のん木草・みどり見て歩き

<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

箱根大涌谷・ベニバナヒメイワカガミ

本日は、ようやくお天気になりましたので、東高根森林公園へサイハイランを探しに行ってきましたが、見つかりませんでした。スイカズラ、テイカカズラなどを見てきました。

5月22日に、私が今年度会長を引き受けている小さな山の会の5月定例山行で、会員9名で、箱根神山~駒ヶ岳を歩いてきました。大涌谷から大涌谷分岐の間で、見られましたベニバナヒメイワカガミを中心に、掲載いたします。

行程は概ね、次のとおりで、花を観察しながらの、ゆっくり山歩きです。

箱根湯本8:51⇒8:34強羅、強羅9:51⇒ケーブル⇒早雲山駅⇒ロープウエー⇒大涌谷10:20・大涌谷1043m(10:30)→大涌谷分岐(11:30)→神山1438m(12:40)昼食(13:20)→防ケ沢分岐(14:10)→駒ケ岳1356m(14:55)ロープウエー(15:30)⇒箱根園⇒バス⇒小田原

8時51分発の登山電車に乗り、新緑が目にまぶしい木々の間を縫って、更に、ケーブルカー、ロープウエーと乗り継いで、地獄谷の深い谷を越えると硫黄のにおいの立ち込める大涌谷駅に着きました。快晴の天気に恵まれ、富士山が姿をみせていました。
e0145782_17292559.jpg

今日は、快晴に恵まれ、登山道の閉鎖もなかったので、登山道の入り口で、身支度、体操をして出発しました。今回お目当てのベニバナヒメイワカガミが見られるのではないかと、期待しながら亜硫酸ガスが少々匂う登山道を進んでいくと、谷間の木々の間にピンクの花を見つけた。半信半疑で近づくと、まぎれもないベニバナヒメイワカガミに一同感動しました。ところが、段々上にいくほど、群落が大きくなり、色のきれいなもの、木の下一面にびっしりと咲き誇っているものが出てきて、思わず歓声をあげてしまいました。きっと、亜硫酸ガスの中で、他の草木が育たぬ環境の中で、ベニバナヒメイワカガミの葉のつやつやしたクチクラ層が幸いして、生き残ったのではないかと思いました。自然界の不思議な生命力や生き残り戦略に感心しました。

ベニバナヒメイワカガミ(紅花姫岩鏡)イワウメ科イワガガミ属。
山中の風衝地や岩場に生えるイワカガミ。葉は小さく花の色が紅色のものを特にこの名で呼ぶ。なお、花の白をヒメイワカガミ。大きい葉は、オオイワカガミと言う。
e0145782_17295321.jpg

e0145782_17301274.jpg

e0145782_17303127.jpg

大涌谷分岐を過ぎ尾根にかかると、あんなに沢山あったベニバナヒメイワカガミの姿が見られなくなりました。尾根は、風通しが良く乾燥した条件になる為に見られなくなったと思いました。トウゴクミツバの赤紫の花が、青空に映えて、咲き誇っていました。
e0145782_17312023.jpg

e0145782_17313596.jpg

ミヤマシキミも開花していました。
e0145782_17315968.jpg

最後に、急登30分で平らな神山の山頂に着きました。山頂は、木々に囲まれていて、眺望はありません。しかし、南東の端に出ている崖からは、遠く、駒ケ岳神社、駒ケ岳ロープウエーの乗り場の建物が見えました。そこに、クロモジの花、ヒョウタンボクの花が小さく誇らしげに咲いていました。
クロモジ。
e0145782_17322479.jpg

