のん木草・みどり見て歩き

<   2010年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

三つ池公園

本日から、2日間、関西からやってきている娘と孫二人に家族サービスを約束しています。
出発前に、今日のブログを掲載しておきます。

昨日は。良いお天気でしたので、午前中に、2年ぶりに、三つ池公園に、横浜緋桜と江戸彼岸の枝垂桜を見に行ってきました。ここは、いろいろな品種の桜が植えられていますので、長い期間、お花見が楽しめるお勧めのスポットです。

お目当ての横浜緋桜。
この桜は、横浜在住の白井さんという個人の方が、ヤマザクラ系の兼六園熊谷と寒緋桜を交配させて、作出されたものです。
中の池と下の池の堰堤に植栽されている横浜緋桜。
e0145782_7193293.jpg

e0145782_722842.jpg

上ノ池に植栽されている横浜緋桜。
e0145782_7224194.jpg

e0145782_723046.jpg

花広場のシンボルツリーの江戸彼岸の枝垂桜。
e0145782_7233098.jpg

e0145782_7235130.jpg

e0145782_7241318.jpg

e0145782_7243385.jpg

2代目として、近くに植えられている江戸彼岸の枝垂桜。
e0145782_725311.jpg

中ノ池の大島桜。
良い香りを放っていました。この匂いは大好きです。
e0145782_725274.jpg

e0145782_7254993.jpg

e0145782_726775.jpg

上ノ池に咲いていた桜。
名札が付いていませんでしたが、多分、コシノコヒガンサクラではないかと思いました。
e0145782_7264825.jpg

e0145782_727842.jpg

冬桜も咲き残っていました。
e0145782_7273934.jpg

染井吉野は、まだ3分咲き程度でした。
正門近くの下ノ池の染井吉野。
e0145782_728643.jpg

ハナモモも咲いていました。
e0145782_7282959.jpg

e0145782_7285065.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-31 07:30 | 身近なみどり

城山カタクリの里の花

本日は、久しぶりに快晴の良いお天気となりました。昨日の新雪で、真っ白になっている富士山や丹沢などの山を眺めに、高尾山または大山にでも、行きたかったです。しかし、明日からの1週間に、私が案内人を勤める行事がいくつかありますので、滑って転んで怪我をすることが出来ないので、山行きは断念しました。桜の花を追いかけて、三つ池公園、新宿御苑、地元の二ケ領用水沿いを見て歩きしてきました。この写真は、整理してから、後日掲載します。

今日のブログには、昨日に引き続き、26日城山カタクリの里で、カタクリ以外に見られた花を掲載します。

ショウジョウバカマ。
e0145782_17342761.jpg

イワウチワ。
e0145782_173506.jpg

ヒトリシズカ。
e0145782_17352395.jpg

シュンラン。
e0145782_17354723.jpg

オオバキスミレ。
e0145782_17361056.jpg

ミツマタ。
e0145782_17363529.jpg

紅花ヤシオツツジ。
e0145782_17365857.jpg

クスノキ科クロモジ属の3兄弟。
クロモジ。
e0145782_17372088.jpg

ダンコウバイ。
e0145782_17375226.jpg

アブラチャン。
e0145782_17381788.jpg

スモモ。
e0145782_1738474.jpg

キブシ。雄花。
e0145782_17391062.jpg

ウグイスカグラ。
e0145782_17393226.jpg

ヤマブキ。
e0145782_1740072.jpg

ミヤマシキミ。ミカン科。
e0145782_17402165.jpg

シキミ。シキミ科。
シキミと同じ名前が付いていても、違う種類です。植物の名前には、このような事例が沢山ありますね。
e0145782_17405062.jpg

他にも、オオミスミソウ、コバイモソウ、マメザクラ、コヒガンザクラ、ハナモモ、豊後梅、シデコブシ、コブシ、ハクモクレンなども見られましたが、省略しました。
以上
by midori7614 | 2010-03-30 17:41 | 関東のみどり

