のん木草・みどり見て歩き

<   2010年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

天神島臨海自然教育園

本日は、天気予報が良い方にハズレテ、梅雨の晴れ間になりました。良いお天気につられて、家を出たものの、蒸し暑さに身体が付いていかない感じでした。昨夜、サッカーの日本~パラグアイ戦を見てしまった寝不足の影響が出たかなと思い、早めに帰宅しました。

6月26日に、かわさき市民アカデミーみどり学のサークル「みどり会」の見て歩き行事の下見で、天神島臨海自然教育園とその周辺の佐島に行ってきました。

ここには、相模湾に面した佐島さじま港の西端に周囲約1kmの天神島とその沖200mほどに笠島があります。 砂浜、岩場、塩沼地などその地形環境が多様で、学術上貴重な海浜動植物が多数認められ、周辺水域を含む約54万m2が県指定天然記念物となっています。

スカシユリ。
岩場や崖に生えるユリ科の多年草で、花は上を向いて開きます。 花びらのつけねが細く、互いに重ならないので"透かし百合"。 花の色はオレンジで、斑点がある。 葉は槍の穂型で厚く光沢がある。 
e0145782_1593661.jpg

ハマダイコン。
あぶらな科の1~2年草、地中海原産。中国・朝鮮半島経由で日本にもたらされた栽培品種の野生化したものという、肥料をやって栽培すると大根にもどるといわれている。種子は軽く丈夫な鞘に包まれているため海水に浮くことができる。海水に流され、風に運ばれて各地の海岸に広がった。
e0145782_1510690.jpg

ハマヒルガオ。
ひるがお科の多年草、海岸の砂地に多く生える。強い地下茎を砂中に長くはる、葉は丸くてつやがあり、厚い。5月ごろから淡紅色の花をつける。
e0145782_1510405.jpg

ミヤコグサ。
まめ科の多年草、京都周辺に多く見られたのでこの名がある。日本全土に分布、春から夏にかけて鮮紅色の花をつける。島の南西部の岩場のくぼみに群生する。
e0145782_15111342.jpg

タイトゴメ。ベンケイソウ科。
e0145782_15114567.jpg

テリハノイバラ。
e0145782_15121237.jpg

ハマウド。
e0145782_15123830.jpg

ネズミモチ。
e0145782_1513390.jpg

ホンコンカポック。
e0145782_15142335.jpg

アカメガシワ雌花。
e0145782_15144997.jpg

アカメガシワ雄花。
e0145782_15152286.jpg

イヌビワの若い実。
e0145782_1516276.jpg

トベラの若い実。
e0145782_15163130.jpg

ミツバアケビの若い実。
e0145782_1517165.jpg

鎮守の森のアカガシの巨木。
e0145782_15172772.jpg

ミスジマイマイ。
e0145782_15175699.jpg

e0145782_15182249.jpg

トンビだと思いますが・・・・
e0145782_15191391.jpg

なお、本番は7月16日で、その頃には、ハマユウやハマボウの花が咲いていると思われます。その時は、良いお天気になって欲しいですね。
以上
by midori7614 | 2010-06-30 15:21 | 関東のみどり

神代植物公園 その4

本日は、毎月1回の内科検診に行き、その帰りに、生田緑地を見て歩きし、ふるさとの小道から初山へ出て、帰ってきました。オカトラノオが群落となって咲いていました。

今日のブログには、昨日に引き続き、25日に見てきました神代植物公園の温室に咲いていた花と実を掲載します。

イエライシャン。ガガイモ科。
中国漢字名”夜来香”を、中国読みで 「イエライシャン」と読む。字のごとく、夜になると香るそうです。かつて歌謡曲で盛んに歌われ、有名になった。その名には、夜、どこからともなく漂ってくる花の甘い香りと、チャイナドレスに身を包んだ細身の中国美女が漂わす色香が重なりあうようなイメージがある。昔昔、渡辺はま子と言う歌手が歌っていた「シナの夜」に出てくるそうだ。
昔、朝日新聞の天声人語で次のように、紹介された花である。
「花そのものは小さくて、ひかえめな黄緑色だが、香りは濃い。温室の一角に近づいただけで、やわらかな香りが一面にただよってくるのがわかる。まず香りがあって次に花を探す、という順序になる。花の前で目を閉じると、ゆかしさのある香りがすっと胸にとけこんで、ひろがる。」
只今が、見ごろ、芳香の嗅ぎ頃ですので、ご興味のある方は、ご覧になられ、芳香を嗅いでみることをることを、お勧めします。
e0145782_17333042.jpg

