のん木草・みどり見て歩き

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

8月6日 カラスウリの花ナイトツアー

かわさき市民アカデミーみどり学受講生のサークル「みどり葉っぱ会」の初めての試みで、8月6日 カラスウリの花ナイトツアーを実施しました。宿河原駅前に、18時30分集合で、長尾山妙楽寺を目指して見て歩きをしました。途中で見られたワルナスビから、ナス科(ナス、トマト、ジャガイモなど)の話をしました。サツマイモを見て、アサガオの開花、ゴーヤを見てウリ科の花が雌雄同株であったり、雌雄異株であったりの話をしながら、あじさい寺入口のバス停を過ぎ、カラスウリの花が沢山見られる崖斜面に着きました。そこからは、初めてカラスウリの花をご覧になった参加者は興奮気味に、写真撮影に夢中になってしまいました。当日撮影した写真と以前に撮影済みの写真をまじえて、カラスウリについて、説明をまじえながら、花の写真を掲載してみます。

結構、沢山の花が見られました。カラスウリ(烏瓜)はウリ科の植物で、つる性の多年草。林や藪の草木にからみついて成長し、夜間だけ開く花です。
e0145782_1018165.jpg

e0145782_10184619.jpg

花期は夏で、7月~9月にかけての日没後から開花する。
フラッシュを使用せずに撮影した花。実際には、このようにぼんやりと白く見えるだけですので、注意してみないと見えません。5070
e0145782_10201062.jpg

つぼみが開いたばかりの花は、レース状の花弁の先端は内側に丸まっている。5139
e0145782_10434285.jpg

一つの花のレース状の花弁の先端が展開する様子を追いかけてみました。5弁の花弁のうち、右下の花弁から時計回りに、拡がっていきました。
e0145782_10272220.jpg

e0145782_10283773.jpg

e0145782_10292368.jpg

e0145782_10295953.jpg

e0145782_10305075.jpg

レース状の花弁の先端が全開しました。最初の花からでは、約16分かかりました。この花は、長い花筒の基部がメシベの子房で膨らんでいるので、雌花と判ります。また、雌花はおおむね単独でつきます。
e0145782_10314128.jpg

花は翌朝、日の出前には萎みます。
e0145782_10322213.jpg

更に、短い日数で、メシベの子房は大きくなり、若い実の状態へと変わっていく。
e0145782_10325661.jpg

雌花の中心にあるメシベの先端は三つの柱頭(一つの柱頭が更に分裂しているので6つに見える)に分かれているのですが、フラッシュで撮影した花では判りにくいですね。長い花筒の基部が膨らんでいる点で見分けるのが簡単です。
e0145782_10333897.jpg

一方、雄花の見分けは、花の中心が棒状のオシベ1個で区別できますが、やはりフラッシュで撮影した花では判りにくいですね。長い花筒の基部が膨らんでいなくて、花序に複数の花の残滓やつぼみが見える点で見分けるのがやはり簡単です。
e0145782_10341554.jpg

開花する前の雄花のつぼみ。一ヶ所から複数つき、数日間連続して開花する。
e0145782_10345744.jpg

開花した雄花の花筒の基部に注目して下さい。一ヶ所の花序から複数のつぼみが付いています。
e0145782_10353760.jpg

二つの花が一緒に咲いているのは、雄花です。
e0145782_10363116.jpg

さて、花が全開した後は、やや後部に反り返り、縁部が無数の白く細いひも状になって伸び、直径7~10cm程度の網あるいはレース状に広がります。花は翌朝、日の出前には萎む。
e0145782_10371424.jpg

カラスウリが夜にこのような目立つ花になった理由は、受粉のため夜行性のガを引き寄せるためであると考えられており、ポリネーターは大型のスズメガです。(確かに、スズメガが花から花へ飛び回っている事実は確認できましたが、その証拠写真はまだ上手に撮影できていません。)カラスウリの花筒は非常に長く、スズメガ級の長い口吻を持ったガでなければ花の奥の蜜には到達することはできず、結果として送粉できないためであると言われています。花筒の付け根(=基部)が、色や膨らみの違いから判りますね。花筒はこんなに長く、その奥に蜜があるのですね。

