のん木草・みどり見て歩き

<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

小石川植物園の梅

昨日30日に、小石川植物園で撮影してきました梅の花を整理してみました。

梅の品種分類について
 和名ウメ、学名Prunus mume 英名Japanese apricot(日本のアンズ)、
中国名 梅(メイ) バラ科サクラ属の落葉高木。
 樹皮はかたく、多数の枝を出す。葉は互生、葉に先立って開花する。花の色は白、淡紅、紅色、濃紅色、一重咲き、八重咲きなど園芸品種は300種以上ある。一重咲きの花は、蕚片、花弁ともに5枚、メシベ1本、オシベ多数。

 梅の分類には、「植物学的分類」と「園芸上の分類」がある。
(1)植物学的分類
 故牧野富太郎博士は、ウメを次のようないくつかの変種に分類している。
①豊後梅 アンズとウメの雑種。
②小梅 葉も花もふつうのものより小柄で、果実も小さい。
③てっけん梅 花弁は蕚片より小さく、いわゆるしべ咲きとなる。
④座論梅 八房ともいい、一つの花中に子房が数個あり、一つの花から数個結実する。
⑤緑蕚梅 青軸ともいい、蕚が緑色を帯び、新梢も緑色を呈する。

(2)園芸上の分類
果実の収穫を目的とする「実梅」と、観賞を目的とする「花梅」に分ける。さらに、「花梅」を木の性状により、次の7種類の「性」に分ける。
①野梅性(原種に近い、葉が比較的小さく、枝もよく出て、香りが良い、花は中輪で白色が多い) 
②紅筆性(つぼみが筆の先のようにとがり、紅色になる) 
③難波性(葉が丸く、枝が細かい、香りが良い、花は白色が多いがまれに淡紅色) 
④青軸性(つぼみが緑白色、枝は濃い緑色) 
⑤豊後性(杏との自然雑種、枝が太く、葉は丸く大きい、葉に毛がある、花は大輪で淡紅色)
⑥杏性 (杏との自然雑種、枝は豊後性よりやや細い、葉は大きくなめらか、花は中輪で淡紅色) 
⑦紅梅性(枝は細く密に出る、枝の断面の中心部髄が紅色、花は多くは中輪で紅色)  

以上の性のほか、性とは関係なしに葉や枝の色形の変化で枝が垂れ下がるものを「枝垂れ」、葉の形が本来のウメと異なるもの、あるいは斑入り、絞りなど色の変化のあるものを「葉変わり」、新しい枝に黄白色の斑が入り、冬に紅色となるもの「錦性」、新しい枝に筋状の斑が入るものを「筋入り」という。また、竜が臥したように枝が地をはうものを「臥竜梅」という。

後日、品種別に整理してみたいと思いますが、本日は時間がないので、掲示されていた品種名と写真だけ、掲載します。

未開紅.
e0145782_1604651.jpg

八重海棠。
e0145782_161564.jpg

雪の曙。
e0145782_1621626.jpg

都錦.
e0145782_1625054.jpg

大盃。
e0145782_163151.jpg

春日野。
e0145782_1634385.jpg

白鷹。蜜蜂が蜜を吸いにやって来ていました。
e0145782_1641794.jpg

雪月花。
e0145782_1644350.jpg

古郷の錦。
e0145782_1651145.jpg

道知辺。
e0145782_1653713.jpg

寒紅梅。
e0145782_1663063.jpg

扇流し。
e0145782_1665465.jpg

思いのまま。花弁の1枚だけが紅です。
e0145782_1671711.jpg

古今集。
e0145782_1674777.jpg

花香実。
e0145782_1681726.jpg

冬至。
e0145782_1684832.jpg

緋梅。
e0145782_1691292.jpg

寒衣。
e0145782_1694561.jpg

紅冬至。
e0145782_16102197.jpg

月の桂。
e0145782_16104999.jpg

大湊。
e0145782_16111726.jpg

長寿。
e0145782_16114381.jpg

緋の司。
e0145782_1612917.jpg

黒雲。
e0145782_16125175.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-31 16:14 | 関東のみどり

小石川植物園の寒桜

今朝、サークル活動のみどり会と葉っぱ会の2月会報を作成し、会員への送信や投函を済ませました。良いお天気も今日限りとの天気予報でしたので、昼から、久しぶりに、小石川植物園に行ってきました。
お目当ての寒桜の他に、梅、マンサク、ロウバイ、オウバイ、ウンナンオウバイが咲いていました。行く所がなくて、困っておられる方には、小石川植物園はお勧めです。
今日のブログには、とりあえず寒桜だけを掲載します。梅やマンサクは明日以降に掲載させていただきます。

寒桜の花は小輪の一重咲きで淡紅色をしています。暖地では1月中旬から花が咲きだす桜で、熱海に沢山植えられている関係で、熱海桜とも呼ばれます。寒緋桜と山桜の雑種と推定されています。