ヒョウタンボク。
e0145782_17324732.jpg

マメザクラも少しだけ咲き残りがありました。既に、緑色の果実も見られました。
e0145782_1733672.jpg

神山頂上付近では、うす赤緑の新芽のアセビや、ヒメシャラの大木が多くありました。
アセビの若葉。
e0145782_1733256.jpg

ヒメシャラの大木。
e0145782_17335012.jpg

神山から、道は下り始め、防ケ沢分岐に出る途中で、ブナの花が、紅い苞葉を付けたままかわいい花と若葉をだしていました。
e0145782_17341987.jpg

コハウチワカエデも花を咲かせていました。
e0145782_17344131.jpg

山道沿いの草地には、タチツボスミレ、キクザキイチゲの早春の花も咲き残っていました。
タチツボスミレ。
e0145782_1735598.jpg

キクザキイチゲ。
e0145782_17352590.jpg

防ケ沢分岐から、駒ケ岳への登りとなり、振り返ると神山が見えました。
e0145782_17354816.jpg

駒ヶ岳への登り道は新しくよく整備されていて、木々に囲まれていて涼しい道でした。。しかし、駒ケ岳山頂に出ると、笹に覆われた炎天下でした。山頂からは、眼下に芦ノ湖が見え、駒ケ岳ロープウエーに乗り箱根園下り、帰路につきました。
以上
by midori7614 | 2010-05-25 17:38 | 関東のみどり

横浜自然観察の森のサイハイラン

本日も、2日連続の雨降りで、家の中でやれることを少しずつ片づけています。

今日のブログには、21日に、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップ受講生有志14名で、見て歩きしてきました「横浜自然観察の森のサイハイラン」を掲載します。

サイハイラン。ラン科サイハイラン属。
高尾山では、毎年、見ていましたが、横浜自然観察の森にも、結構沢山ありました。東高根森林公園にもあるそうですが、まだ見ていません。
サイハイランは丘陵から山地のやや薄暗い湿潤な林などに生えています。 草丈30~50cm。葉は長楕円形で長さ15~35cm、幅3~5cm。根元から花茎を出し、花が10~20個を総状につきます。 花は細長く、淡紅褐色で唇弁は紅紫色を帯びます。初めは真横に花を突き出しますが、後に下向きに垂れ下がります。
花の穂を、戦国時代の大将が戦の時に指図に使った采配(さいはい)に見立てて采配蘭の名がつきました。
e0145782_1523829.jpg

e0145782_15232883.jpg

花が下向きに付いていて、ランの花の特徴である萼片3枚、花弁3枚、花粉塊1個の特徴は、今回はうまく写真に撮れませんでした。ピンボケ写真ですが、ご推察して下さい。
なお、ランの花の構造をよく見たい方は、シランの花を手に入れて、分解しながら、ご覧になられるのが良いと思います。
e0145782_15235136.jpg

葉は長楕円形で長さ15~35cm、幅3~5cm。 根元に普通1個だけつけます。 
葉先はとがっていて、冬でも常緑です。
e0145782_1524548.jpg

他に、見られた花も、説明省略で、掲載しておきましょう。
タツナミソウ。
e0145782_15251425.jpg

ウワバミソウ。(別名ミズ)
e0145782_15253461.jpg

シャリンバイ。
e0145782_15255994.jpg

マルバウツギ。
e0145782_152620100.jpg

ガマズミ。
e0145782_15264054.jpg

スダジイ。
e0145782_1527465.jpg

ミズキ。
e0145782_15272571.jpg

以上
by midori7614 | 2010-05-24 15:28 | 関東のみどり

厚木市七沢の花

本日より2日間は、雨降りですね。金曜日から土曜日の2日間、お天気に恵まれて、横浜自然観察の森と箱根神山~駒ヶ岳を歩いてきましたので、丁度良い休養日です。・・・と言っても、家の中で、やらねばならぬ仕事が山積みで、朝から何かと忙しいですね。
箱根神山では、ヒメイワカガミの大群生を堪能してきました。この写真は、順次、後日に掲載させていただきます。