カラスウりの花を観察するだけでも、植物の生態の不思議さ、花と昆虫の巧妙な不思議な関係が判り、興味が尽きないですね。

なお、ウリ科の栽培作物であるキュウリ、ゴーヤ、カボチャ、スイカは雌花と雄花は同じ株につき、雌雄同株と言われます。自然に育っているカラスウりは雌花と雄花は別の株につき、雌雄別株と言われます。ところが、いろいろ調べてみましたら、近年ではインテリアなどの用途としてカラスウリも栽培されており、一部では、カラスウリの雌雄両株を出荷する農園も存在するとのことです。人間に栽培されるようになると、人間の都合の良いように改良されてしまうことが判りました。
以上
by midori7614 | 2014-08-12 10:45 | 身近なみどり

8月4日 志賀・横手山 その2

前回に引き続き、横手山と渋峠で見られた植物を掲載させていただきます。

ネバリノギラン。
e0145782_612189.jpg

e0145782_612499.jpg

ゴゼンタチバナ。
e0145782_6133966.jpg

カワラナデシコ。
e0145782_6142381.jpg

アキノキリンソウ。
e0145782_615947.jpg

シラタマノキ。
e0145782_6155240.jpg

e0145782_6162763.jpg

下向きの花の中を覗く。オシベ、メシベの形状はドウダンツツジと同じでした。
e0145782_617333.jpg

ガンコウランの花後の若い実。
e0145782_6174049.jpg

熟して黒くなった実。
e0145782_6183883.jpg

イワカガミの実。
e0145782_6191799.jpg

e0145782_6205616.jpg

オニアザミ。5016
e0145782_6195668.jpg

ノハラショウブ。ハナショウブの原種と言われる。
e0145782_6224032.jpg

ヤマブキショウマ。
e0145782_6231884.jpg

クルマユリ。
e0145782_6235995.jpg

マイヅルソウの実。
e0145782_6244173.jpg

シシウド。
e0145782_6252476.jpg

e0145782_625533.jpg

シシウドとアゲハチョウ。
e0145782_626299.jpg

シシウドとハチ。
e0145782_627592.jpg

これで、4日間の山の自然学指導員としてのボランテイア活動は、4日間の日中ガイドと2日間の夜のミニトークを無事終了しました。また、来年もこの活動にも参加できるように、健康管理に留意していくつもりです。
同じような花、重複して登場した花を沢山ご覧いただき、ありがとうございました。
以上
by midori7614 | 2014-08-11 06:31 | 上信越のみどり

8月4日 志賀・横手山 その1

奥志賀高原を8時50分発バスで、蓮池乗り換えで、「のぞき」に10時05分に着きました。スカイレーダーとリフトを乗り継ぎ、横手山山頂には、10時40分に着き、標高2301m気温19度の山頂付近を散策しました。12時前に、日本で一番高いところで焼いているパン屋の食堂で、昼食を食べました。下山は、渋峠へリフトで下り、バスで蓮池へ戻りました。4日間のボランテイアガイドを無事終了し、高速バスで長野駅へ、新幹線利用で、20時過ぎに帰宅しました。

コオニユリ。オニユリ、クルマユリと間違えやすいユリです。オニユリには葉液にムカゴが付きます。クルマユリは葉が車状に輪生します。両方が見られないのが、コオニユリと覚えた方が良いでしょう。
e0145782_5505113.jpg

花だけアップ。
e0145782_5512743.jpg

ニッコウキスゲ。群生。
e0145782_5521663.jpg

花の先端は、一定方向に向くことはないですね。
e0145782_5525190.jpg

4姉妹のニッコウキスゲ。
e0145782_5532977.jpg

ニッコウキスゲ。4851、4969
e0145782_554216.jpg
e0145782_5551046.jpg

強風に耐えて生き残っているシラビソ。
e0145782_5561472.jpg

シラビソの枝先。
e0145782_5583548.jpg

参考:オオシラビソの枝先。
e0145782_5592794.jpg

ハイマツの実。
e0145782_603972.jpg

ハイマツの雌花。
e0145782_611553.jpg

ハイマツの雄花。
e0145782_615621.jpg

テガタチドリ。
e0145782_623659.jpg

花をアップし、唇弁の先端の形状で、テガタチドリと確認。
e0145782_631175.jpg

シナノキンバイ。左は花後の果実、右は花。
e0145782_64245.jpg

花と葉。
e0145782_64351.jpg

トンボソウ。
e0145782_65662.jpg

モミジカラマツ。
e0145782_654476.jpg

e0145782_66156.jpg

アブが蜜を吸いに来ていました。
e0145782_665577.jpg

このブログは、1回の掲載量に限度がありますので、残りは次回にその2として掲載させていただきます。
以上
by midori7614 | 2014-08-11 06:08 | 上信越のみどり

