のん木草・みどり見て歩き

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

尾瀬沼と至仏山

本日は、葉っぱ会の有志で、ハスの花の早朝観察会をする予定でしたが、昨日16時30分発表のYahoo天気情報で、弱雨の予報が出たために、中止してしまいました。本日午前中の天気は、雨が降らずに、これなら、中止しないで、実施できたと思いましたが、後悔先に立たずで、後の祭りとなりました。前日の天気予報で判断するので、これも仕方ないですね。

ここ数日、何かと多忙で、パソコンもあちこち移動していましたが、本日から、パソコンも元の位置に、無事戻り、時間的にも少し余裕ができましたので、ブログを再開します。
・・・・と言いましても、最近、見て歩きは少々で、整理もしていませんので、本日のブログには、4年前の7月に行った尾瀬沼と至仏山の花の写真を掲載します。今年は、6月~7月に、高い山に行けずに残念です。写真だけで、我慢しています。

ツルアジサイ。
e0145782_192093.jpg

ギンリョウソウ。
e0145782_19215546.jpg

カラマツソウ。
e0145782_19221835.jpg

ギョウジャニンニク。
e0145782_19242597.jpg

コバイケソウの群落。
e0145782_19244467.jpg

ハクサンチドリ。
e0145782_1925252.jpg

ミズバショウ。
e0145782_19252091.jpg

ニッコウキスゲ。
e0145782_19254418.jpg

オオバミゾホオズキ。
e0145782_1926621.jpg

ベニサラサドウダン。
e0145782_19263258.jpg

シラネアオイ。
e0145782_19265613.jpg

イワカガミ。
e0145782_19272486.jpg

ウスユキソウ。
e0145782_19274473.jpg

ヨツバシオガマ。
e0145782_1928541.jpg

アズマギク。
e0145782_19282427.jpg

タテヤマリンドウ。
e0145782_19284436.jpg

マイヅルソウ。
e0145782_1929338.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-28 19:31 | 関東のみどり

八ヶ岳・麦草峠の野草園

本日は、葉っぱ会メール会員有志で、ハスの花の早朝観察会を計画していましたが、昨夜のうちに、28日へ延期しました。午前中に、一度、雨が止んで、明るくなったので、久しぶりに、カメラを持って、出かけましたが、又、雨が降り出したので、すぐに戻ってしまいました。夕方になって、青空を見せてくれましたが、もう出かける気分ではなく、結局、本日も見て歩きはしませんでした。いつまで、このような天気が続くのでしょうか?
早く、安定した夏空を迎えたいものですね。

さて、最近、撮影した写真の在庫もなくなりました。
先日、私のブログにリンクしています「yaemon2-2」と「みっこの思いつくまま」のブログに、みどり学Ⅰ野外授業で撮影された「八ヶ岳・麦草峠と白駒池」の花や、ヒマラヤの青いケシなどが掲載されていました。
そこで、4年前の7月19日に、私が同じ場所で撮影しました写真ですが、みどり学Ⅰの受講生の参考になればとの思いで、本日、掲載してみます。

ヒマラヤの青いケシ。
e0145782_17445151.jpg

e0145782_17451175.jpg

コマクサ。
e0145782_17453174.jpg

ウスユキソウ。
e0145782_1745563.jpg

チシマウスユキソウ。
e0145782_17461866.jpg

ハヤチネウスユキソウ。
e0145782_17463668.jpg

リシリヒナゲシ。
e0145782_17465827.jpg

チシマギキョウ。
e0145782_17471698.jpg

ミヤマハナシノブ。
e0145782_17473716.jpg

ミヤマリンドウ。
e0145782_1748359.jpg

タカネナデシコ。
e0145782_17484893.jpg

エゾルリソウ。
e0145782_1749677.jpg

ゴゼンタチバナ。
e0145782_17493055.jpg

テガタチドリ。
e0145782_17495610.jpg

ウラジロキンバイ。
e0145782_17501676.jpg

コケモモ。
e0145782_17503934.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-24 17:52 | 上信越のみどり

富士見~長坂のみどり

本日は、午前中に、サークルのみどり会と葉っぱ会の7月会報を発行し、山の会7月定例山行の尾白川渓谷の報告書を作成しました。昼から、日頃延ばし伸ばしにしていました買い物に出かけましたら、予想外に時間がかかり、夜になってしまいました。やらねばならぬことが片付きましたので、精神的には楽になりました。