ニンニクカズラ。ノウゼンカズラ科。
e0145782_17335934.jpg

ペトレア ウオルビリス。クマツヅラ科。
e0145782_17342236.jpg

アサヒカズラ。タデ科。
e0145782_17344829.jpg

コスタス・スペキオスス。ショウガ科。
e0145782_1735387.jpg

ヤエサンユカ。キョウチクトウ科。
e0145782_17362296.jpg

熱帯スイレンも花盛りでした。
この植物公園では、品種名が表示されていましたので、ご参考に記載しますが、その品種名などは覚える必要はないですね。どれも似たような熱帯スイレンの仲間として、気軽にご覧下さい。
デイレクターGTムーア。
e0145782_17364750.jpg

アフターグロー。
e0145782_17371975.jpg

ペンシルベニア。
e0145782_1737394.jpg

ジェネラルパーシング。
e0145782_1738345.jpg

イザベル・プリング。
e0145782_17383097.jpg

コロラータ。
e0145782_1739480.jpg

ブルースモーク。
e0145782_17392681.jpg

ホワイトパール。
e0145782_1739503.jpg

イブリンランデイグ。
e0145782_17401413.jpg

ミセス エドワーズ ホワイタッカー。
e0145782_17404019.jpg

ローラフレイス。
e0145782_1741692.jpg

カペンシス サンジバエンシス アズレア。
e0145782_17413386.jpg

アピエーター・プリング。
e0145782_1742116.jpg

ギガンテイア。
e0145782_17424465.jpg

トレイルブレイザー。
e0145782_17431760.jpg

ニッドナイト。
e0145782_17433910.jpg

なお、熱帯スイレンは大船植物園でも、多くの種類を見ることが出来ます。
以上
by midori7614 | 2010-06-29 17:48 | 関東のみどり

神代植物公園 その3

本日は、朝のうち、涼しい時間帯に、東高根森林公園や長尾の里を歩いてきて、日中、気温が上がってからは、もっぱら家の中で、のんびり過ごして、休養を取りました。

今日のブログには、昨日に引き続き、25日に見てきました神代植物公園に咲いていた樹木の花とダリアを、その3として掲載します。

サンゴシトウ。
e0145782_1762638.jpg

花をアップして見ました。
e0145782_1765743.jpg

アメリカデイゴ。
e0145782_1772582.jpg

花をアップして見ました。
e0145782_1774922.jpg

ナツメ。
e0145782_1782216.jpg

花をアップして見ました。
e0145782_1784720.jpg

ムクゲ。
e0145782_1791964.jpg

アオギリ。まだつぼみでした。
e0145782_179451.jpg

タイサンボク。
e0145782_17101757.jpg

バラ苑風景。
e0145782_17104843.jpg

ダブルデライト。
e0145782_17111550.jpg

ブルーパーヒューム。
e0145782_17114547.jpg

讃歌。
e0145782_17121172.jpg

ダリア。
白山手まり。
e0145782_17124490.jpg

ランクリッズ。
e0145782_1713994.jpg

輝良。
e0145782_17134316.jpg

牧歌。
e0145782_17141028.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-28 17:15 | 関東のみどり

神代植物公園 その2

本日は、朝のうち、お天気が冴えなかったので、どこにも出かけないで過ごそうと思っていました。ところが、買い物に付き合って欲しいとの注文が出て、いつも、勝手に出かけている罪滅ぼしにと、二子玉川高島屋、神保町さかいや、溝の口マルイへと出かけてきました。買い物も1日仕事でしたが、帰りには、すっかり良いお天気になっていましたね。

今日のブログには、昨日に引き続き、25日に見てきました神代植物公園に咲いていた草花を、その2として掲載します。

キキョウ。
キキョウ科 の多年性 草本 植物 。山野の日当たりの良い所に育つ。 日本 全土、 朝鮮半島 、 中国 、東 シベリア に分布する。 万葉集 のなかで 秋の七草 と歌われている「朝貌の花」はキキョウのことと言われています。
花期:夏~秋。 桔梗は 秋の七草 に入っているので,秋の花と思っておられるでしょうが,6 月下旬に咲き始め数週間で終わりになります。キキョウは根にサポニンを含み薬用にもされます。