8月3日 雑魚川せせらぎコース

焼額山からプリンスホテル西館へ下山した後、雑魚川沿いの木道を湿原の花々を愛でながら、一の瀬へ1時間弱の散策をしました。

開花していたヨツバヒヨドリ。
e0145782_5141694.jpg

小花をアップ。キク科の筒状花です。
e0145782_5162667.jpg

ヨツバヒヨドリには、アサギマダラがよく来ます。
e0145782_5165387.jpg

クサフジ。
e0145782_5174215.jpg

e0145782_5181598.jpg

クガイソウ。
e0145782_519167.jpg

e0145782_5195381.jpg

エゾクガイソウ。
e0145782_5204192.jpg

バイケイソウ。
e0145782_5211496.jpg

花をアップ。
e0145782_522458.jpg

オニシモツケと白樺林。
e0145782_5224625.jpg

アカツメクサ。
e0145782_523253.jpg

ミズギク。
e0145782_524348.jpg

e0145782_5243643.jpg

クルマユリとコバギボウシ。
e0145782_5252185.jpg


シャーレークリスチャニアへ戻って、付近の植物を観察しました。
ニガナ。
e0145782_52772.jpg

フランスギク。
e0145782_527505.jpg

オオバコの花穂。右が雌性先熟のメシベの白い柱頭。中が雄性期に変化したオシベの花粉と花糸。左の茶色い部分は、オシベが萎れて若い果実となっている時期。
e0145782_5314567.jpg

右ガメシベ、左がオシベ。
e0145782_5324352.jpg

オシベだけをアップ、
e0145782_5351876.jpg

ミヤママタタビの葉と実。
e0145782_536863.jpg

シナノキ。花と実。
e0145782_5401624.jpg

以上
by midori7614 | 2014-08-11 05:46 | 上信越のみどり

8月3日 焼額山-お花畑コース

このコースは、全部歩けば、9㎞ 3時間30分 標高差400mの登山ですが、登り片道をゴンドラリフトを利用し、プリンスホテル西館へ下る楽々登山でした。ゲレンデ草原のお花畑ではヤナギラン、ヨツバヒヨドリ、クガイソウ の群落と、それに群がるアサギマダラを始め様々な山のチョウに出会えました。

山上の別天地 高層湿原の池塘。
e0145782_21385049.jpg

涼しげなワタスゲが群生していました。
e0145782_21401139.jpg

e0145782_21404526.jpg

風に飛ばされる寸前のワタスゲ果実。
e0145782_2141278.jpg

e0145782_21415277.jpg

e0145782_21422383.jpg

e0145782_21424882.jpg

ネバリノギランの茎にワタスゲ果実が吹き付けられていました。
e0145782_21432668.jpg

モウセンゴケ。
e0145782_21435627.jpg
e0145782_21444987.jpg

モウセンゴケの白い、小さな花。
e0145782_2145412.jpg

e0145782_214696.jpg

アカミノイヌツゲの白い花。
e0145782_21464434.jpg

アカミノイヌツゲの赤い実。
e0145782_21472357.jpg

アカミノイヌツゲの白い花と赤い実を一緒に付けている枝。
e0145782_2148277.jpg

早くも紅葉していたナナカマド。
e0145782_21483522.jpg

e0145782_214969.jpg

オトギリソウ。
e0145782_214937100.jpg

ヒメシャクナゲ。
e0145782_21501776.jpg

ショウジョウバカマの若い果実。
e0145782_2150529.jpg

シダ植物のヒカゲノカズラ。
e0145782_2151354.jpg

e0145782_2152131.jpg

ヤマハハコ。つぼみばかりのヤマハハコでしたが、一つだけ開花しているものを発見。
e0145782_21534980.jpg

e0145782_21542991.jpg

以上
by midori7614 | 2014-08-10 21:57 | 上信越のみどり

8月2日 志賀探勝コース その2

前回に引き続き、残りをその2として、掲載させていただきます。たまたま、本日8月10日読売新聞の「夏・行ってみよう」に、この志賀探勝コースが紹介されていました。併せて、ご覧いただけると幸いです。

