のん木草・みどり見て歩き

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月26日 昭和記念公園

秋晴れの穏やかな26日に、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップの「受講生だけの少人数観察会」を、昭和記念公園で実施しました。
計画立案時には、コスモスの鑑賞時期としては、少し遅いと思っていましたが、今年は残暑が長引いた影響で、丁度きれいに見ることが出来ました。

コスモスの丘のパノラマ風景。
e0145782_16133377.jpg

広場東畑のイエローコスモス。
e0145782_16135955.jpg

他に観察した花や果実や葉を観察した順に掲載だけしておきます。。
オミナエシ。
e0145782_16142699.jpg

小花をアップ。
e0145782_16145356.jpg

クスノキの紅葉。
e0145782_16152154.jpg

スズカケノキの果実。
e0145782_1629010.jpg

ヒイラギモクセイの花。
e0145782_1631120.jpg

ガマズミの果実。
e0145782_16334233.jpg

ナンバンギセルの花。
e0145782_16355981.jpg

イイギリの赤い果実。
e0145782_16155692.jpg

カクレミノの果実。
e0145782_16373734.jpg

モッコクの果実。
e0145782_16163016.jpg

クコの花。
e0145782_16383046.jpg

カリンの果実。
e0145782_1617182.jpg

ハナミズキの果実。
e0145782_16173096.jpg

アラカシの果実。
e0145782_16175998.jpg

キキョウの花。
e0145782_16182826.jpg

サンシュユの果実。
e0145782_16272049.jpg

ゴンズイの果実。
e0145782_1619696.jpg

シマサルスベリの果実。
e0145782_16193241.jpg

メタセコイアの雄花序のつぼみ。
e0145782_16214298.jpg

以上
by midori7614 | 2012-10-28 16:40 | 関東のみどり

10月19日 奥日光小田代ヶ原

19日雨上がりの快晴のお天気に恵まれ、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱ野外授業で、奥日光の小田代ヶ原を2時間ほど歩いてきました。
小田代ヶ原は奥日光の中西部に位置し、標高約1,405mから1,430m、湿原から草原への遷移期にあり、両者の特徴を持ち希少な景観を有する湿地です。
周辺は、東側が戦場ヶ原、北側から西側が外山山麓、南側が高山山麓となっており、おおむね北 - 西 - 南の三面を山に囲まれ、唯一開けた東側も土地が隆起し広葉樹のミズナラ、アズキナシなどが茂っていました。
小田代ヶ原のパノラマ風景。
e0145782_17214233.jpg

草紅葉とカラマツの黄葉がきれいでした。
e0145782_17221618.jpg

カラマツ黄葉。
e0145782_17225074.jpg

黄葉のアップ。
e0145782_1723313.jpg

草紅葉。
e0145782_1724896.jpg

e0145782_17243755.jpg

ミズナラの赤褐色葉。
e0145782_17252199.jpg

葉のアップ。コナラと違い、葉柄がほとんどなし。
e0145782_17255560.jpg

シラカバ。
e0145782_17262882.jpg

小田代ヶ原の貴婦人と呼ばれる1本のシラカバ。
e0145782_17271727.jpg

シラカバの果実。
e0145782_1727517.jpg

ズミの紅葉。
e0145782_17283289.jpg

ズミの葉の形。
e0145782_1729447.jpg

ズミの赤い果実。
e0145782_17294260.jpg

ツタウルシの紅葉。
e0145782_17301922.jpg

オオウバユリの果実。
e0145782_1731093.jpg

ヤマウコギの黒い果実と葉。
e0145782_17313788.jpg

アズキナシ。
e0145782_17322118.jpg

葉のアップ。
e0145782_17325411.jpg

オオイタヤメイゲツの黄~紅葉。
e0145782_17333482.jpg

オオイタヤメイゲツの葉のアップ。
e0145782_17341049.jpg

戦場ヶ原のパノラマ風景。戦場ヶ原では湿地が減少しているのか、樹木が多くなっている。6518
e0145782_17345828.jpg

以上
by midori7614 | 2012-10-24 17:42 | 関東のみどり

10月17日 神代植物公園のバラ観察 その2

昨日に引き続き、神代植物公園で撮影してきたバラを、撮影した順に、掲載させていただきます。品種名や香りの有無などについては、時間がないので省略しますが、ご興味のある品種などについては、インターネット検索でお調べいただきたいとお願いします。

クイーンオブ神代。
e0145782_1615029.jpg

パスカリ。
e0145782_1622652.jpg

メルヘンケニギン。
e0145782_1625523.jpg

ホワイトマスターピース。
e0145782_163269.jpg

ファーストフェデラルズ・ルネッサンス。
e0145782_1635454.jpg

ダブルデライト。
e0145782_1642343.jpg

ブルー・パーフユーム。
e0145782_1645164.jpg

ブライダル・ピンク。
e0145782_1653167.jpg

希望。
e0145782_1662751.jpg

クイーン・エリザベス。
e0145782_1665718.jpg

秋月。
e0145782_1672253.jpg

芳醇。
e0145782_1675693.jpg

朝雲。
e0145782_1683065.jpg

チャールストン。
e0145782_169149.jpg

ミラベラ。
e0145782_169335.jpg

プリンセス・ド・モナコ。
e0145782_16106100.jpg

モナリザ。
e0145782_16104534.jpg

ホワイトクリスマス。
e0145782_16112150.jpg

マリアカラス。
e0145782_1612191.jpg

フリージア。
e0145782_16123822.jpg

ブルー・リバー。
e0145782_16132462.jpg

ヘレントローベル。
e0145782_1614118.jpg

ブルー・バユー。
e0145782_16144247.jpg

アイスバーグ。
e0145782_16152016.jpg

レデイラック。
e0145782_1616924.jpg

ユーロピアーナ。
e0145782_16164851.jpg

コウシンバラ。
e0145782_16172221.jpg

シングル・ピンク・チャイナ。
e0145782_16175534.jpg

グリーンローズ。
e0145782_16182747.jpg

以上
by midori7614 | 2012-10-23 16:21 | 関東のみどり

10月17日 神代植物公園のバラ観察 その1

10月5日より、かわさき市民アカデミーの後期の授業が始まりました。講座の授業を受講したり、ワークショップの講師、野外サポーター、来年度日程のコーデイネートをしたりで、何かと忙しくなって、ブログ掲載のために、パソコンに向き合う時間が作れません。サークルと授業で、皆さんとご一緒した時の写真だけを掲載させていただきます。