城山カタクリの里のカタクリ

本日は、昼頃に少し薄日が差しましたので、出かけようかなと外に出ましたが、小雨が降りだしたので、外出を控え、みどり学Ⅱワークショップの受講生への連絡レターを完成させて、発送しました。

今日のブログには、26日に、かわさき市民アカデミーのサークル「みどり会」の見て歩き行事として、会員11名で見てきました城山カタクリの里のカタクリだけを掲載します。
カタクリ以外に見られた花は、明日に掲載します。

行程は次のとおりです。
橋本駅北口9:30→(バス20分)→城山カタクリの里(カタクリ他見学・昼食)12:10→(歩き1時間)→城山湖→(歩き1時間)→14:20城山カタクリの里14:30→(バス20分)→橋本駅北口(15時前解散)

城山カタクリの里は、乱開発で消えた里山の自然を個人で守りぬいた里山です。裏山の北斜面3000㎡一面に30万株ものカタクリが自生し、ゆるやかな遊歩道が頂上へとつづきます。
e0145782_178538.jpg

e0145782_178277.jpg

カタクリの花は良く晴れた日に咲き、花びらは開いてそり返り、かごを傾けたように見えることから古くは「堅香子」と呼ばれます。しかし、当日は曇天で、ほとんどが閉じていました。昼頃に日が差し始め、少し反り返っている花を見つけて、写真を撮りました。外花被片(萼片)3枚、内花被片(花弁)3枚、オシベ6本、メシベ1本だが柱頭が3裂している。果実の形態からメシベ(子房)は3個が合着したもの。ユリ科特有の3数性の花です。この写真でお判りでしょうか? 
e0145782_1785684.jpg

e0145782_1791152.jpg

e0145782_1792694.jpg

白花のカタクリもありましたが、閉じていました。キバナカタクリも沢山植えられていましたが、まだつぼみでした。

カタクリについて、調べましたことを、記載しておきます。

○カタクリ: ユリ科カタクリ属カタクリ
春だけ地上部(葉、茎、花など)が見られ、5月末前後に果実が熟して地上部は 姿を消し、翌春まで地下に鱗茎、根を残して休眠に入るいわゆる「春植物」です。
北海道から九州の各地、朝鮮から中国にも分布する多年生草本。早春に斑のはいった特徴ある葉を展開し、可憐な花を咲かせる。初夏には葉を失い、夏眠する。結局の所、一年間の内、春の数ヶ月しか地上に姿をあらわさない。このようなライフサイクルは、落葉広葉樹における生育に良く対応している。落葉広葉樹が葉を展開し始める4月のはじめ頃、光環境はすでに春分の日(3月20日頃)を過ぎており、随分と太陽高度も上がって日照時間も長い。カタクリは、十分な日照条件と温度が揃った、わずか数週間を中心とした時期に高能率の生産を行っている。

カタクリは、日本各地の山野や山すそに自生する多年草で、鱗茎(りんけい)は、地下に埋もれていて、数個の白色で肉質の鱗片(りんぺん)が重なっています。
早春に鱗茎(りんけい)より1本の茎を出して、葉は1~2枚で対生(たいせい)して、長柄がありますが地中にあり、地上部に見える部分は楕円形の葉の部分です。
葉は、厚くて上面には淡緑色で紫色の斑紋(はんもん)があって、2枚の葉の間から20センチくらいの花茎(かけい)が伸びます。
早春に、この花茎(かけい)の先端に直径4~5センチの淡紫色の花を少し下向きにつけます。
花の花被片(かひへん)は、6枚で開花後徐々にシクラメンのように外側に反転します。

カタクリは、5~6月に鱗茎(りんけい)を掘り取り、外皮を除いて砕き、すり鉢でさらにこまかく砕いて水を加えて、木綿袋でこして、白く濁った水をそのまま放置して、デンプンが下に沈んだら、うえの澄んだ水を捨てます。
この作業を数回繰り返して、乾燥したものが良質のカタクリデンプン(片栗粉(かたくりこ))になります。