スイレン。オシベが直立しているので、開花直後の雌性期の花だと思います。
e0145782_17444072.jpg

アブラガヤ。
e0145782_17452812.jpg

ベンケイソウ科のキリンソウ。
e0145782_17461414.jpg

小花をアップ。
e0145782_174787.jpg

オカトラノオ。
e0145782_17491362.jpg

コバノトンボソウ。
e0145782_17484754.jpg

e0145782_17492487.jpg

ヨツバヒヨドリとアサギマダラ。
e0145782_175063.jpg

クサボタン。
e0145782_17505297.jpg

シラタマノキ。
e0145782_17512918.jpg

ウメバチソウ。
e0145782_1752724.jpg

カライトソウ。
e0145782_17524850.jpg

アオヤギソウ。
e0145782_17533794.jpg

イワショウブ。
e0145782_17541722.jpg

シダ植物のシシガシラ。
e0145782_17545395.jpg

クロベ(別名:ネズコ)の大木。
e0145782_17553436.jpg

e0145782_1756391.jpg

e0145782_17565769.jpg

志賀山の溶岩流の上に育った樹林。このあたりの自然が大好きです。
e0145782_17574211.jpg

e0145782_17581069.jpg

e0145782_17584368.jpg

コバノイチヤクソウ。
e0145782_17592477.jpg

ゴゼンタチバナ。
e0145782_180798.jpg

ヒカリゴケ。
e0145782_1803536.jpg

ハクサンシャクナゲの若い果実。
e0145782_181111.jpg

オニアザミ。
e0145782_1815358.jpg

クルマユリ。
e0145782_1823559.jpg

花をアップ。
e0145782_1831055.jpg

この日の夜に、ヤナギラン、ホタルブクロなどを例示して、植物の性について、私がミニトークを行いました。
以上
by midori7614 | 2014-08-10 18:05 | 上信越のみどり

8月2日 志賀探勝コース その1

このコースは、5.5㎞ 2時間30分 標高差160mです。 出発地「蓮池」までバスで20分
行きます。蓮池一周し、信州大学自然教育園へ目指して、スキー場など花の沢山見られるところを歩きます。信州大学自然教育園では、高山植物のロックガーデンもみどころです。ツガ・クロベの原生林、ヒカリゴケなど沢山の特別保護地区を巡るのも魅力です。最後に、湿原植物の多い田ノ原湿原を見て、バスで蓮池へ戻ります。

この日は、ゲスト6名を、山の自然学クラブ指導員2名が、インタープリターとして、案内しました。見られた植物を、2回に分けて掲載します。

キツリフネ。
e0145782_6154820.jpg

朝露を付けた花。
e0145782_6164156.jpg

蜜は後ろに突き出た距にあり、マルハナバチにしか与えないように、キツリフネは考えたようですが、時々、クマンバチなどが外側から距を噛みきり、蜜を盗むとのことです。
e0145782_6171350.jpg

葉縁の鋸歯から、夜のうちに吸い上げた余剰の水分を溢れ出しています。鋸歯にはこのような役割があります。
e0145782_6174766.jpg

花の内側を覗き見しました。内側の上方にぶら下がっているのがメシベとオシベです。
e0145782_6182778.jpg

ヤナギラン。攪乱された草地、道路沿いなどにパイオニア植物として群生します。
e0145782_6185914.jpg

花は下から上へ、咲き上がります。
e0145782_6192948.jpg

下の花と上の花では、オシベとメシベの状態は違います。
e0145782_620148.jpg

開花したばかりは雄性期。オシベだけが活躍。
e0145782_6204877.jpg

2~3日後に雌性期へ変わります。オシベは萎れ、メシベの先端が伸びて、柱頭が開きます。
e0145782_6212182.jpg

ホタルブクロ。
e0145782_6225197.jpg

並んでぶら下がっている花のメシベを見てみました。左はオシベが萎れましたが、メシベの先端の柱頭は開いていません。無性期と言うのでしょうか?右は、メシベの先端が三つに分かれて、受粉態勢の雌性期です。
e0145782_625331.jpg

