のん木草・みどり見て歩き

<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2月17日 氷室椿庭園と大船植物園

昨日17日に、かわさき市民アカデミーみどり学のサークル「みどり会」会員8名で、湘南の茅ヶ崎と大船を見て歩きしてきました。前後の15日と18日が寒かったですが、17日は、風が吹かなかったので、穏やかで、太陽の光熱を暖かく感じて、助かりました。
10時に茅ヶ崎駅をスタートして、氷室椿庭園へ歩きましたが。椿庭園内は、植木屋さんが丁寧に剪定や掃除をされていますが、肝心の花はほとんど咲いていない状況でした。途中の個人宅の庭木でも、ロウバイとツバキが少々だけ見られただけでした。早めに、観察が切り上がりましたので、昼食は美味しいものを食べようと、久しぶりに、「創作料理・中味川」に立ち寄り、湘南丼、刺身定食、お楽しみ定食などを食べました。寒いのと花が少ないので、花より団子のグルメ食べ歩きとなりました。
昼食時に、今年初めての参加者が3名いましたので、またまたシンビジュームの花を分解しながら、ランの花の構造(=仕組)を学習しました。
昼食とお店の高級な雰囲気に満足して、茅ヶ崎駅から大船駅へ移動し、駅から歩いて大船植物園へ1時半近くに入場しました。
ここでも、ロウバイだけが花盛りで、ツバキが少々、梅と寒桜がチラホラと花を咲かせているだけで、玉縄桜、河津桜はまだまだ冬芽の感じでした。温度を確保している展示室内のナノハナ、玉縄桜、クリスマスローズで花の構造を学習しました。
温室の中では、カトレアなどのラン、ハイビスカス、ブーゲンビリア、ネム(合歓)、熱帯スイレンを観察しました。温室に囲まれた中庭では、広い葉のパールアカシアだけが花を咲かせていましたが、ユーカリはつぼみ以前の冬芽でした。
大船駅ベッカーで、コーヒーを飲んで、4時30分に散会し、帰路に着きました。

見られた花を掲載しておきます。
普通のロウバイ。
e0145782_17333337.jpg

ソシンロウバイ。
e0145782_17335621.jpg

参平椿というツバキ園芸品種。p1630330
e0145782_17354644.jpg

大白玉というツバキ園芸品種。DF3583
e0145782_17383499.jpg

笑顔(はるさざんか)というツバキ園芸品種。
e0145782_1740598.jpg

竜田錦というツバキ園芸品種
e0145782_17534546.jpg

温室育ちの鉢植えのナノハナ。
e0145782_17412599.jpg

温室育ちの鉢植えのタマナワザクラ。
e0145782_17435014.jpg

温室育ちの鉢植えのクリスマスローズ。
e0145782_17425746.jpg

ランの仲間のカトレア。
e0145782_17445971.jpg

ハイビスカスの仲間。
e0145782_17464153.jpg

ブーゲンビリア。
e0145782_17471550.jpg

ネム(合歓)の仲間。
e0145782_1748521.jpg

ゴクラクチョウカ。
e0145782_17485315.jpg

熱帯スイレンの仲間。
e0145782_17494866.jpg

パールアカシア。
e0145782_1750299.jpg

本日は、見られた花の紹介だけさせていただきました。
以上
by midori7614 | 2012-02-18 17:54 | 身近なみどり

オシベが花弁化したツバキの園芸品種

ご近所に、八重咲きのきれいなツバキが咲いているので、写真を撮らせていただきました。
私は名刺を出して、かわさき市民アカデミーみどり学ⅡWSのコーデイネーター、講師などをしており、マイブログ「のん木草・みどり見て歩き」の話もしました。WS受講生やサークル仲間の勉強のために、このツバキの花の構造をブログに掲載してみたいとお願いし、花1個をいただいてきました。きちんと、名刺を出して、お願いすると、快く、花をいただけるので、ありがたいです。

まず、真正面から撮影した写真。
e0145782_202483.jpg

少し横から撮影した写真。半開きの状態から、ヤブツバキの系統の園芸品種であることが判ります。
e0145782_2025179.jpg

いただいてきた花を花弁化したオシベなどを少し広げて、中央にメシベが残っているかを見ようとしましたが、オシベばかりにおおわれて、メシベは判りません。
e0145782_2033116.jpg