現在の片栗粉(かたくりこ)は、ジャガイモから採ったデンプンを使用しています。

外用には、すり傷、できもの、湿疹(しっしん)にはデンプンを患部にふりかけます。
かぜ、下痢、腹痛の後の滋養には、カタクリデンプンと水と砂糖を適量加えて、よくこねて、熱湯をいれて、くず湯にして飲みます。
この葛湯(くずゆ)の、薬効効果は、嘔吐、下痢、胃腸炎、滋養などで、病後などには効果があります。

食べ方:カタクリの全草を採取して、よく洗い、さっと茹でてから、おひたし、天ぷら、油いため、汁の実、あえもの、酢の物、煮びたしなどにします。
カタクリは、食べ過ぎると、下痢をおこす場合がありますので、旬の味を楽しむ程度が適量です。

○東京近郊のカタクリの分布条件は?
1.光条件:カタクリの葉の展開期、日照を得て光合成できる落葉広葉樹林(雑木林)の林床
2.温 度 :カタクリの休眠期、落葉広葉樹林の林冠がおおわれ、林外より涼しく保たれる。更に、北斜面は、「夏、日が当らず涼しい」。
3.水環境:「沖積錐の上では、上部の谷筋から水分がつねに供給されて、夏には水分が蒸発して気化熱を奪うため、地温が高くならない」。
まとめ: 1)北斜面、2)雑木林の林床、3)沖積錐のなだらかな斜面

○カタクリが減少した原因。
個人が採取する程度では、大きな影響を与えることはないと思う。カタクリの減少は、落葉広葉樹の雑木林が常緑広葉樹林へと遷移してきたことが大きな要素であり、林内の光環境が変化してきたためであると考えた方が良さそうである。

以上
by midori7614 | 2010-03-29 17:11 | 関東のみどり

神代植物公園の椿園

本日は、大家族9名で、東高根森林公園へ遊びに行きましたが、ブランコや滑り台のお相手でと孫の写真撮影で帰ってきました。シャガが咲いていましたが、気温は冷たく、帰宅して、家の中の温かさにほっとしました。
息子家族が夕食を済ませてから、帰りましたので、ようやくパソコンに向き合う時間が取れました。

今日のブログには、3月22日に、見てきました「神代植物公園の椿園の花」を掲載します。ここも、いろいろな種類の椿が見られる良いところです。

明石潟。
e0145782_19284140.jpg

e0145782_19285647.jpg

絞乙女。
e0145782_19291730.jpg

本所白。
e0145782_19293737.jpg

笠松。
e0145782_19302039.jpg

オランダ紅。
e0145782_19303890.jpg

淡路島。
e0145782_193057100.jpg

白菊。
e0145782_1931166.jpg

黄覆輪紅唐子。
e0145782_19313484.jpg

見驚。
e0145782_1932120.jpg

斑入春曙光。
e0145782_19322110.jpg

白玉絞。
e0145782_19324357.jpg

鹿児島。
e0145782_1933515.jpg

崑崙黒。
e0145782_19332693.jpg

蝦夷錦。
e0145782_19334697.jpg

獅子頭。
e0145782_1934577.jpg

宝合。
e0145782_19342593.jpg

紅牡丹。
e0145782_1934506.jpg

太郎冠者。
e0145782_1935987.jpg

蓮見白。
e0145782_1935291.jpg

眉間尺。
e0145782_19354642.jpg

胡蝶侘助。
e0145782_1936780.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-28 19:37 | 関東のみどり

神代植物公園の樹木の花

本日の午後から、調布に住んでいる息子家族が、関西から来ている娘と孫2人と遊ぶために、1泊2日の予定でやってきます。日頃、二人暮らしなのが、今日~明日は、9人の大家族になり、お正月以来の賑やか・喧騒になりそうです。
午後から、何かと忙しい2日間になりそうなので、パソコンに向き合う朝飯前の時間のあるうちに、ブログを掲載しておきます。