寒桜の樹形。
e0145782_1940676.jpg

満開に近い大枝。
e0145782_19402864.jpg

花を沢山付けている枝。
e0145782_1941183.jpg

e0145782_19412054.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-30 19:42 | 関東のみどり

大船植物園温室の花

本日は、所用があり、見て歩きに出かけませんでした。
昨日に引き続き、温室で見られた花を掲載します。

ドンベヤ ワリッチー。マダガスカル原産の花。初めて見た花です。
e0145782_1613654.jpg

ウオール フラワー。ハイビスカスの仲間ですが、このような色の花弁ははじめて見ました。
e0145782_1615855.jpg

パイナップルの仲間の花。
e0145782_1622080.jpg

カトレア。
e0145782_1624067.jpg

ブーゲンビリア。赤いきれいなのは葉(苞)で、白い小さな2個が花です。
e0145782_163280.jpg

ヒメアリアケカズラ。
e0145782_1632431.jpg

ネムノキの仲間。
カリアンドラ エマルギナタ。
e0145782_1634619.jpg

カリアンドラ スリナメンシス。
e0145782_1641123.jpg

ハエアトケファラ。
e0145782_1643231.jpg

ベニゴウカン。
e0145782_1645210.jpg

ハイビスカスの仲間。
e0145782_1651297.jpg

e0145782_1652822.jpg

e0145782_165431.jpg

e0145782_1655952.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-23 16:08 | 関東のみどり

大船植物園の展示室の花

本日は、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱ野外授業で、T先生の案内で明治神宮の森を見て歩きしてきました。イチイガシ、サカキ、ヒサカキ、ケヤキ、モミ、オオアカガシ、クスノキ、ヒノキ、サワラ、スダジイ、サイカチ、ソメイヨシノ、テイカカズラ、イヌマキなどを見ながら、いろいろ植物に関する知識や観察方法を教えていただきました。写真はあまり撮れませんでしたので、撮影した写真を後日掲載するかどうかは今後考えます。

今日のブログには、20日大船植物園の展示室に植えられていた春の花を紹介します。この展示室は、少し暖房がされている室内であることから、一足早い春の花が見られました。

タマナワザクラ。
玉縄桜(タマナワザクラ)は大船植物園でソメイヨシノの実生から選抜育成された桜で、寒い時期から咲き始め、花期が2月~3月と約1ヶ月超と長く楽しめる。
王禅寺ふるさと公園に10数本、麻生区役所中庭に1本が植えられている。
e0145782_185456.jpg

サクラソウ科の寒桜。
e0145782_1852727.jpg

リュウキュウシロスミレ。
e0145782_186635.jpg

カントウタンポポ。
e0145782_1863474.jpg

シロバナタンポポ。
e0145782_1865965.jpg

オキザリス・バーシカラー。
e0145782_1872273.jpg

Iphetom sessile。
e0145782_1874443.jpg

ラッパスイセン。
e0145782_188493.jpg

ジンチョウゲ。
e0145782_1882492.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-22 18:09 | 関東のみどり

大船植物園の花

昨夜から急用が発生し、出かけておりましたので、ブログを1日お休みしました。

昨日20日、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱ受講生有志のサークルである葉っぱ会で、大船植物園へ行ってきました。見るべきものが少ない時期でしたが、次のような花が見られました。

オオミスミソウ。
ミスミソウは、キンポウゲ科に属する山地の木陰に生える多年草です。和名はその三角形の葉に由来し、早春のまだ雪が残っている時期に花を咲かせることからユキワリソウとも呼ばれています。オオミスミソウは、落葉広葉樹の下などに自生するミスミソウの変種で本州の日本海側に多く、ミスミソウより、全体が大きく、花も白、紫、紅、藍など色の変化が多いようです。茎の先に花をつけますが、花びら状に見える構造は萼で、花弁ではありません。目黒の自然教育園、東高根森林公園などでも、時期が多少ずれますが、見ることができます。
e0145782_17201762.jpg

e0145782_17203443.jpg

レンギョウ。
e0145782_1721151.jpg

ロウバイ。
e0145782_17212194.jpg

ヒイラギナンテン。
e0145782_17214339.jpg

セイヨウシャクナゲ。
e0145782_17221176.jpg

三波川冬桜。
e0145782_17223733.jpg

品種名「水心鏡」と言う梅。
e0145782_1723540.jpg

品種名「玉牡丹」と言う梅。
e0145782_17232778.jpg

品種名不明の白梅。
e0145782_17235050.jpg

品種名「熊谷」と言うツバキ。
e0145782_1728957.jpg

品種名「立寒椿」と言うサザンカ。
e0145782_17243287.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-21 17:29 | 関東のみどり