赤い花弁2枚をはがして、花弁化したオシベの状態を見ました。
e0145782_2043064.jpg

下半分のオシベ花糸が合着(癒着)している部分を割って、拡げて中央を見ました。オシベより短いメシベが中央に残っていました。
e0145782_205012.jpg

オシベも外してみました。メシベの柱頭・花柱は3本に分かれていて、子房は1個に合体しています。
e0145782_2052948.jpg

分解した花器官(=花要素)を並べてみました。萼片5枚、花弁5枚、オシベ多数、メシベ3柱と子房1個です。
e0145782_206670.jpg

更に、多数のオシベを10本単位でまとめて、数えてみましたら121本でした。以前に、サザンカの花弁化したオシベを数えて時には123本でしたので、おおよそ120本のオシベがあるのかなと思いました。
e0145782_2064194.jpg

オシベは半分強が花弁化している状況でした。オシベが花弁化していく様子は、右の葯(花粉)から、左の花弁に変化していくことが判りました。
e0145782_2071645.jpg

明後日、かわさき市民アカデミーのみどり学のサークル「葉っぱ会」で、茅ヶ崎の氷室椿庭園と大船植物園にツバキを観察に行きます。本日のツバキの写真が事前の予習に役立ってもらえれば良いなと願っています。
明日は外出しますし、明後日は葉っぱ会の見て歩き観察会を予定していますので、2日間ブログをお休みします。
以上
by midori7614 | 2012-02-15 20:09 | 身近なみどり

寒い中にも春が近づく

2月24日に、かわさき市民アカデミーのみどり学のサークル「みどり会」で、長尾の里めぐりの観察会を計画しております。今週はお天気が悪くなるとの予報でしたので、12日に、早めに下見をしてきました。個々の花についての説明は、本日は省略させていただき、花の写真だけ紹介させていただきます。お近くの方は、ご覧にお出掛け下さい。

JR南武線久地駅近くに咲いていた寒桜。
e0145782_20293795.jpg

宿河原緑化センターに咲いていた太郎冠者というツバキの園芸品種。
e0145782_2042588.jpg

宿河原緑化センターに鉢植えで展示されていたクリスマスローズ。
e0145782_2032840.jpg

妙楽寺に咲き始めた八重寒紅というウメの園芸品種。
e0145782_20323823.jpg

東高根森林公園に咲いている福寿草。
e0145782_2033413.jpg

今年の花は、寒さで開花が約2週間遅れていると言われています。でも、2月中旬ですし、これから一雨ごとに暖かくなりそうですから、花は一斉に咲き始めるのではないかと期待しています。いよいよ、花の見て歩きに忙しくなりそうですね。

本日は、花の紹介をさせていただきました。ウメ、ツバキ、クリスマスローズなどについては、これから写真を整理して、今後に、個々に説明させていただきますので、お楽しみにご期待下さい。
以上
by midori7614 | 2012-02-14 20:44 | 身近なみどり

アケボノアセビが開花

昨日12日、ご近所に植えられているアケボノアセビが開花していました。メシベ、オシベ、子房の写真を撮影して、ブログに掲載させて欲しいとお願いし、花序をいただいてきました。

花は、つぼ状の小花を花枝の先に下向きに密につけています。花冠は、5裂して、先の方が少しつぼまっています。
e0145782_15491827.jpg

花冠の開口部が小さいので、覗きこんでも、メシベは判るものの、オシベの状況が判りません。
e0145782_15495582.jpg

花の裏側を見て、黄緑色の萼片5枚を確認しました。5数性の花だと見当をつけました。
e0145782_15503137.jpg

花冠の先端を横割りにカットしてみました。DF3253、
中央に、メシベ1本が突出し、メシベの花柱をオシベ10本が囲んでいます。オシベの葯(花粉)には何とも奇妙な形のトゲ状の突起がそれぞれ2個あります。蜜を吸いにきたチョウやガの口吻がこの突起に触れると花粉がこぼれ落ちる仕組だそうです。ツツジの仲間のつぼ型の花の場合は、オシベの花粉が同じ仕組になっています。
e0145782_1551356.jpg

更に、オシベ、メシベ、子房の状況を確認する為に、花冠を縦割りにして見ました。
e0145782_15512570.jpg

つぼみが残りましたので、これも縦割りにしてみました。メシベは、緑色の子房、その中の白い粒々の胚珠、白い花柱、花粉を付ける先端の柱頭は既に生長して、大きくなっています。オシベは花冠の内側に、側着するように固まっています。
e0145782_15515596.jpg