今日のブログには、22日午後に見てきました「神代植物公園の春の樹木の花」を掲載します。

ヒカゲツツジ。
e0145782_7211882.jpg

コブシ。
e0145782_720315.jpg

レンギョウ。
e0145782_7214490.jpg

オオカンザクラ。
e0145782_722895.jpg

e0145782_7222311.jpg

神代曙。この桜は東京市長がアメリカへワシントンへ桜を寄贈した桜から、アメリカで作出された品種が東京都へ里帰りして、都立公園であるここに植栽されたものです。この公園の自慢の桜となっています。
e0145782_7225185.jpg

エドヒガンの枝垂桜。
e0145782_7231488.jpg

e0145782_7232922.jpg

ハナモモ。
e0145782_7235127.jpg

e0145782_724636.jpg

e0145782_7242249.jpg

クロモジ。
e0145782_7245111.jpg

e0145782_7251439.jpg

e0145782_7253014.jpg

セイヨウシャクナゲ。
e0145782_726164.jpg

e0145782_7261649.jpg

e0145782_7263087.jpg

e0145782_7264649.jpg

ボケ。
e0145782_7271280.jpg

e0145782_7272655.jpg

e0145782_7274039.jpg
e0145782_7275235.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-27 07:30 | 関東のみどり

多摩森林科学園

昨日に、関西に住んでいる娘と孫二人が春休み10泊11日の予定で、我が家に来ました。お正月以来の賑やかになりました。
私個人の方は、24日に予定していたみどり会の「城山カタクリの里見て歩き会」が、本日に雨天順延となっていましたので、本日は不安定なお天気でしたが、予定どおり実施してきました。明日からは、家族との生活を重視して、植物の見て歩きはかなり制限されそうです。なお、本日撮影した写真はこれから整理し、近日中に掲載させていただきます。

今日のブログには、多摩森林科学園の花を掲載します。

3月22日は快晴の良いお天気で、23日から曇り空や雨降りになる予報でしたので、午前中に、早咲きの桜を見るために、高尾の多摩森林科学園へ行ってきました。

丁子桜(チョウジサクラ)。この桜は、あまり見る機会が少ないのですが、日本に自生する自然種9種の一つです。
e0145782_1738112.jpg

寒緋桜(カンヒザクラ)。台湾原産の自然種です。この桜との交雑種が早咲きの桜です。
e0145782_17383251.jpg

エドヒガン。日本に自生する自然種9種の一つです。
e0145782_17385679.jpg

豆桜(マメザクラ)。近づけなかったので、咲いていたという証拠写真です。
e0145782_17391913.jpg

オカメザクラ。
e0145782_17394055.jpg

ツバキカンザクラ。
e0145782_1740339.jpg

修善寺寒桜。
e0145782_17402767.jpg

紅彼岸。
e0145782_17405746.jpg

藪桜(ヤブザクラ)。
e0145782_17412288.jpg

クルサル。
e0145782_17414312.jpg

霧社桜(ムシャザクラ)。
e0145782_1742297.jpg

霧社桜の大木。
e0145782_1742205.jpg

冬桜。
e0145782_17424273.jpg

啓翁桜。
e0145782_17462143.jpg

桜以外で、見られた花。
ハナノキ。
e0145782_17431397.jpg

ロッコウヤナギ。
e0145782_17433472.jpg

モクレイシ。
e0145782_17435685.jpg

ミヤマウグイスカグラ。毛が生えているのが特徴です。毛がなければ、ウグイスカグラです。
e0145782_17442398.jpg

花盛りのカツラの樹冠。
e0145782_17444512.jpg

ユスラウメ。
e0145782_1745895.jpg

シュンラン。
e0145782_17453564.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-26 17:48 | 関東のみどり