今日のブログには、昨日に引き続き、17日のみどり学Ⅱワークショップの野外授業で見られた植物を、「富士見~長坂のみどり」として、まとめて掲載しましょう。

クガイソウ。
e0145782_19143526.jpg

クリの雄花。
e0145782_19153118.jpg

ムシトリナデシコ。
e0145782_19155340.jpg

クサフジ。
e0145782_19161670.jpg

ヤマオダマキ。
e0145782_19163613.jpg

ベンケイソウ科キリンソウの仲間。
e0145782_191763.jpg

ヤマホタルブクロ。
e0145782_19172823.jpg

ヤナギラン。
e0145782_19174765.jpg

シャシャンボ。
e0145782_19194652.jpg

リョウブ。
e0145782_19201060.jpg

ヒヨドリバナ。
e0145782_19203056.jpg

オニグルミの若い実。
e0145782_19205560.jpg

カラマツの若い球果。
e0145782_19211524.jpg

ダンコウバイの若い実。
e0145782_19214253.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-20 19:23 | 関東のみどり

オオムラサキセンター

本日は、午前中に、東高根森林公園を見て歩きしてきました。午後から、かわさき市民アカデミーのみどり学のサークルのみどり会と葉っぱ会の7月会報を作成しております。今日中に、何とか仕上げてしまいたいですね。

梅雨明けしたと言うのに、夏空になりませんね。今日のブログには、昨日の続きを掲載します。

17日のみどり学Ⅱワークショップの野外授業は、天候不良で入笠山の登山を断念し、午前中から昼食まで、富士見高原ゆりの里で過ごしてから、午後に、長坂町にあるオオムラサキセンターの見学に行きました。

JR中央線、日野春駅から長坂方面に少し走ると右側に見えてきます。園内は蛍水路や、トンボ湿生植物観察沼、メダカ観察池や、オオムラサキ観察樹などいろいろなエリアに別れていて、オオムラサキやその他の蝶類をはじめ、カブト虫、クワガタ、トンボなどのさまざまな昆虫を自然の生態のままに保護、飼育されています。
園内の博物館ではオオムラサキやその他の昆虫の生態などの展示、ハイビジョン映像などを見ることが出来ます。国蝶オオムラサキの生態や体の仕組み、飛翔のメカニズムなどを紹介した模型や標本、写真パネルなどが展示されていました。
6月下旬から8月上旬までは野生のオオムラサキを見ることが出来ます。特に7月中旬が最盛期となります。
また、センター周辺の自然公園では、長坂の自然そのままに雑木林から里山の棚田、水車小屋など懐かしい農村風景に出会えます。

オオムラサキの卵から成蝶まで。

卵。エノキの葉に産み付けられている。
e0145782_1843619.jpg

幼虫。2本の角がある。エノキの葉を食べている。
e0145782_18433287.jpg

サナギ。エノキの葉に付着している。
e0145782_18445715.jpg

雄のオオムラサキ。翅を拡げてくれなかったのが残念。
e0145782_1848064.jpg

そこで、パンフレットの写真をご参考に掲載します。
e0145782_18452484.jpg

雌のオオムラサキ。
e0145782_18455317.jpg

翅を拡げてくれていた雌のオオムラサキ。
e0145782_18465775.jpg

樹液に集るオオムラサキ。
e0145782_1847201.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-19 18:49 | 関東のみどり

富士見高原ゆりの里

本日は、休養日で、どこも出かけずに、家で過ごしています。片づけなければならない仕事が沢山ありますが、休養日ですので、のんびり、ゆっくり片づけることにしています。

今日のブログには、昨日のみどり学Ⅱワークショップの野外授業で、天候が悪かったために、入笠山の湿原に行くのを断念して、代わりに見てきました「富士見高原ゆりの里」の写真を掲載します。

まず、富士見高原ゆりの里とは
冬場は富士見高原スキー場のゲレンデに 2004年7月「ゆりの里」が開園。静岡県の「可睡ゆり園」が提携し、30種類以上500万本のユリが植えられ夏には花が咲き乱れます。ユリの群落の場所は、第2ゲレンデ全体とスキー場下部南方の林の中、それに第1ゲレンデのシングルリフトの直下、第1ゲレンデの山頂駅上部。中でも、白樺林の中に群生する「白樺ゆり園」のユリは一段と艶やかで、真っ白な白樺の木々とのコントラストが美しいです。さらに高台にある「展望ゆり園」は、目の前に広がる色鮮やかなユリと南アルプスを望むことができ、そこからの風景は高原の夏を感じさせるそうです。入園料は1000円です。リフト利用の場合は1700円です。