今日のブログは、先週18日に、かわさき市民アカデミーのサークル「葉っぱ会」で見て歩きしてきました「厚木市七沢の花」を掲載します。午前中に、七沢森林公園を一回りして、昼食を食べました。午後に、七沢自然環境保全センターへ移動し、観察地を見て歩いてきました。ここは、ヤマヒルがいるので、心配しましたが、お天気続きで、乾燥していたので、出てきませんでしたので、助かりました。
なお、6月6日までに片づけなければならない用件をかかえており、ここの花に説明をつけている時間がありません。疑問点などは、図鑑を見てくださるようお願いします。

ベニバナトチノキ。
e0145782_1732952.jpg

シャクナゲ。
e0145782_173506.jpg

ヒトツバタゴ。
e0145782_1741040.jpg

サンショウバラ。
e0145782_1742912.jpg

マルバウツギ。
e0145782_1744829.jpg

ミツバウツギ。
e0145782_1751756.jpg

コゴメウツギ。
e0145782_1754121.jpg

ツクバネウツギ。
e0145782_17619.jpg

ハコネウツギ。
e0145782_1762213.jpg

オオデマリ。
e0145782_1764181.jpg

アブラギリ。
e0145782_177032.jpg

ツリバナ。
e0145782_1772050.jpg

タツナミソウ。
e0145782_1774120.jpg

ムサシアブミ。
e0145782_17804.jpg

以上
by midori7614 | 2010-05-23 17:09 | 関東のみどり

栃木県益子町の花

本日は、私が今年度会長を引き受けている小さな山の会の5月定例山行日でしたが、天気予報が悪かったので、予備日22日へ順延いたしました。予報どおりの雨降りで始まりましたので、雨読の生活をしています。

14日にみどり学Ⅱ野外授業のバスツアーで、栃木県益子町へ行ってきました。今回の授業は、いつもと違って、益子の陶器の窯元見学でした。川崎市ともご縁のある人間国宝であった陶芸家浜田庄司の作品や蒐集された工芸品を、益子参考館で見学しました。陶芸に興味のある方は、じっくり見ていたい場所なのでしょうね。午後から、別の窯元を見学してから、最後に1時間ほど、散策して帰ってきました。

私は、陶器などには、興味・関心がないので、益子参考館、窯元の庭と散策中に見られた花を写して来ました。

ハクウンボク。
e0145782_17444784.jpg

ヤブデマリ。
e0145782_17452036.jpg

エニシダ。
e0145782_17454224.jpg

ミズキ。
e0145782_174601.jpg

ハナイカダ。雌雄別株。
雌花。
e0145782_17462378.jpg

雄花。
e0145782_17464485.jpg

ヒメコウゾ。雌雄同株。
左が雄花。右が雌花です。
e0145782_17475165.jpg

フジ。
花の下に、昨年熟さなかった果実がまだ残っていました。
e0145782_17482074.jpg

ミツバウツギ。
e0145782_1748499.jpg

コゴメウツギ。
e0145782_1749981.jpg

キンラン。
e0145782_17493284.jpg

ギンラン。
e0145782_1749549.jpg

ササバギンラン。
e0145782_1750131.jpg

ギンリョウソウ。
e0145782_17503223.jpg

フデリンドウ。
e0145782_17505019.jpg

ニョイスミレ。
e0145782_17511117.jpg

ヤグルマソウ。
e0145782_17513216.jpg

ウラシマソウ。
e0145782_17515676.jpg

なお、明日21日は、みどり学Ⅱワークショップ受講生有志で、横浜自然観察の森へ出かけます。明後日は、順延しました山の会の5月定例山行で、箱根神山・駒ヶ岳へ行く予定です。それぞれ、帰宅が遅くなりましたら、ブログをお休みさせていただきます。予想としては、2日間お休みする可能性が大きいですね。ご了承お願いします。
以上
by midori7614 | 2010-05-20 17:54 | 関東のみどり