雄性期の花。
e0145782_6243937.jpg

雌性期の花。
e0145782_6251816.jpg

ノアザミ。花序には、筒状の小花が多数付いています。
e0145782_627074.jpg

花序の下の濃い紫色の部分は総苞片で、反り返らずに付いていて、触ると粘ります。
e0145782_6275162.jpg

筒状のオシベの中から白いメシベの花柱が突きあがっています。
e0145782_6283065.jpg

ミツバチが蜜を吸いに来ています。右下に、小花が2個見えます。
e0145782_629047.jpg

チダケサシ。
e0145782_6294170.jpg

ブタナ。1本の花茎から多数の花を付けるのがタンポポとの相違点。
e0145782_6302089.jpg

小花は全部舌状花。ミツバチが蜜を吸いに来ています。
e0145782_631533.jpg

ノコギリソウ。
e0145782_6314078.jpg

小花をアップ。
e0145782_6322035.jpg

このブログの1回の掲載量に限度がありますので、残りは次回その2に掲載させていただきます。
以上
by midori7614 | 2014-08-10 06:34 | 上信越のみどり

8月1日 奥志賀高原・白樺苑コース散策 その2

前回に引き続き、白樺苑コース散策の途中で見られた花などを掲載します。
このコースは、ファミリー向けの散策道で、3.5㎞ 所要1時間30分 標高差50m です。
ペンションより白樺やブナ林をぬけて森林浴をしながら気軽に奥志賀の自然に触れられる。折り返しの白樺池周辺では様々な湿原植物やトンボ、 チョウがみられる良いコースです。

ウツボクサ。あちこちで花盛りでした。
e0145782_829308.jpg

花序をアップ。
e0145782_830978.jpg

花序の真上から見ると、花序の先端は四角いですね。シソ科の仲間ですので、茎は四角形で、花序の中心は葉の変態ではなく、茎の変態であることが判ります。萼片、花弁、オシベ、メシベは葉の変態ですが、それらが付くところの花托(=花床)は、茎の変態で、花は葉と茎が変化して作られていることが判ります。
e0145782_8305228.jpg

コバノイチヤクソウ。
e0145782_8312677.jpg

つぼみと花をアップ。メシベ1本は写りましたが、黄色い花粉を付けたオシベ10本はうまく撮影できませんでした。下向きの花の撮影は時間をかけねば、うまく写せません。ガイドしながらの撮影には限界がありますね。
e0145782_8583460.jpg

ノアザミ。総苞が粘るので、すぐに判るアザミです。
e0145782_833127.jpg

バイケイソウ。
e0145782_8334427.jpg

バイケイソウの小花をアップ.
e0145782_8363837.jpg

ヒルムシロ。白樺苑の中にある池に咲いていた地味な花です。
e0145782_8381877.jpg

ノリウツギ。あちこちで花盛りでした。
e0145782_8374784.jpg

エゾクガイソウ。花序の下に、放射状に花序が出ます。
e0145782_839478.jpg

クガイソウとミツバチ。花序の下には輪生する葉が階を重ねて付きます。
e0145782_8402795.jpg

キバナノヤマオダマキ。あちこちで花盛りでした。
e0145782_8411180.jpg

下向きの花の内側を上に向けて、無理やり撮影してみました。萼片5枚、花弁5枚、オシべ多数、メシベ柱頭多数の花の構造ですね。
e0145782_8425170.jpg

ハクサンフウロ。
e0145782_8442621.jpg

花の中心部分をアップ。咲き始めは雄性期で、メシベの柱頭は開かずに、オシベの花粉が目立ちます。はー
e0145782_846947.jpg

開花してから時間が経過すると、オシベの花粉はなくなり、メシベの先端から柱頭が伸びて、ピンク色の先端が5つに分かれます。雌性期へ変化しています。
e0145782_8464790.jpg