開花直後の花(下)と雄性期の花(上)。
開花直後の下の花は、オシベ先熟で、青いメシベを黄白色のオシベが囲んでいます。上の雄性期の花は5本のオシベが展開していますが、メシベの柱頭は閉じたままです。
e0145782_1941556.jpg

雌性期の花。
オシベが花粉を出し切って倒れてしまってから、メシベの花柱の先端の柱頭が5つに開きます。このように、雄性期と雌性期がはっきり分かれているのは、自家受粉を防ぐためのキキョウの花のシステムです。
e0145782_1944423.jpg

チダケサシ。
e0145782_1951359.jpg

その小花をアップしてみました。
e0145782_1953813.jpg

ヨウシュヤマゴボウ。
e0145782_196728.jpg

その小花をアップしてみました。
e0145782_1963192.jpg

ノカンゾウ。
赤橙色の花。
e0145782_197751.jpg

黄色の花。
e0145782_1973454.jpg

ウツボグサ。
e0145782_1975916.jpg

キリンソウ。
e0145782_1982694.jpg

スイレン。
e0145782_1993822.jpg

マヤランは花茎を伸ばしてきましたが、まだ咲いていません。
e0145782_19102029.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-27 19:12 | 関東のみどり

神代植物公園

昨日、急に発生した日中の用件に対処してから、午後、神代植物公園に立ち寄ってきました。今年は、5月~6月にかけて、多忙でしたので、年間パスポートを持っていながら、65日ぶりの入園となっていました。神代植物公園の花盛りの時期に行かれなかったことになりましたが、今後は、最低でも、年5回の採算回数だけは、クリアーしたいものと思っています。

本日、サークルの下見で、三浦半島西海岸の佐島臨海自然教育園へいってきましたので、昨日の写真は、まだ整理不十分です。今日のブログには、6月の花「ハナショウブとアジサイ」を中心に、神代植物公園正門近くの展示場で見られたギボウシ、ハンゲショウも併せて掲載します。

ここでも、ハナショウブ展を行っていました。
e0145782_18104510.jpg

e0145782_18111184.jpg

e0145782_18112765.jpg

アジサイの花も特設展示されていました。
「センセーション」という園芸品種のアジサイ。
e0145782_1812048.jpg

「城ケ崎」という園芸品種のアジサイ。
e0145782_18122780.jpg

「アナベル」という園芸品種のアジサイ。
e0145782_18125597.jpg

公園内に植栽されているアジサイ。
e0145782_18131958.jpg

ガクアジサイの中央の両性花も花盛りでした。
e0145782_18135095.jpg

e0145782_18141195.jpg

ギボウシ。
e0145782_18144316.jpg

ハンゲショウ。
花がつぼみの時は、花序は下に垂れ下がっていますが、開花し始めると次第に、上に向かって立ち上がってきて、虫に無視されぬように、目立とうとします。当然でしょうね。葉も白粉をつけたように、虫を呼び寄せるように目立っているのですから、本来の主役である花も頑張る必要がありますね。
e0145782_18151670.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-26 18:17 | 関東のみどり

我が家の野菜の花

本日は、休養日と思って、ゆっくり過ごそうと思っていましたが、プランタンに植えたゴーヤが花を咲かせ、つるものびてきましたので、みどりのネットを作りました。これからは遠慮せずに、生長してもらいたいですね。

ゴーヤの花。
ウリ科ニガウリ属。インド原産で、沖縄を代表するつる性野菜。夏、黄色い花が咲き, そのあとあの「ゴーヤ」の実がなる。雌雄異花です。
独特の苦味と栄養価の高さから年々、人気が高まってきています。加熱しても壊れにくいビタミンCを豊富に含み、夏バテにも効果大!夏の食卓に積極的に取り入れたい野菜です。
病害虫の被害が少なく、つくりやすい点も魅力。
e0145782_1781100.jpg