木全体は、まだほとんどつぼみです。
e0145782_15522310.jpg

3月になれば、次のように満開になって、きれいです。
e0145782_15525137.jpg

なお、このアケボノアセビは園芸品種で、自然界に自生しているアセビは全て、白花です。
e0145782_15532343.jpg

アセビの名前の由来は、馬が、アセビの葉を食べて中毒を起こして、酩酊状態になったことから、馬酔木(あしび)から転訛(てんか)して、アセビという名になったという説や、食べると、中毒を起こして、足がしびれることから、アシシビレが転訛して、アセビという名になったという説があります。
アセビには地方で、アセボ、アシビ、ドクシバ、ウジハライなどがあり、アシビは、人が誤ってこの花や葉を食べると、中毒により足がしびれたことから、アシシビレの名が詰まってアセビの名になったと言われています。また、ウジハライなどは、古くに、アセビの葉の煎じ汁を便所のうじ虫などの殺虫剤や、農作物や家畜の表面に付く害虫の駆除に使用していたことから付いた名前だそうです。
このように、名前の由来から判るとおり、アセビは有毒植物です。
有毒成分は、葉には、苦味質アセボトキシン、グラヤノトキシンⅢ、アセボチン、アセボクエルチトリン
花には、クエルセチン、特に毒性の強い、ピエルストキシンA.B.Cがあるとの事です。
有毒部位は、花、葉、茎すべて有毒です。
中毒症状は嘔吐、下痢、酩酊状態、四肢痙攣、呼吸麻痺 だそうです。
きれいで、可愛いい花だと言っても、お孫さんがおられる方は、アセビの取り扱いには注意しましょう。
以上
by midori7614 | 2012-02-13 15:55 | 身近なみどり

ニホンスイセンの八重咲きはオシベの変化

ニホンスイセンの中には、八重咲きの花が見られます。

圧倒的に多いニホンスイセンは、今年1月上旬にブログ掲載しましたニホンスイセンの普通タイプです。
これは、萼片3枚と花弁3枚が白い花びらとなり、オシベの先端が黄色い花弁で合着して黄色い円形となっている副花冠、その中にオシベの黄色い葯(花粉)が見え易い3個+奥にある3個=合計6個、3本のメシベが合着して1本で構成されている花です。
e0145782_21503848.jpg

房総半島のニホンスイセン畑でよく見ていましたら、花びらが八重咲きになっているニホンスイセンが混じっていることがありました。
e0145782_21514920.jpg

近所の家にも、この八重咲きのニホンスイセンが咲いていましたので、花の構造を調べて、ブログに掲載したいので、花だけいただけないかとお願いして,いただいてきました。
e0145782_21523482.jpg

e0145782_21525283.jpg

昨日、我が家のニホンスイセンを見ていたら、咲き終わりに近い花茎の折れた花序の中に、八重咲きへ移行し始めている花を2個発見しました。
e0145782_21533143.jpg

e0145782_2156035.jpg

普通のニホンスイセンの花のつくり(構造)は1月上旬にブログ掲載しましたので、本日は、八重咲きのニホンスイセンの花のつくり(構造)を掲載してみましょう。

花を裏側から観察して、萼片3枚を確認しました。
e0145782_21563838.jpg

花を表面から見て、八重咲きであることを確認しました。
e0145782_2157356.jpg

八重の花弁の部分をカットして、ばらしてみました。
e0145782_21572880.jpg

オシベが花弁化したことが判りました。
e0145782_21575549.jpg

今度は、花を縦割りにして見ました。花の基部には子房の中に白い粒々の胚珠がありました。八重の白色や黄色の花弁はオシベの花糸の先端から広がっていることが判りました。
e0145782_21583396.jpg

中央のメシベも白い花弁に変化しているように見られます。
e0145782_2158567.jpg

我が家の庭で発見した八重咲きへ移行し始めた花で確認してみました。
副花冠を構成している黄色い円形に合着していた花弁の癒着(合着)していた部分が割れて離れて、そこから白い花弁が出ています。
e0145782_21592574.jpg

e0145782_21594325.jpg

e0145782_2202084.jpg

今度は、副花冠を縦割りにカットして、内側から見て見ました。
副花冠がオシベの花糸の先端部分が変化したものであり、副花冠の癒着(合着)していた花弁部分が割れて離れて、そこから八重咲きになる白い花弁が出始めることが判りました。
e0145782_2204565.jpg

八重咲きの花は、桜、梅、桃、ヤマブキ、ツバキ、サザンカ、ムクゲなど沢山あります。
八重咲きとなる中央の花弁が、萼片や花弁からできる花びらではなく、オシベから花弁化したものがほとんどですね。その点では、ニホンスイセンの八重咲きの花も、副花冠があることで、少しややこしい感じがしましたが、オシベが変化した点は同じと言うことでした。