宿舎シャレークリスチャニアへ戻り、庭に栽培されている花を観察。
コバノギボウシ。
e0145782_8484881.jpg

花のアップ。オシベ、メシベの先端がツツジのように上に曲がっている。花粉媒介を蝶に依頼している花のようです。
e0145782_8485646.jpg

コマクサ。
e0145782_8493861.jpg

名前の由来となった馬の顔に似ている花の形。
e0145782_850182.jpg

園芸品種のエーデルワイス。多分、ミネウスユキソウの栽培品種と思われる。
e0145782_8505795.jpg

花序をアップ。毛深い花です。
e0145782_8515418.jpg

以上
by midori7614 | 2014-08-09 08:59 | 上信越のみどり

8月1日 奥志賀高原・白樺苑コース散策 その1

毎年8月1日から8月15日まで、奥志賀高原のシャレークリスチャニアと山の自然学クラブの共催で、シャレークリスチャニア宿泊者を対象に、日中はガイド(=インタープリター)、夜はミニトークをしています。私は、数年前に山の自然学指導員になり、昨年から4日間だけ、この活動に参加しています。
今回、日中にインタープリターをしながら撮影した写真を、この時期に見られる植物として、ブログに掲載させていただきます。

8月1日に、ゲスト4名をシャレークリスチャニア近くの白樺苑コース散策の案内をいたしました。
白樺苑コースの名前の由来となっている白樺林の景色。シラカンバは攪乱された土地にいち早くあらわれるパイオニナ植物で、白樺林の群落を作るが、次第にミズナラ、ブナが大きく成長すると、場所を次第にミズナラ、ブナに譲り、再び他の攪乱された場所に飛んで行ったシラカンバの種子が新たな白樺林を形成する生き残り戦略を取っているそうです。
e0145782_18125498.jpg

e0145782_181397.jpg

e0145782_18133567.jpg

シラカンバの大木。
e0145782_18141434.jpg

ダケカンバの大木。
e0145782_18144745.jpg

ミズナラの大木。
e0145782_18152699.jpg

ブナの大木と案内した宿泊者。このような切り株更新されたブナの大木をアガリコブナと呼ばれる。
e0145782_1816388.jpg

このコースを案内していた時に見られた花と実を2回に分けて、掲載します。
クロヅルの花。小さくて地味な花。
e0145782_18162355.jpg

クロヅルの若い実。実の形はヤマノイモ、トコロとそっくりです。
e0145782_18164994.jpg

花と実が同じ花序(=果序)に、同時に見られる時期でした。
e0145782_18171090.jpg

ウバユリ。
e0145782_18172813.jpg

開花し始めは、中央のメシベの下に黄色い花粉のオシベが見えます。
e0145782_18175919.jpg

開花して、時間が経つと、中央にはメシベ1本が見えますが、オシベの元気な花粉ははっきりとは見えないですね。オシベの役割が終わったようです。6枚の花びらに見えるのは、外側の3枚が萼片(=外花被片)、内側の3枚が花弁(=内花被片)で、ユリ科の花の特徴です。
e0145782_18183056.jpg

ヨツバヒヨドリ。
e0145782_1819819.jpg

キク科の筒状花である小花をアップ。
e0145782_18194540.jpg

ツクバネソウ。花の時期は終わり、メシベの子房が若い実になりつつありました。
e0145782_18201410.jpg

タケシマランの赤い実。ぶら下がり方が面白いですね。
e0145782_18204419.jpg

エゾアジサイ。
e0145782_18211618.jpg

サンカヨウの実。3~4個あったと思われる内の1個。
e0145782_18214841.jpg

ウワバミソウ。地味な、小さな花です。
e0145782_1822178.jpg

ヤマブキショウマ。
e0145782_18224926.jpg

エンレイソウの若い実。
e0145782_18232333.jpg

その実をアップしてみました。
e0145782_18235492.jpg

このブログは、1回の掲載量に限りがありますので、残りの花などは次回ブログの「8月1日 奥志賀高原・白樺苑コース散策 その2」に掲載します。
以上
by midori7614 | 2014-08-08 18:28 | 上信越のみどり