ゴーヤのネットを張りました。
今年から、緑のカーテンとして、省エネ効果を期待して、多額の投資をしてみました。
e0145782_1791578.jpg

他に、我が家で咲いている野菜の花も紹介しておきましょう。
ラッカセイ。
マメ科ラッカセイ属の一年草。
南アメリカの熱帯地域が原産です。わが国へは江戸時代の初めに渡来しました。
現在ではおもに千葉県や茨城県、神奈川県などで栽培されています。
豆類ではダイズに次いで生産量の多い重要な食品ですが、夏に咲く花が魅力的で、しかも秋には豆を収穫する楽しみもあり家庭園芸に好適です。匍匐性品種と直立性品種とがあります。葉腋に1節当たり4~5個の蝶型の黄色花を着け、受精して数日たつと、子房柄が伸び始め、地中に進入し結実します。葉は羽状複葉で、睡眠運動をして、長卵形の小葉は夜には閉じ、上向きになります。
e0145782_17102843.jpg

コダマスイカ。
ウリ科 原産は東南アジア。 雄花雌花の違いは、花を見ただけでは判りません。 雌花には、花の下に、小さな玉が出来てきます。これがスイカの赤ちゃんです。 収穫 小玉種ですから直径15cmくらいです。
e0145782_17105334.jpg

ナス。
インド原産といわれるナス科ナス属ナス属。
へたにトゲがあり、茎や葉にトゲがあるワルナスビと同じ仲間であることが判ります。トゲは身を守る戦略であった筈だが、人間に野菜として改良されたナスは、トゲも少なくされてしまいました。ナス科の仲間であるチョウセンアサガオはアルカノイド、タバコはニコチンという毒性物質で身を守り、トウガラシはカプサイシンという辛み成分で身を守っている。トゲ抜きされたナスは、1年中食べられる野菜となりました。
e0145782_17112225.jpg

トマト。
 南アメリカ高地原産のナス科トマト属。
リコピンという色素で、真っ赤な実となる。ヨーロッパへ移植された当初は、有毒植物と思われ、観賞植物として扱われていたそうです。その後、誤解がとけて食用として用いられましたが、日本へ移入された頃は、赤ナスという名前で観賞植物とされていたそうです。現在では、1年中食べられる夏野菜の代表となっています。
e0145782_17115026.jpg

キウリ。
ウリ科の夏野菜。黄色に熟すので黄瓜という説に従った。マクワウリと同じように、熟して黄色くなったキウリを食べていたが、ある時、未成熟な青いキウリを食べた人間が、苦味があってみずみずしいので旨いと気に入った。キウリの立場では、未成熟な段階で食べられないようにと、苦味をつけたり、イボと呼ばれる突起をつけていたのに、人間にかかっては、その生き残り戦略は通じなかった。やるせない話しである。
e0145782_17122227.jpg

コンフリー。
ムラサキ科で、地中海沿岸~中央アジアに分布する栽培植物。家畜の飼料だが、一時健康野菜ブームとなり、青汁ジュースやてんぷらの具にも使用していた。
e0145782_17172270.jpg

ついでに、近所のに咲いているジャガイモの花も紹介しておきます。
ナス科の野菜で、原産地は南アメリカのチリーだといわれています。冷涼な気候を好みますが、霜に弱いので注意が必要です。
家庭でたくさん使われている野菜のひとつであり、栄養価の点でも、ビタミンB1やC、カロリーに富むアルカリ性食品なのでたいへん優れています。
利用法もたくさんあり、新物は煮物に、貯蔵物はフライドポテトやポテトチップス、サラダ、マッシュポテト、コロッケにします。
e0145782_17142426.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-20 17:18 | 身近なみどり

相模原北公園

本日は、天気予報に反して、予想外の良いお天気になりました。
火曜日から入院していました7ヶ月の孫に、退院許可が出まして、午後に息子の家に戻ったとの連絡があり、預かっていた2歳8ヶ月の孫娘を息子の家へ、連れて行ってきました。
5日間のお守り生活も終了し、ほっとすると同時に少し疲れが出てきました。当分は、自由に、勝手気ままな生活をしたいものですが、先の事は判らないので、どうなりますか?