17日、雨降りになる前の晴れ間に、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱのサークル「葉っぱ会」の観察会で、神代植物公園に行ってきました。

秋のバラフェスタが13日から始まったばかりでしたので、バラの香りが漂う中で、きれいな花を沢山見てきました。

バラの花色や香りは、つぼみ、開花し始めのオシベの花粉が元気な頃、オシベの花粉が飛び散った後、萎む前頃とその段階ごとに変化していきます。

観察会では、この点に着目しながら、観察してみました。
1910年に英国で作られたテイーローズの代表花と言われている「レデイー・ヒリンドン(別名:金華山)」という品種で、香りの変化は画面では判らないでしょうが、花色の変化を見てみましょう。
ツボミ。
e0145782_17575272.jpg

開花。「レデイー・ヒリンドン」として、よく紹介されている花色。
e0145782_1737074.jpg

色変わり開始。
e0145782_17374843.jpg

色変わり中。
e0145782_17395028.jpg

咲き終わりの頃。
e0145782_17402962.jpg

参考。オシベとメシベをアップ。
e0145782_1804755.jpg

同じように、日本皇室を代表するバラと言われている「プリンセス・ミチコ」という品種でも、花色の変化を見てみましょう。
ツボミ。
e0145782_17414588.jpg

e0145782_1742166.jpg

開花し始め。
e0145782_17425691.jpg

e0145782_17433486.jpg

開花直後のオレンジ色が目立つ花。
e0145782_17441711.jpg

この頃のオシベとメシベ。
e0145782_17445297.jpg

咲き終わりの頃。花色は赤みを増す。
e0145782_17452781.jpg

萎む前のオシベとメシベ。
e0145782_1746443.jpg

花色はそれほど変化しないバラの変化も、参考に見ておきましょう。
俗に、黒バラと言われる「パパ・メイヤン」の変化です。黒バラと言っても、黒い色素があるのでなく、赤い色素が大量で濃くなると黒っぽく見えるだけです。
ツボミ。
e0145782_17475822.jpg

開花し始め。
e0145782_1746504.jpg

開花した花。
e0145782_1748409.jpg

葉も見たら、赤黒いですね。
e0145782_17492093.jpg

ついでに、青いバラと言われる「ブルームーン」の変化です。青いバラと言っても、淡い青でなく、紫がかった青ですね。
ツボミ。
e0145782_17501848.jpg

開花し始め。
e0145782_17505124.jpg

e0145782_17512022.jpg

開花した花。
e0145782_17515311.jpg

e0145782_17522125.jpg

花の色が変化したり、花の香りが変化していくのは何故だろうか?
すぐには判らないことを、自分なりに、推測してみることは結構楽しいものですよ。
以上
by midori7614 | 2012-10-22 18:02 | 関東のみどり

10月1日 三輪の里山~寺家ふるさと村見て歩き会

台風一過の快晴に恵まれ、気温が10月にもかかわらず31度と暑くなった日でしたが、かわさき市民アカデミーみどり学のサークル「みどり会」の行事で、三輪の里山から寺家ふるさと村を、9名で見て歩きしてきました。今回は、下麻生バス停から、グリンセイバーの活動フィールドへ案内してもらい、そこから尾根道へ登り、寺家の水車小屋のところへ下りました。ふるさとの森の中で、昼食を済ませ、熊野池へ下ってから、再度尾根道へ登り返し、大池へまわりました。大池からは田んぼ沿いの道で、植物観察をして、四季の家で解散しました。解散後に、四季の家のレストランで、ビールを美味しく飲み、早野のバス停から柿生へ戻りました。柿生駅近くのカフェで、美味しいコーヒーを飲んで、帰宅の途に着きました。

見られた主なものだけを掲載します。

クサギが花と実が一緒に見られました。。

e0145782_19382262.jpg


e0145782_19384364.jpg

ヒガンバナ。今年は残暑が厳しかったので、10日ほど遅れて咲いています。
赤花。
e0145782_19403046.jpg

白花。これはショウキズイセンとヒガンバナの交配種と言われています。
e0145782_19403959.jpg

ナンバンギセル。
e0145782_19481429.jpg

e0145782_19484358.jpg

ツルニンジン(別名ジイソブ)
e0145782_19491398.jpg

e0145782_19492993.jpg

ミゾソバ。
e0145782_19495867.jpg

e0145782_19502932.jpg

キツネノマゴ。
e0145782_19502737.jpg

ヤブツルアズキ。
e0145782_19512882.jpg

e0145782_1952843.jpg

ヤブマメ。
e0145782_19524281.jpg

e0145782_1953820.jpg

ヤブタバコ。
e0145782_19585949.jpg

ガンクビソウ。
e0145782_19555187.jpg

シラヤマギク。
e0145782_19564293.jpg

キバナアキギリ
e0145782_19582175.jpg

サラシナショウマ
e0145782_19595568.jpg

他にも、野菊の仲間などが見られましたが、今回は省略させていただきました。
以上
by midori7614 | 2012-10-02 20:02 | 身近なみどり