2014-09-08 12:21 | 関東のみどり