今日のブログには、17日に、相模原北公園で撮影したアジサイを掲載します。
かわさき市民アカデミーのサークル「葉っぱ会」の見て歩き行事で、会員12名で、行ってきました。
相模原市の花がアジサイであることから、この公園には、200種1万株のアジサイが植栽されており、神奈川県内有数の品種と株数を誇っています。全国レベルでも、品種数の多さでは有名となっている公園です。

アジサイと言えば、ユキノシタ科アジサイ属全般(ガクアジサイ、ヤマアジサイ、エゾアジサイ、コアジサイ、タマアジサイ・・・・等など)の総称として使われる場合と、ガクアジサイから装飾花が目立つように改良された手鞠状のアジサイ(種類名)を指す場合があります。

また、アジサイは北半球の温暖な地域に自生しており、日本自生種、中国・朝鮮・台湾自生種、アメリカ自生種の3種類があります。なお、西洋アジサイは、シーボルトが日本自生種をヨーロッパへ持ち込み、ヨーロッパで品種改良されたアジサイで、西洋自生のアジサイでは、ありません。

最近、人気の高い、カシワバアジサイ、ハーモニー、アナベルは、アメリカ自生のアジサイです。
カシワバアジサイ。
e0145782_181938.jpg

八重咲きのカシワバアジサイ。
e0145782_1813461.jpg

ハーモニーという品種のカシワバアジサイ。
e0145782_1815366.jpg

緑のアジサイとも言われるアナベル。
e0145782_182144.jpg

日本のアジサイ。
ヤマアジサイ系の「七段花」。
e0145782_1823356.jpg

ヤマアジサイ系の「白鳥」。
e0145782_1825456.jpg

ヤマアジサイ系の「クレナイ(またはクレナイアジサイ)」
e0145782_183178.jpg

エゾアジサイ系の「姫アジサイ」
e0145782_1863766.jpg

日本で育成栽培された「舞孔雀」
e0145782_1865697.jpg

日本で育成栽培された「レデー・サチコ」
e0145782_1871991.jpg

日本のアジサイをヨーロッパへ持ち込み、ヨーロッパで品種改良された西洋アジサイ。
シロテマリ。
e0145782_1874211.jpg

マリンブルー。
e0145782_188838.jpg

ファーザン。
e0145782_1882814.jpg

ブルースカイ。
e0145782_1884931.jpg

ギムベル。
e0145782_1891960.jpg

カルデイナール。
e0145782_1894141.jpg

アジサイ以外で見られたみどり。
ネムノキ。
e0145782_1810242.jpg

ムラサキシキブ。
e0145782_18102379.jpg

ホタルブクロ。
e0145782_18104847.jpg

しょうぶ苑風景。
e0145782_18111059.jpg

バラ苑風景。
e0145782_18113279.jpg

「スイショウ(水松)」と言われるヌマスギ(ラクウショウ)の仲間のスギ。
e0145782_18115478.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-19 18:13 | 関東のみどり

横須賀しょうぶ園

本日は、みどり学Ⅱの講座とワークショップの日でしたが、孫娘のお守りを午後2時30分から6時30分まで、引き受けましたので、ワークショップ開講準備にだけ出かけ、授業には出ずに、急ぎ帰宅しました。孫娘がお昼寝してくれれば、お守りも楽なんですが、あいにく、目がパッチリと開いたままでしたので、お相手しておりました。夕方の大学病院からの情報では、当初1週間ぐらいの入院と言われましたが、経過良好で明日土曜日に退院できそうとのことでした。孫のお守りからも解放されるので、ほっとしています。

今日のブログには、6月15日に、かわさき市民アカデミーのサークル「みどり会」の見て歩き行事で、行ってきました「横須賀しょうぶ園」の写真を掲載します。
このしょうぶ園は、5月下旬~7月上旬になると、412品種、14万株のハナショウブが 3.7ヘクタールの敷地に咲き競う全国有数のハナショウブの名所です。苑内のハナショウブは、江戸を中心に発展した江戸系、江戸系の流れをくむ肥後系、伊勢松阪を中心に改良された伊勢系の3品種があります。
川崎からは少し遠い場所で、交通は、JR横須賀線衣笠駅からバス「しょうぶ園」循環バス「しょうぶ園」下車(1時間に2・3本運行で、乗車時間は約10分)となります。入園料は、4月~6月の時期だけ、大人 300円です。花柄がよく取り除かれていて、きれいなハナショウブを沢山みることができ、満足して帰ってきました。まだ、当分、きれいですから、ご興味のある方は、行かれることをお勧めします。