昭和記念公園

昨夜のテレビニュースで、昭和記念公園のセツブンソウが咲き始めたと紹介されましたので、本日見に行ってきました。他にも、フクジュソウも咲き始めていました。見ごろは、まだこれからですので、興味のある方はどうぞお出掛け下さい。

セツブンソウ。
主に石灰岩地の樹林内に群生する高さ5~15cmの多年草。地中に球形の塊茎がある。根生葉は花茎とは別に出て、掌状で幅3~5cm、3全裂し、更に、細裂する。茎葉は花茎の上部に2個対生し、3深裂し、長さ幅ともに3~4cm。茎先に直径約2cmの白い花を開く。花弁状の部分は萼片で5個あり、卵形で長さ1~1.5cm、花弁は2~4裂し、先端は黄色の蜜腺に変化している。オシベは紫色で多数、メシベは2~5個。
e0145782_1951216.jpg

e0145782_19513731.jpg

フクジュソウ。
山地のやや明るい落葉樹林内などに群生する高さ10~25cmの多年草。根茎は黒褐色で太く、多数のひげ根を束生する。茎は太く直立する。葉は長柄があり、3~4回羽状に細裂する。根生葉はない。茎先に黄色い花を1~数個上向きに開く。花は直径約3~4cm。花弁は10~20個、萼片より長く、黄色で金属光沢がある。萼片は帯暗紫緑色で数個。花は日が当たっている時だけ開く。園芸品種が多い。赤褐色の花で、秩父紅という品種もある。
e0145782_1952412.jpg

e0145782_19522056.jpg

ニホンスイセン。
e0145782_19524232.jpg

e0145782_19525790.jpg

スノードロップ。
e0145782_19532010.jpg

e0145782_19533729.jpg

公園高台から見られた富士山。
e0145782_19535882.jpg

他にも、ロウバイ、白梅が咲いていました。
以上
by midori7614 | 2010-01-16 19:56 | 関東のみどり

湯河原・幕山

昨日14日は、私が所属する小さな山の会の1月定例山行で、湯河原・城山へ行く予定でした。しかし、計画していた登山道が土砂崩れで通行禁止となっていることを湯河原観光案内所で確認できましたので、急遽、計画変更し、幕山を歩いてきました。
今年一番の寒気到来の天気予報でしたので、それなりの覚悟をして、朝5時に起床し、6時20分に家を出て、寒い中を駅まで20分ほど歩きました。既に、空は明るくなっており、風も穏やかでしたので、体感温度ではそれほど寒くは感じませんでした。
湯河原梅林~一の瀬(山の神)~大石平~南郷山分岐~幕山頂上~幕山一周~湯河原梅林の7.5km(標準歩行時間2時間半)のコースを休憩時間含めて4時間半かけて、ゆっくり見て歩きしてきました。

湯河原梅林の梅祭りは、2月6日~3月14日ですので、梅林にはほとんど花はありませんが、早咲きの梅がチラホラ咲き始めていました。
「八重寒紅」
e0145782_14465478.jpg

e0145782_14471059.jpg

品種名は冬至かどうかはっきり判りませんが、白梅も咲いていました。
e0145782_14473556.jpg

植栽されたツバキが沢山咲いていました。
e0145782_14485374.jpg

e0145782_14491969.jpg

湯河原梅林から見上げた幕山。
e0145782_14494370.jpg

山頂近く山道は凍っていました。山道の霜柱です。
e0145782_1450572.jpg

山頂近くでは、ミヤマシキミ(ミカン科)がこれから咲く花芽と、昨年咲いた分の赤い実の両方が見られました。
e0145782_14503153.jpg

e0145782_14504734.jpg

オオバヤシャブシの冬芽(先端から葉芽、雌花の芽、大きな雄花の芽)と実カラ。
e0145782_14511232.jpg

標高626mの山頂からは、伊豆半島、初島、大島が眺められました。
e0145782_14515044.jpg

湯河原、真鶴の町と真鶴半島も真下に眺められました。
e0145782_14521061.jpg

下山してきましたら、ロッククライミングの練習をしている岩場がありました。
e0145782_1452342.jpg

e0145782_14525197.jpg

湯河原梅林公園の斜面には、ニホンスイセンが植えてありました。
e0145782_14531824.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-15 14:55 | 関東のみどり

神代植物公園温室の花

本日は、午前中が寒い曇り空でしたので、風邪を引きたくないので、出かけるのをやめて、テレビで高校サッカーなどを見て、のんびり過ごしています。

今日のブログには、引き続き、神代植物公園温室で見られた花を掲載します。冬の寒い時期には、温室のある植物園は良いですね。

金花茶。
e0145782_1659487.jpg

ゴクラクチョウカ。
e0145782_16593435.jpg

サンタンカ。
e0145782_16595220.jpg

ウナズキヒメフヨウ。
e0145782_1701022.jpg

ハエアトケファラ。
e0145782_1702823.jpg

アサヒカズラ。
e0145782_1705158.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-11 17:01 | 関東のみどり