神代植物公園の春の草花

本日も雨降りですが、午後に、私の所属する小さな山の会の年1回の総会があります。今後1年間の会長を引き受けることに内定していますので、引継ぎに行かねばなりません。丁度、午後に、関西から娘と孫二人が、新横浜駅に着くのですが、今回は迎えに行くことが出来ません。総会後の帰宅も遅くなりそうですし、帰宅しても、娘や孫との話もはずみそうなので、パソコンに向かう時間はなさそうです。余裕時間のある出かける前に、ブログを掲載しておきます。

3月22日の午前に見て歩きしてきました「多摩森林科学園」の写真は、明日に掲載させていただき、その前に、22日午後に見てきました「神代植物公園の春の草花」を掲載します。
なお、神代植物公園の樹木の花、椿の花につきましては、明後日以降に掲載させていただきます。

キクザキイチゲ。
e0145782_9533618.jpg

e0145782_9535313.jpg

アズマイチゲ。
e0145782_9541741.jpg

ショウジョウバカマ。
e0145782_9543834.jpg

カタクリ。
e0145782_955579.jpg

オオミスミソウ。
e0145782_9553147.jpg

ニリンソウ。
e0145782_9555127.jpg

ハラン。
e0145782_9561327.jpg

クリスマスローズ。
e0145782_9563844.jpg

e0145782_9565318.jpg

ヒトリシズカ。
e0145782_9572130.jpg

フッキソウ。
e0145782_9574798.jpg

番外。
カワセミ。
e0145782_9581385.jpg

e0145782_958271.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-25 10:00 | 関東のみどり

氷室椿庭園の椿 その2

晴天も本日までで、明日から3日間は太陽も顔を出しそうもない天気予報でしたので、午前中に多摩森林科学園、午後から神代植物園の見て歩きをしてきました。この写真は、これから整理して、今週中に、掲載したいと考えています。

今日のブログには、昨日に引き続き、氷室椿庭園の椿を掲載します。椿の品種数は2千以上と言われていますので、名前を覚える必要はないのですが、名札が付いておりましたので、ご参考までに、記載しておきます。

氷室雪月花。
この椿庭園の持ち主であった氷室氏が作出した品種とのこと。
e0145782_17591584.jpg

春日野。
e0145782_17594191.jpg

老松。
e0145782_180121.jpg

越の里。
e0145782_180221.jpg

孔雀椿。
e0145782_1805212.jpg

京小町。
e0145782_1811582.jpg

大虹。
e0145782_1813923.jpg

サンダイアル。
e0145782_182029.jpg

日月星。
e0145782_1822090.jpg

迦陵頴。
e0145782_1824412.jpg

蓮見(白)。
e0145782_183815.jpg

花車。
e0145782_1833054.jpg

都鳥。
e0145782_184268.jpg

太郎庵。
e0145782_1842499.jpg

緋縮緬。
e0145782_1844687.jpg

こうみょう。
e0145782_1851047.jpg

旭鶴。
e0145782_1853791.jpg

抜筆。
e0145782_1855999.jpg

天人松島。
e0145782_1862111.jpg

京小袖。
e0145782_1864678.jpg

番外。
魚柳梅。
e0145782_1871385.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-22 18:08 | 関東のみどり

氷室椿庭園の椿・その1

本日は、春の嵐が過ぎ去った後、青空になりましたので、東高根森林公園、生田緑地、広福寺などを見て歩きして来ました。キクザキイチリンソウ、ミスミソウ、カツラの花も見ごろを過ぎ、ハクモクレン、コブシ、トサミズキ、ヒュウガミズキ、レンギョウ、アブラチャン、ハナモモ、アンズ、ウグイスカグラが満開になり、ベニスモモ、オオシマザクラ、カタクリ、ニリンソウ、ヒトリシズカ、ジロボウエンゴサク、ムラサキケマンなども咲き始めました。花の見て歩きも、いよいよ忙しくなってきました。この写真は、明後日以降に、掲載させていただきます。