なお、ご参考として、他に、園芸品種と思われる副花冠が白色で、オシベが退化している様子の花があります。上の黄色い副花冠や八重咲きのニホンスイセンは良い香りを強く放っていますが、白い副花冠の花は私の好みでない匂いを少し出していました。
一株。
e0145782_2212044.jpg

花のアップ。
e0145782_2214610.jpg

以上
by midori7614 | 2012-02-12 22:06 | 身近なみどり

2月10日夢の島見て歩き観察会

昨日10日、かわさき市民アカデミーみどり学のサークル「みどり会」の見て歩き観察会を会員11名で行いました。新木場駅に10時集合し、夢の島熱帯植物園への道を1時間20分ほどかけて、ウバメガシ、ユーカリ、カナリーヤシ、トベラ、ヤブツバキ、ニホンスイセン、アキニレ、マテバシイなどをゆっくり観察しながら、歩きました。
ユーカリ。下見の時よりお天気で、青空を背景にきれいに撮影できました。
大きな木の縦冠に咲く花
e0145782_2011210.jpg

その樹冠をアップ。df3170
e0145782_2015510.jpg

更に、花を大きくアップ。
e0145782_2033712.jpg

つぼみと花が一緒に視られた。
e0145782_204390.jpg

多数のオシベと1本のメシベの花をアップ。花弁は蕾の時にはあるが、開くと落ちてしまう。
e0145782_2042820.jpg

つぼみはトンガリ帽子をかぶったようだ。このトンガリ部分が落ちて、オシベが出てきて目立つ花となる。
e0145782_2045168.jpg

落ちていた果実。萼筒が硬くなって、その中に種子がある。
e0145782_2051293.jpg

固い果実を割ってみましたが、種子は飛び散った後のようでした。
e0145782_2064185.jpg


11時25分ごろ入場した後、15分ほど、熱帯植物園のまわりのフサアカシア、ヒメハギ、キダチアロエ、オリーブ、アコウ、クロガネモチ、ナンヨウスギ、フタバガキの板根を見て歩きしました。
11時40分に、熱帯カフェの11名予約席に着き、各人好みのフードを注文して食べました。食後に、シンビジュームの花を分解しながら、ランの花の巧妙さを学習しました。午後は2時頃まで、温室など館内を見て回りました。インドボダイジュ、ムユウジュ、サラソウジュ、の仏教3木、ハイビスカスの仲間、マングローブ、モクセイシダ、カトレアなどのランの花、ココアノキ、パイナップル、パパイア、マンゴー、モウセンゴケ、食虫植物を見て回りました。
帰りは違う道をとおり、サザンカ、トウカエデ、イチョウ、ハリエンジュ、エンジュの見分け方・特徴を学びました。
新木場駅15時に、予定どおり解散しました。お天気に恵まれ、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

本日は、何かと忙しくブログ作成時間を作れませんでした。昨日撮影した写真は今週掲載しました下見の時の写真とほとんど重複します。本日の写真掲載は、今回の観察のお目当てのユーカリに絞らせていただき、他は省略させていただきます。
以上
by midori7614 | 2012-02-11 20:08 | 関東のみどり

夢の島熱帯植物園の内外で見られた植物

明日10日に、かわさき市民アカデミーのみどり学のサークル「みどり会」の見て歩き・観察会で、夢の島へ行くことになっています。その下見をしてきた際に、撮影してきました写真を、参加申込者のご参考に、ブログに掲載しています。本日はその3回目で、最終回になります。