球根ベゴニア

本日は、私が施主となり、親の13回忌の法事を、菩提寺の祐天寺で行いました。良いお天気に恵まれ、ご足労いただきましたご出席者に、大きな迷惑をかけずに済み、ほっとして、帰ってきました。帰りに、息子家族も我が家に戻ってきましたので、お正月の賑やかさが、また戻ってきました。

さて、今日のブログには、神代植物公園大温室で、いつもきれいに咲いている球根ベゴニアを掲載してみます。

ベゴニアは、シュウカイドウ科ベゴニア属の植物の総称です。
 2000種余りの原種と、15000を超える交配種があるといわれています。原種は、オーストラリアを除く世界中の熱帯や亜熱帯に分布し、特にメキシコからブラジルにかけての中南米、中国南部から東南アジアにかけての地域に、多くの種が分布しています。
 様々な環境に適応して分布することから、非常に変化に富んだ一属となっています。共通する特徴は、左右非対称の葉を持つこと、雌雄異花であることです。

球根ベゴニアはベゴニアの一種で、ペルー、ボリビアなどのアンデス山脈高山帯に分布する植物の交配種である。半耐寒性で暑さにきわめて弱い多年生植物で、フランス・イギリス・ドイツなどでは、家庭用の観賞植物として種子や球根が売られている。日本では、専用の温室がないと栽培は難しい。
直径3~4cmの不整形の塊茎をもち、茎は、草丈20~30cmで直立するものと、ペンデュラとよばれるしだれ状の物とがある。茎・葉共に多汁質で無毛、葉は、ベゴニア属特有な長さ10cmくらいのいびつな腎臓形で、光沢がある。花は、現在の品種は、ほとんどがノン・ストップ形と呼ばれる、日照に関わりなく咲く系統のため、適温であれば初夏から秋まで咲き続ける。花は小輪から大輪まであるが、大輪のものは花径15cmくらいになり、花の豪華さは、洋蘭やボタンに勝るとも劣らないほどである。花色も豊富で、赤・朱色・黄色・ピンク・白・赤紫などと絞りや覆輪のものもある。

陳列光景。
e0145782_16444023.jpg

ふくりんの花。
e0145782_1645818.jpg

ピンクの小花。
e0145782_16453259.jpg

赤色。
e0145782_16455346.jpg

黄色。
e0145782_16461749.jpg

白色。
e0145782_16464164.jpg

サーモンピンク。
e0145782_1647525.jpg

ピンク。
e0145782_16473049.jpg

以上
by midori7614 | 2010-01-09 16:48 | 関東のみどり

ツバキとメジロ

5日に、ツバキの花を、川崎市緑化センターと神代植物公園で撮影しており、メジロがツバキの蜜を吸いに飛び回っていました。メジロはこれから、梅や桜の花にも、群れをなして、蜜を吸いに集ってきますね。
e0145782_10172877.jpg

川崎市緑化センターに咲いていたツバキ。
沖の石。
e0145782_1021589.jpg

太郎冠者。
e0145782_10212860.jpg

明石潟。
e0145782_10214763.jpg

天津乙女。
e0145782_10221542.jpg

数寄屋。
e0145782_10224942.jpg

神代植物公園に咲いていたツバキ。
通鳥。
e0145782_1018672.jpg

ト伴錦。
e0145782_10183911.jpg

唐錦。
e0145782_101978.jpg

三河雲龍。
e0145782_1019336.jpg

蝋月。
e0145782_10195912.jpg

白侘助。
e0145782_10202283.jpg

なお、ツバキの俗説について、少し記載しておきましょう。
 ツバキの花が、もろく落下することから縁起をかつぐ人は、幸悪しと嫌ったと言う俗説があります。
一方、不吉の俗説とは反対に、めでたい花、瑞花としての説もあります。ツバキは元来「大椿の寿」と言われ最も長寿を祝うめでたいものとされています。大椿は中国古代にあったという大木で、長生の木の名前で、人の長寿を祝う言葉として使われています。中国では、ツバキの花の形が整形であるので、高潔を意味するものとして尊重されています。椿寿、椿年、椿齢という言葉は、いずれも高齢の意味です。有名な明治の元勲山県公の目白にあった別荘が「椿山荘」と名づけられたのも長寿にちなんだものだそうです。 

そもそも、椿という字は、春を代表する神聖な意を込めて「春の木=椿」にあてたものであります。私の住む川崎市では、昭和49年(1974年)市制50周年を記念して、市民の投票により市民の木「ツバキ」、市民の花「ツツジ」と決定されております。従って、決して、不吉な木ではないと私は信じています。
以上
by midori7614 | 2010-01-08 10:24 | 身近なみどり