しょうぶ園の風景。
e0145782_19441541.jpg

e0145782_19443395.jpg

e0145782_19445347.jpg

e0145782_19451661.jpg

e0145782_19454345.jpg

e0145782_19461110.jpg

e0145782_19462946.jpg

e0145782_19464665.jpg

ハナショウブ以外に見られた花。
クガイソウ。
e0145782_1947237.jpg

シャクナゲ。
e0145782_19472531.jpg

ヘメロカリス。
e0145782_19474757.jpg

シモツケ。
e0145782_1948373.jpg

スイレン。
e0145782_19482976.jpg

ハナショウブの個々の花につきましては、花の構造などを説明しながら、後日掲載したいと考えています。
以上
by midori7614 | 2010-06-18 19:50 | 関東のみどり

川崎のあじさい寺・妙楽寺

本日は、孫娘のお守りを免除してもらい、かわさき市民アカデミーのサークル葉っぱ会の見て歩き行事で、相模原北公園へ行ってきました。その代わり、明日は、お守りをしなければ成らないので、かわさき市民アカデミーのみどり学Ⅱの授業は欠席し、ワークショップの授業準備だけをするために、学習プラザヘ1時間半ほど出かけることになっています。残念ながら、ワークショップの講師授業が始まりましたら、退席して帰宅する予定です。

今日のブログには、近くの妙楽寺のアジサイを掲載します。

あじさい祭りが6月20日に行われます。お近くの方はどうぞお出掛け下さい。
e0145782_1943433.jpg

境内のあじさいの様子。
e0145782_195287.jpg

e0145782_1952142.jpg

山門とアジサイ。
e0145782_1954691.jpg

新薬師堂とアジサイ。
e0145782_19679.jpg

鐘楼とアジサイ。
e0145782_1963365.jpg

六地蔵とアジサイ。
e0145782_191518100.jpg

お地蔵様とアジサイ。
e0145782_1971562.jpg

手鞠アジサイ。
e0145782_1974457.jpg

e0145782_198413.jpg

e0145782_1982355.jpg

ガクアジサイ。
e0145782_1985256.jpg

e0145782_1992186.jpg

e0145782_199403.jpg

八重のガクアジサイ。
e0145782_191076.jpg

スミダの花火。
e0145782_19103293.jpg

カシワバアジサイ。
e0145782_19105421.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-17 19:16 | 身近なみどり

浜離宮恩賜庭園

本日も、梅雨の晴れ間で良いお天気でしたが、昨夜から孫娘を預かっているので、どこも出かけられませんでした。明日は、葉っぱ会の行事ですので、孫のお守りを免除してもらい、アジサイを見に、相模原北公園へ行ってくる予定です。

今日のブログには、11日に、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱの野外授業で、見てきました「浜離宮恩賜庭園」の写真を掲載します。

オオバネムノキ。
日立のテレビCM「これは何の木、不思議な木」で有名になったアメリカネムノキと同じ種類の木です。
青空に映える花。
e0145782_18392539.jpg

沢山の花をつけています。
e0145782_18394712.jpg

花序1個。
e0145782_1840645.jpg

花一つを見てみましょう。
シベだけの花で、長い1本がメシベ、短い沢山あるのがオシベです。
見た目では判りませんでしたが、ルーペで見ると、メシベの柱頭は水分の多そうな透明で、オシベの花粉である葯は何と緑色でした。
e0145782_18402537.jpg

ハナザクロ。
八重咲きの鑑賞用の花です。
e0145782_18404870.jpg

e0145782_1841576.jpg

バイカウツギ。
e0145782_18412547.jpg

ヒメタイサンボク。
落葉性のタイサンボクの仲間です。
e0145782_18415684.jpg

ヤマボウシ。
e0145782_18422715.jpg

シモツケ。
e0145782_18424943.jpg

キンシバイ。
e0145782_18431383.jpg

ハゼノキ。
e0145782_18433388.jpg

マテバシイ。
真ん中で上に突き出ている1本が雌花序。沢山の小花をつけているのが雄花序。その下に、昨年の雌花が果実になろうと膨らんできています。今年の夏の終わり頃から急速に大きくなることでしょう。
e0145782_1844082.jpg

サンゴジュ。
まだ、つぼみでした。これから、開花すると香りが放散されるでしょう。
e0145782_18442087.jpg

カシワバアジサイ。
e0145782_1844466.jpg

ハナショウブ。
e0145782_18451614.jpg

e0145782_18453333.jpg

アジサイ。
e0145782_18455477.jpg

e0145782_18461221.jpg

e0145782_1846306.jpg

e0145782_18465023.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-16 18:48 | 関東のみどり