箱根湿性花園の樹木の花

昨日18日は、かわさき市民アカデミーのサークル「葉っぱ会」の見て歩きで、厚木の七沢森林公園と七沢自然環境保全センターへ行ってきました。久しぶりの見て歩きの感じで、トチノキ、マルバウツギ、ミツバウツギ、ハコネウツギなどを、ゆっくり観察してきました。解散後、本厚木で反省会と称する飲み会をして、帰宅しましたら、21時になっていました。食事、入浴をしたら、疲れが出て、パソコンを開かずに、寝てしまいました。
本日は、お天気が下り坂ですので、家で過ごすつもりです。

今日のブログには、昨日に続き、「箱根湿性花園の樹木の花」を掲載します。相変わらず、やらねばならぬことが多く、時間の余裕がないので、名前と写真だけで、説明を省略します。

ズミ。
e0145782_5521630.jpg

クロフネツツジ。
e0145782_10102089.jpg

シロヤシオ。
e0145782_10104575.jpg

オトコヨウゾメ。
e0145782_10112478.jpg

シロヤマブキ。
e0145782_10115128.jpg

キバナウツギ。
e0145782_10121986.jpg

シャクナゲ。
e0145782_10124395.jpg

e0145782_1013243.jpg

ヒメシャクナゲ。
e0145782_1013256.jpg

イソツツジ。
e0145782_10134650.jpg

ようやく、箱根湿性花園が終りましたので、明日からは、栃木県益子町で見てきた花を掲載します。
以上
by midori7614 | 2010-05-19 10:14 | 関東のみどり

箱根湿性花園の山野草その2

本日も、良いお天気の青空を、恨めしく眺めながら、ようやく頼まれた仕事を片づけました。庭のシランが花盛りとなっている他、ミカン、カキノキも花をつけていました。

明日は、久しぶりに、かわさき市民アカデミーのサークル「葉っぱ会」の見て歩きで、厚木の七沢へ行く予定です。明日まで、良いお天気が続いてくれることを願っています。

今日のブログには、昨日に続き、「箱根湿性花園の山野草その2」を掲載します。時間の余裕がないので、名前と写真だけで、説明を省略します。

ヤマブキソウ。
e0145782_17113289.jpg

バイカイカリソウ。
e0145782_17115598.jpg

リュウキンカ。
e0145782_17121793.jpg

ハクサンタイゲキ。
e0145782_17124160.jpg

コンロンソウ。
e0145782_17131423.jpg

センダイハギ。
e0145782_17134186.jpg

ハマエンドウ。
e0145782_1714457.jpg

キクバクワガタ。
e0145782_1714261.jpg

イワヒゲ。
e0145782_17144586.jpg

ミツガシワ。
e0145782_1715724.jpg

サワオグルマ。
e0145782_1715286.jpg

コウホネ。
e0145782_17154872.jpg

ミズバショウ。
e0145782_17162287.jpg

ユキザサ。
e0145782_17164798.jpg

ルイヨウショウマ。
e0145782_1717970.jpg

ルイヨウボタン。
e0145782_17172924.jpg

チゴユリ、エビネ、アゼスゲ、ミヤマオダマキ、フウリンオダマキなども見られましたが、今回は掲載省略します。

なお、樹木の花で見られました、クロフネツツジ、シロヤシオ、オトコヨウゾメ、ズミ、キバナウツギなどは、明日に掲載させていただきます。
以上
by midori7614 | 2010-05-17 17:18 | 関東のみどり

箱根湿性花園の山野草その1

本日~明日は、青空を眺めながら、頼まれた仕事を片づけるのに、専念しています。見て歩きに出掛けるのは明後日になりますが、今度は、お天気がどうなりますか?お天気ばかりは、予定通りに行くはずがないので、仕方ないですね。