今日と明日のブログには、掲載が遅れ遅れになりました「氷室椿庭園の椿」を2回に分けて、掲載させていただきます。

3月14日、南足柄で早咲きの桜・春めきを見てから、小田原で昼食をして、午後から茅ヶ崎の氷室椿庭園へ立ち寄ってきました。50種類ほどの椿を見てきましたが、きれいな花を付けていた椿45種を、2回に分けて掲載します。名札が付いていましたので、品種名を紹介しますが、覚える必要はありません。でも、何回か、繰り返し、見ていると門前の小僧みたいに、自然に覚えてしまうものもありますね。

京錦。
e0145782_19174616.jpg

敢国。
e0145782_1918665.jpg

紅葉賀。
e0145782_19182542.jpg

フレークランド・ピンク。
e0145782_19184450.jpg

藤間。
e0145782_1919348.jpg

昭和の光。
e0145782_19192326.jpg

白楽天。
e0145782_1919426.jpg

むらすずめ。
e0145782_1920224.jpg

御国の誉。
e0145782_19202512.jpg

白頭山。
e0145782_19204641.jpg

ヌラソニア ナルプラ。
e0145782_1921949.jpg

天人椿。
e0145782_1921323.jpg

本村(ピンク)
e0145782_19235895.jpg

岩根絞。
e0145782_19242281.jpg

羽衣。
e0145782_19244337.jpg

京唐子。
e0145782_1925160.jpg

崑崙黒。
なお、有名な黒椿は、4月~5月に咲くと言われており、まだまだ固いつぼみでした。
e0145782_1925247.jpg

出羽大輪。
e0145782_19254680.jpg

春の夢。
e0145782_1926711.jpg

大黒天。
e0145782_19262738.jpg

メヤリ キヨノ。
e0145782_19264577.jpg

明石潟。
e0145782_19271296.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-21 19:28 | 関東のみどり

日影~城山~高尾の山歩き

本日は、遅れ遅れになってしまったお彼岸のお寺のお墓参りと実家の仏壇参りに行ってきました。東高根のカツラの花を見に行こうかなと思って帰宅しましたが、午後から、風が強くなりましたので、見て歩きは断念しました。

今日のブログには、14日に見てきました氷室椿庭園の椿を掲載しようと思っていましたが、日影~城山~高尾の写真の整理もできましたので、こちらを先に掲載します。

18日は、私が所属する山の会の3月定例山行で、日影~小仏城山~高尾山を、仲間5名で歩いてきました。先日15日に、サークル葉っぱ会の見て歩きで、小下沢と日影沢でも見たハナネコノメ、アズマイチゲ、ユリワサビ、コチャルメルソウ、スミレ、アブラチャンの他に、キクザキイチゲ、ヤマエンゴサク、ショウジョウバカマ、セントウソウ、カンアオイ、エイザンスミレ、ダンコウバイ、ウグイスカグラ、キイチゴ、モミジイチゴ、キブシなどを見ることが出来ました。今日は、それぞれの説明の記載は省略させていただきます。

ハナネコノメ。
e0145782_1656836.jpg

ネコノメソウ。
e0145782_1656361.jpg

ヨゴレネコノメ。359
e0145782_1657225.jpg

アズマイチゲ。
e0145782_16571749.jpg

キクザキイチゲ。
e0145782_1742787.jpg

ユリワサビ。
e0145782_1658012.jpg

コチャルメルソウ。
e0145782_16581965.jpg

ヤマエンゴサク。
e0145782_16585348.jpg

ショウジョウバカマ。
e0145782_16592366.jpg

エンレイソウ。
e0145782_16595017.jpg

カンアオイ。
e0145782_1701819.jpg

エイザンスミレ。
e0145782_1705569.jpg

スミレの仲間。
e0145782_1711592.jpg

ダンコウバイ。
e0145782_17223.jpg

アブラチャン。
e0145782_17529.jpg

ウグイスカグラ。
e0145782_1722828.jpg

キイチゴ。
e0145782_1725540.jpg

モミジイチゴ。
e0145782_1731855.jpg

キブシ。
e0145782_1734416.jpg

以上
by midori7614 | 2010-03-20 17:09 | 関東のみどり