カナリーヤシ。
雄株。
e0145782_9292467.jpg

雌株。
e0145782_9301987.jpg

雌株には種子が付いているので判ります。
e0145782_931143.jpg

ソテツ。
e0145782_9313968.jpg

雌株には赤い種子が付いているので判ります。
e0145782_9321382.jpg

カカオノキの幹生果。
e0145782_9324349.jpg

パイナップル。
e0145782_933929.jpg

セイロンマンリョウ。ヤブコウジ科。2969

タコノキ。タコノキ科。小笠原(東京)の固有種です。2975

アコウの果嚢。クワ科イチジク属。
e0145782_9334463.jpg

e0145782_9341062.jpg

木の下に落ちていた果嚢を半分にカットして、中を見ました。イチジクと同じですね。
e0145782_9433793.jpg

ポリガラ・ミルテイフォリア。ヒメハギ科。
e0145782_934427.jpg

e0145782_935950.jpg


シマナンヨウスギ。
きれいな樹形。
e0145782_9354840.jpg

葉。
e0145782_9361627.jpg

ヒイラギナンテンの花。
e0145782_9365895.jpg

e0145782_9372338.jpg

トベラの果実と種子。
e0145782_938113.jpg

e0145782_9382415.jpg

アキニレの幹肌。
e0145782_9385058.jpg

キダチアロエ。
e0145782_9393377.jpg

一つの花をアップ。
e0145782_9395698.jpg

白花のニホンスイセンの仲間。
e0145782_9403156.jpg

一つの花をアップ。
e0145782_9411116.jpg

ニホンミツバチの巣箱。
e0145782_9414195.jpg

巣箱の内部。
e0145782_942876.jpg

本日はここまでとします。明日は、かわさき市民アカデミーのサークル「みどり会」の見て歩き観察会当日ですので、ブログはお休みします。
以上
by midori7614 | 2012-02-09 09:45 | 関東のみどり

夢の島熱帯植物園の花

寒い時期には、温室は天国ですね。ロッカーに、防寒具や不必要な荷物を保管して、カメラだけをぶら下げて、長袖シャツ姿で、見て回りました。本日は、花だけに着目して、掲載してみます。

アンスリウム。サトイモ科。
e0145782_1817239.jpg

ベニマツリ。アカネ科。
e0145782_18382299.jpg

ウナズキヒメフヨウ。アオイ科。
e0145782_18185437.jpg

e0145782_18193269.jpg

コエビソウ。キツネノマゴ科。
e0145782_18202191.jpg

グズマニア。パイナップル科。
e0145782_18213811.jpg

アマゾンリリー。ヒガンバナ科。
e0145782_18221987.jpg

メガスケパスマ・エリトロクラミス。キツネノマゴ科。
e0145782_1822479.jpg

ベニヒモノキ。トウダイグサ科。
e0145782_18232179.jpg

ドンベヤ・ウオリッキー。アオギリ科。
e0145782_18241372.jpg

一つの花をアップ。
e0145782_18245747.jpg

ペンタス。アカネ科。
e0145782_18254226.jpg

e0145782_18262026.jpg

コダチヤハズカズラ。キツネノマゴ科。
e0145782_1827731.jpg

サンタンカ。アカネ科。
e0145782_18274512.jpg

モウセンゴケ。
e0145782_18281429.jpg

アップしてみました。
e0145782_1828497.jpg

e0145782_18291456.jpg

ランの花をアップして視ました。花のつくり(構造)は、どのランも、萼片3個、花弁(萼片と同じように花びら風のもの2個と唇弁1個で構成)3個、ずい柱(オシベ=雄ずいとメシベ=雌ずいが合体したもの)1個で同じですが、形や大きさが違っています。
萼片3個は花びらのように見えて、外花被片とも言われます。花弁3個は、上方の横についている2個は萼片と同じように花びら風のもので、花被片とも言われます。下側の派手な模様の花弁1個は唇弁=リップと呼ばれ、個々のランの特徴を一番よく示しています。
ずい柱1個は、オシベ=雄ずいとメシベ=雌ずいが合体したものです。ランの花の最大の特徴です。オシベの花粉粒は10数万個が固く、凝縮されて、花粉塊となっています。

シンビジュームの仲間。
e0145782_1830232.jpg

コチョウラン。
e0145782_1831592.jpg

カトレア。
e0145782_18313647.jpg

オンシジューム。
e0145782_183262.jpg

本日は、ここまでとし、明日は夢の島熱帯植物園の内外で見られた植物を掲載します。
以上
by midori7614 | 2012-02-08 18:39 | 関東のみどり

夢の島に沢山植えられているユーカリ

かわさき市民アカデミーみどり学受講生有志で、発足させたサークル「みどり会」は、今月より10年目に入りました。10年目最初の見て歩き観察会は、2月10日に行います。その下見をしてきましたので、先ずは、参加申込者の予習にもなればと考え、写真だけ掲載してみます。

ゴミを埋め立てた、あまり土壌の良くなかった夢の島には、ユーカリが沢山植えられて、大きく成長しています。ユーカリは悪い土壌でも、逞しく大きくなるようで、10年ほど前に、ベトナムに行った時にも、米軍の枯葉剤散布でハゲ山になった荒れ山に、ユーカリを植林していたことを思い出しました。

