のん木草・みどり見て歩き

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ソシンロウバイ(素心蝋梅)

今年の12月は、安易に引き受けていた頼まれ仕事が多すぎて、見て歩きに出かけることを止めたり、パソコンに向き合う時間を返上して、何とか引き受けた仕事を苦情が出ない程度に、仕上げるのに努力しました。ようやく、大晦日の午前中に、一段落させてもらい、多少残った分は来年に繰り越させてもらいました。
久しぶりにカメラをぶら下げて、近所を散策しました。例年、年越しのお参りに行っています妙楽寺では、ソシンロウバイがきれいに咲いていました。ソシンロウバイは東高根森林公園、宿河原緑化センター、府中市郷土の森などにも植えられていますが、開花する時期が多少違っています。
12月はブログお休み続きでしたが、1年の締めくくりとして、私の大好きなソシンロウバイ(素心蝋梅)を掲載します。皆さん、良いお年をお迎えになられるように、お祈り申し上げます。

枯れ葉も見られる状態で開花しています。
e0145782_1545460.jpg

丸いつぼみと枝に2個ずつ対生に花が付いています。
e0145782_15452686.jpg

花をアップして見ました。花の中央部まで黄色ですね。
e0145782_15455014.jpg

ソシンロウバイ(素心蝋梅)はろうそく細工のような花で、花全体が黄色で中央部の色の変化のないものです。ソシンロウバイは「素心蝋梅」と書きますが、「素心」の意味は「広辞苑」では「平生のおもい=普段の思い」となっていて、難しい言葉ですね。飾らないということらしいですね。斑点や色の変化が無いということのようで、ロウバイに見られる中央部の暗紫色への変化が無いということを指しているように思われます。

ロウバイは中国原産の落葉低木です。江戸時代には渡来していたと言われています。花弁は蝋梅の漢名のように半透明でロウのような質感があります。がくと花弁の区別が不明瞭で、つぼみを覆っているがくは褐色であるが、開花時に内側のものが伸びて大きくなり、伸びた部分は黄色になります。花には高貴な香りがします。狭義のロウバイは内側の花弁が小形で暗紫色です。ソシンロウバイは内側の花弁まで黄色です。

雌性先熟であり、まずは他の株からの花粉を受け入れ、その後に自分の雄しべが雌しべにひっついて受精する仕組みのようです。冬から早春にかけて、虫の少ない季節に咲く植物なので受精を確実にしているのであろうかと思われます。
以上
by midori7614 | 2010-12-31 15:46 | 身近なみどり

山梨県・足和田山

本日は、久しぶりに雨降りとなりましたので、ボランテイアでやっております植木屋さんをお休みし、家の中に、貯まっている用件を片づけています。

12月9日、私が今年度持ち回りの会長を引き受けている小さな山の会の仲間11名で、山梨県・足和田山へ忘年山行と称して、歩いてきました。前日8日早朝に、降りました雪が尾根から北斜面に残っていて、雪道歩きの登山でした。空気が冷たかったですが、風があまり吹かず、晴れていたので、富士山もきれいに見えて、快適な山歩きでした。

初雪で真っ白な林床。
e0145782_12244795.jpg

足和田山の山頂の唐松林。写真中央の林間に見えるのが河口湖。
e0145782_12251343.jpg

尾根道も雪だらけ。
e0145782_12253342.jpg

林間の先には西湖。
e0145782_12263380.jpg

三湖台からの富士山。
e0145782_12265719.jpg

e0145782_12271237.jpg

樹海に隣接する西湖。
e0145782_1228265.jpg

水溜りに映る逆さ富士。
e0145782_1228221.jpg

以上
by midori7614 | 2010-12-13 12:31 | 関東のみどり

国立博物館のメタセコイアなど

今週は、連日多忙のうちに、過ごしてしまいました。

12月8日午前中に、上野の国立博物館で開催されている東大寺展を見に行ってきました。前売り券を10月に購入し、雨が降って、行く予定がなくなった時に、出かけようと考えていたのですが、なかなかうまく行かないうちに、開催期限12日が近づいてきましたので、これだけ見に行かざるを得なくなりました。何が良くて、何が悪いかは判りませんが、前売り券を買っていなかったら、間違いなく、あきらめていかなかったですね。

10時前に、到着しましたら、メタセコイアの紅葉でなくて橙葉がきれいでした。
e0145782_1753272.jpg

e0145782_1755232.jpg

博物館前の樹齢110年を超えている筈と言われるユリノキ。
e0145782_1762191.jpg

ユリノキの果実。
e0145782_1764652.jpg

以上
by midori7614 | 2010-12-11 17:07 | 関東のみどり

丹沢山麓・秦野・菩提の里

昨日5日で、懸案の用事がどうにか終わりとなりました。やはり、久しぶりに精神を集中して取り組みましたので、その疲れが残っています。今日は、気分転換を兼ねて、久しぶりに、パソコンに向かっていますが、これから年内に片付けねばならない用件にも、これから対処せねばなりません。今後のブログ作成は休み休みになりそうです。当分、ブログ更新は、外出しないで家にいる日だけにさせていただきますので、ご了承お願いします。

今日のブログには、12月1日に、かわさき市民アカデミーのサークル「みどり会」の仲間11名で、丹沢山麓・秦野近くの菩提の里を歩き、葛葉の泉に紅葉などを見に行ってきました。穏やかな晴天に恵まれ、快適な里山歩きでした。その写真を掲載します。

菩提の里の地蔵堂跡に生き残っていた大イチョウ。
e0145782_17171494.jpg

葛葉の泉のカエデの紅葉。
e0145782_17174036.jpg

葛葉の泉の上流の滝。
e0145782_1718787.jpg

葛葉の泉の下流の自然の流れ。
e0145782_17182963.jpg

咲き残っていたリンドウの花。
e0145782_17185259.jpg

里の畑に咲いていた小松菜の花。
e0145782_17191199.jpg

小春日和の陽だまりに咲いていたホトケノザの花。
e0145782_17193325.jpg

里の農家で見られた、奇妙な根茎の大根。
e0145782_1719562.jpg

以上
by midori7614 | 2010-12-06 17:22 | 関東のみどり