のん木草・みどり見て歩き

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7月24日 八千穂高原自然園と南清里道の駅

八千穂高原自然園で花以外に見られた果実や葉などと途中で立ち寄った南清里道の駅で見られた花や実を、ご参考に掲載します。

八千穂高原自然園。
シラカバ林。
e0145782_1602781.jpg

シラカバの樹肌。黒い皮目があってこそ、白さが目立ちます。
e0145782_161432.jpg

ウリハダカエデの葉。他にも、ハウチワカエデ、コハウチワカエデなどもありましたが、省略します。
e0145782_161568.jpg

サラサドウダンの若い実。花は下向きでも、実は上向き。
e0145782_1623439.jpg

クマイザサの葉。幼芽が虫にかじられた跡が付いている。
e0145782_163169.jpg

ミヤママタタビの葉。
e0145782_1634759.jpg

ヤハズハンノキの若い実。
e0145782_16141211.jpg

ヤハズハンノキの葉。
e0145782_16546.jpg

ヤマシャクヤクの実。
e0145782_1654257.jpg

ハルナユキザサの実。
e0145782_1661825.jpg

南清里道の駅。
オオデマリの花と葉。
e0145782_1664810.jpg

ネムノキ花序。
e0145782_1671078.jpg

小花のオシベ多数、メシベ1本。オシベは赤い花糸で黄色い葯がある。メシベは花柱は白く、先端には葯はない。
e0145782_1674119.jpg

花序の中心部分。薄緑色の5片のものは花弁でなく萼片、花弁はない。小花の中央の3~4個だけに蜜がある。周囲の小花は蜜のない花。
e0145782_1681255.jpg

ヤマユリのメシベとオシベ。
e0145782_1683928.jpg

マサキの花と葉。
e0145782_169563.jpg

ムクゲのつぼみ。
e0145782_169367.jpg

八重咲きのムクゲ。
e0145782_1610128.jpg

ハマナスの実。
e0145782_16103061.jpg

以上
by midori7614 | 2014-07-25 16:15 | 上信越のみどり

7月24日 八千穂高原自然園の花

かわさき市民アカデミーみどり学受講生有志で結成しているサークル「みどり葉っぱ会」の日帰りバスハイクで、八千穂高原自然園へ行ってきました。現地は、晴れ曇りのお天気で、気温も25度前後でしたので、シラカンバなどの樹木林の中を、涼しさを享受しながら、楽しく観察できました。観察の進行約が主で、写真撮影は従の状態でしたので、メモ代わりの写真ですが、見られた花のご参考になればと思い、説明は省略して急ぎブログに掲載します。

ノリウツギ。
e0145782_13511432.jpg

アカショウマ。
e0145782_13515282.jpg

ウツボグサ。
e0145782_13523547.jpg

トンボが止まっていたウツボグサ。
e0145782_13531785.jpg

クモキリソウ。
e0145782_13534822.jpg

コバノイチヤクソウ。
e0145782_13542398.jpg

ミヤマイボタノキ。
e0145782_1355130.jpg

キバナノヤマオダマキ。
e0145782_13553453.jpg

花の内側を見せていただきました。
e0145782_1356870.jpg

ママコナ。
e0145782_13564283.jpg

シモツケ。
e0145782_13572116.jpg

アマニュウと蝶。
e0145782_13575849.jpg

アマニュウのつぼみから開花までの様子。
e0145782_13583016.jpg

e0145782_135949.jpg

e0145782_13595749.jpg

e0145782_1402840.jpg

咲き残っていたクリンソウ。
e0145782_141753.jpg

ヤマハハコ。
e0145782_1414284.jpg

水生植物ヒルムシロ。
e0145782_1422023.jpg

保護地のヤナギラン。
e0145782_1425249.jpg

なお、途中の南清里道の駅と八千穂高原自然園で花以外に見られた果実などは、これから整理して、後で掲載します。
以上
by midori7614 | 2014-07-25 14:04 | 上信越のみどり