沢山植えられているユーカリ林。右端の建物は夢の島熱帯植物園ですので、かなりの大木の林になっています。
e0145782_1712043.jpg

ユーカリの幹肌は、表面の樹皮が剥がれ落ちるので、いろいろな色をしています。ユーカリは油成分が多いので、独特のユーカリ臭がします。また、剥がれた樹皮は良く燃えるそうです。15年ほど前に、シドニーから100kmほどの観光地ブルーマウンテンに行ったことがありました、その際に、ブルーマウンテンの名前の由来は、ユーカリ油が蒸発するので、遠くから見て、山がブルーに見えるからだと聞いたことがありました。
e0145782_17124784.jpg

e0145782_17131410.jpg

e0145782_17135779.jpg

ユーカリは約600種類ほどあり、そのうち、コアラが食べる葉は10種類程度のユーカリだけだと、多摩動物公園のコアラ館で聞いたことがあります。種類によって、花の色もいろいろあるそうですが、夢の島では種類は判りません。
探して、見つけた花芽、つぼみ、花を順次見てみましょう。

ユーカリの花芽だろうと思われるもの。
e0145782_171447100.jpg

ユーカリのつぼみ。花弁と萼片は合着して帽子のようになっており、開花と同時に落ちるとのこと。
e0145782_1715174.jpg

e0145782_17154789.jpg

e0145782_1716977.jpg

ユーカリの花。萼片と花弁は落ちて、オシベだけが目立つ花だそうである。
沢山咲き誇る花。
e0145782_17164966.jpg

e0145782_17171299.jpg

e0145782_17173343.jpg

e0145782_17175486.jpg

花序。
e0145782_17183363.jpg

花のアップ。
e0145782_17185843.jpg

本日はここまでとし、明日は、夢の島熱帯植物園内で見られた花や実などを掲載してみたいと思います。
以上
by midori7614 | 2012-02-07 17:21 | 関東のみどり

ナノハナは2数性の花

我が家の庭の小松菜はまだ花茎すら伸ばしていませんが、房総半島の鋸南では、2月2日に、ナノハナは花盛りを迎えようとしていました。房総で撮影したナノハナと持ち帰ったナノハナの花をいろいろ細かく観察し、ナノハナのつくり(構造)を考えてみました。

まず、房総に咲いていたナノハナ。
パノラマ光景。
e0145782_16385667.jpg

e0145782_16394580.jpg

ナノハナの花序(花の集まり)。
e0145782_1641948.jpg

e0145782_16415014.jpg

ナノハナのつぼみから開花までを並べてみました。どんどん大きくなって、花が開くことを確認しました。
e0145782_16422714.jpg

ナノハナ1個を上から見ました。外側から、花弁4個、短いオシベ2個、長いオシベ4個.メシベ1個があります。
e0145782_16425272.jpg

e0145782_16431038.jpg

外側にある筈の萼片を確認する為に、裏側を見ました。緑色の細長い萼片が4個あります。
e0145782_16434219.jpg

つぼみと花を横から見ました。緑色の細長い萼片2個ずつが、互い違いに付いていることが判りました。
e0145782_1644963.jpg

花をバラバラに分解して、並べてみました。萼片4個、花弁2個、短いオシベ2個、長いオシベ4個.メシベ1個を確認しました。
e0145782_16443739.jpg

短いオシベと長いオシベの付いている箇所が、短いオシベは外側の萼片の基部に、長いオシベはその内側の花弁の基部に付いていることが判りました。
e0145782_1645346.jpg

以上の花器官(=花要素)の状況から考えて、萼片が2個+2個、短いオシベが2個の特徴から、ナノハナは4数性の花ではなくて、きっと2数性の花であると推測しました。

メシベ1個に見えますが、2個の子房がある2個のメシベが合着したものでないかと考えて、メシベの子房部分を切断して、撮影してみました。心なしか2本が見えるようにも思われ、きっとそうだと思いました。
e0145782_1646231.jpg

また、長いオシベ4個と花弁4個似ついては、根拠を観察出来ませんでしたが、本来それぞれ2個になる筈のものが、それぞれが二つに分かれたものではないかと推測しました。

観察した結果から、いろいろ推測して、考えてみると面白いですね。

本日は、ここまでとします。明日は、かわさき市民アカデミーのサークル「みどり会」の2月10日夢の島見て歩き会の下見で、撮影してきましたみどりを、予告編として掲載したいと考えています。参加申込をされた人は是非ご覧下さい。
以上
by midori7614 | 2012-02-06 16:48 | 身近なみどり