今日~明日のブログには、箱根湿性花園でみてきました山野草を2回に分けて、掲載します。時間の余裕がないので、名前と写真だけで、説明を省略します。

クロユリ。メシベの柱頭が3つ見える両性花。
e0145782_181233.jpg

クロユリ。オシベの花粉が見える雄花。
e0145782_18122825.jpg

ミヤマハナシノブ。
e0145782_18124887.jpg

ハクサンチドリ。
e0145782_18131062.jpg

クマガイソウ。
e0145782_18133524.jpg

シラネアオイ。
e0145782_18135749.jpg

オオバキスミレ。
e0145782_18141748.jpg

ヤマシャクヤク。
e0145782_18144436.jpg

エゾルリソウ。
e0145782_1815922.jpg

エゾムラサキ。
e0145782_18153154.jpg

エゾノツガザクラ。
e0145782_18155471.jpg

メアカンキンバイ。
e0145782_18161297.jpg

ユキワリコザクラ。
e0145782_18163441.jpg

サクラソウ。
e0145782_1817097.jpg

キヌガサソウ。
e0145782_1817184.jpg

以上
by midori7614 | 2010-05-16 18:18 | 関東のみどり

箱根湿性花園のヒマラヤの青いケシ

昨日~本日の2日間は、みどり学Ⅱ野外授業と頼まれ仕事で、忙しく過ごしてしまいました。昨日の栃木県益子町で見られたキンラン、ギンラン、ササバギンラン、ギンリョウソウなどは、これから整理して、来週に掲載するつもりです。

今日のブログには、5月10日にかわさき市民アカデミーのサークルみどり会と葉っぱ会の有志12名で、見てきました箱根湿性花園の花を掲載します。

ヒマラヤの青いケシ。
今回の最大のお目当ての花でした。咲き始めていて、良かったです。
八ヶ岳山麓の麦草峠では、7月に見られますが、箱根では5月に見られます。低温室内では、大阪の「此花咲くや館」では、ほぼ1年中、見られます。東京都薬用公園の低温室では、ガラス越しになりますが、5月に見られます。
e0145782_1815644.jpg

e0145782_1821225.jpg

e0145782_1822927.jpg

他に見られた外来品種の花を中心に、掲載します。
エーデルワイス。
原産地ヨーロッパアルプスなどで、オーストリア、スイスの国花的な存在の花です。
e0145782_183156.jpg

参考:日本自生のエゾウスユキソウ。
e0145782_1842377.jpg

四季咲きのコマクサ。
北米のコマクサと日本自生のコマクサを交配させて作出したものだそうです。
e0145782_1844415.jpg

e0145782_185078.jpg

参考:日本自生のコマクサ。
e0145782_1852695.jpg

アケボノフウロ。
原産地ヨーロッパのフウロソウ。
e0145782_186256.jpg

カタクリモドキ。
原産地北米で、花の形がカタクリの花を連想させるので、この名前になったとのことです。
e0145782_18103176.jpg

キバナホウチャクソウ。
国分寺の殿谷戸庭園にもありました。
e0145782_1864449.jpg

エンゴサクかキケマンの仲間と思われる名前不明の花。
花色がエゾエンゴサクみたいに、淡い青色で、きれいでした。
e0145782_187947.jpg

なお、日本自生のクロユリ、クマガイソウ、ミズバショウ、シラネアオイ、オオバキスミレ、ユキワリコザクラなどの山野草も沢山見られましたが、まだ、写真整理が遅れていますので、明日以降に、順次掲載させていただきます。
以上
by midori7614 | 2010-05-15 18:11 | 関東のみどり

東高根森林公園の樹木の花

本日は、午前中が雨降り、午後から晴れてきましたが、明日から2日間が出かける予定になっていますので、家でやらねばならないことを片づけるのに、専念することとしました。
それでも、沢山やらねばならぬことがたまっていますので、まだまだ片付かないですね。

今日のブログには、昨日掲載できませんでした、9日に見てきました「東高根森林公園の樹木の花」を掲載します。

ホオノキ。花の盛りは終っていますが、どうにか見られました。
e0145782_17153819.jpg

カマツカ。見ごろですね。
e0145782_17165646.jpg

山に咲く自然状態のフジ。
e0145782_17174281.jpg

藤棚のフジ。
e0145782_1718457.jpg

フジの花をアップ。マメ科の蝶形花ですね。メシベ1本、オシベ10本はどこにあるのでしょうか?
e0145782_17183645.jpg

ベニバナトチノキ。西洋トチノキ(別名マロニエ)とアカバナトチノキの交配品種です。まだ、日本自生のトチノキは、ここでは咲いていませんでした。
e0145782_1719112.jpg

ハクウンボク。エゴノキの仲間です。丁度見ごろでした。
e0145782_17193116.jpg

ミズキ。この木は見ごろでしたが、湿性地の見易いミズキはまだ咲いていませんでした。
e0145782_17195878.jpg

ニシキギ。地味な花ですね。同じ仲間のマユミはまだつぼみでした。
e0145782_17202725.jpg

カジノキの雌花序。雌雄別株。花弁のないメシベ1本の花です。
e0145782_17253054.jpg

コウゾの雌花序。雌雄別株。同じく、花弁のないメシベ1本の花です。コウゾはヒメコウゾとカジノキの交配品種です。だから、良く似ていますね。
e0145782_17255210.jpg

番外。カワセミ。最近は1羽しかいません。ペアになるかと思った、もう1羽はどこに行ってしまったのでしょうか?カワセミの世界も、婚活が大変なようですね。
e0145782_17283816.jpg

以上
by midori7614 | 2010-05-12 17:30 | 身近なみどり

東高根森林公園の山野草

本日は、天気予報どおりの雨降りで、休養兼後片付け日として、家の中で過ごしています。

ブログを休みました9日は、4月に苗を購入していた夏野菜のうち、トマト8本、キウリ6本、ナス2本を、やっとのことで植えました。元肥に鶏糞、油粕、配合肥料、米ぬかを敷きこみ、ビニールシートを張り、ポールを立ててから、植えますので、結構、1日仕事でした。夕方になって疲れましたので、小玉スイカ2本とゴーヤ2本は、今週中に植えることにして、またまた延期しました。
e0145782_18253272.jpg

キウリの苗は、もう花を開き、その下の部分には、もう実が大きくなり始めていました。
e0145782_18263599.jpg

夏野菜の植え付けの仕事をする前の9日早朝に、東高根森林公園を一回りしてきました。
今日のブログには、東高根森林公園の山野草だけを掲載します。樹木の花は、明日以降に掲載します。

昨日10日は、かわさき市民アカデミーのみどり会と葉っぱ会の仲間12名で、箱根湿性花園に行ってきました。ヒマラヤの青いケシ、エーデルワイス、コマクサ、クロユリなどの花を堪能してきました。この写真は、まだ整理できていないので、明後日から掲載したいと考えています。

キンラン。
e0145782_182999.jpg

ギンラン。
e0145782_18295678.jpg

ササバギンラン。
e0145782_18301988.jpg

チョウジソウ、
e0145782_18305280.jpg

オドリソウソウの蜜を吸うクマンハチ。
e0145782_18311477.jpg

オランダガラシの蜜を吸うアオスジ。
e0145782_1831429.jpg

ヒルザキツキミソウ。
e0145782_1832610.jpg

イカリソウ。
e0145782_1832277.jpg

クリンソウ。
e0145782_1832531.jpg

スカシユリ。
e0145782_18331557.jpg

シラン。
e0145782_18334499.jpg

カキツバタ。
e0145782_18341018.jpg

キショウブ。
e0145782_18343633.jpg

オモダカ。
e0145782_1835116.jpg

ワスレナグサ。
e0145782_18354095.jpg

ハルジオン。
e0145782_183651.jpg

他にも、エビネ、イモカタバミ、エンコウソウの花も見られましたが、省略します。
以上
by midori7614 | 2010-05-11 18:37 | 身近なみどり