ゆりの里の風景。
e0145782_17132796.jpg
e0145782_17134282.jpg

e0145782_171517.jpg
e0145782_17151320.jpg

e0145782_17153983.jpg

e0145782_17162763.jpg

いろいろな百合。
ここに植えられている百合は、園芸品種のアジアテイック(すかしゆり)、オリエンタル(ハイブリット)です。それぞれの品種名がはっきりしていないので、品種名の掲載はいたしません。
e0145782_17171474.jpg

e0145782_17172966.jpg

e0145782_17174745.jpg

e0145782_1718337.jpg

e0145782_17181951.jpg

e0145782_17183552.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-18 17:25 | 関東のみどり

御岳山・ロックガーデン その2

本日は、みどり学Ⅱワークショップの野外授業で、早朝から出かけて、19時過ぎに帰宅しました。天候が悪かったので、入笠山には登らず、富士見高原スキー場に咲くユリの花を見て、長坂町のオオムラサキセンターを見学してきました。「何故、今日は雨降りだったのか?」の反省会をして帰宅しましたら、やはり疲れが出ています。この写真は、いつものとおり、明日に整理します。

本日のブログには、昨日の続きで、7月13日の御岳山・ロックガーデンの写真を掲載します。

キツリフネ。
e0145782_2152393.jpg

トリアシショウマ。
e0145782_21543100.jpg

オカトラノオ。
e0145782_216783.jpg

ヒヨドリバナ。
e0145782_2162754.jpg

タケニグサ。
e0145782_216479.jpg

ナンテンハギ。
e0145782_2172126.jpg

リョウブ。
e0145782_217428.jpg

ムラサキシキブ。
e0145782_218335.jpg

ノリウツギ。
e0145782_2182564.jpg

タマアジサイ。
e0145782_2184519.jpg

見られた若い果実。
オオバアサガラ。
e0145782_219641.jpg

フジ。
e0145782_2192794.jpg

アブラチャン。
e0145782_2194787.jpg

見られた巨樹。
神代ケヤキ。
e0145782_21101167.jpg

お浜のカツラ。
e0145782_211035100.jpg

ロックガーデンの滝。
七代の滝。
e0145782_2110576.jpg

綾広の滝。
e0145782_21111972.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-17 21:12 | 関東のみどり

御岳山・ロックガーデン その1

本日は、また、孫娘の発熱で、息子の家に、看病に行ってきました。良くなったと油断したら、すぐに悪くなってしまいました。今週中は、保育園へは預けられないでしょう。
私の方も、明日が、みどり学Ⅱワークショップの野外授業で、入笠山に行きます。こちらも、梅雨明けでお天気だろうと思って、油断していましたら、かなり天気予報が悪くなっているので、雨天の対策もせねばならなくなりました。今夜はこれから何かと忙しくなります。

さて、7月13日、かわさき市民アカデミー05~06みどり学Ⅱ修了生のサークル「葉っぱ会」の見て歩き行事で、御岳山・ロックガーデンへ行ってきました。当日は、下界は猛暑だったようですが、ケーブルカーで登った山の上は、涼しい風が吹いており、緑陰の快適な山歩きが出来て、大変満足しました。今日のブログには、余裕時間がないので、この見て歩きのお目当ての花「ギンバイソウ」だけ、掲載します。
残りは、明日、入笠山から帰ってきてから、掲載させていただきます。

ギンバイソウ。
e0145782_20344313.jpg

e0145782_2035152.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-16 20:36 | 関東のみどり

尾白川渓谷

夏空になって、暑くなりましたね。本日は、午後3時30分に、多摩病院に動脈硬化の超音波検査の予約が入っていました。そこで、午前中から、神保町に、山用品と植物関係の本を購入しに行き、帰りに、登戸で下車して、検査を受けてきました。多摩病院の診察券を初めてゲットしました。夕方、帰宅しましたら、風が強く吹きまくっていますね。見て歩きに出かけるのは、あきらめました。

私の所属する山の会の7月定例山行で、11日に山梨県の尾白川渓谷へ行ってきました。
山の会ですので、歩くのが中心です。渓谷道と言っても、結構なアップダウンのある道でした。あまり良い写真がありませんが、少しだけ、本日のブログに掲載させていただきます。

渓谷入り口の風景。
e0145782_17315928.jpg

千ケ渕の滝。
e0145782_17323931.jpg

旭滝。
e0145782_1733055.jpg

百合ケ渕。
e0145782_17331959.jpg

神蛇滝。
e0145782_17333875.jpg

ヤマアジサイ。
e0145782_17335822.jpg

タマガワホトトギス。
e0145782_17342047.jpg

カラマツソウ。
e0145782_17344168.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-15 17:36 | 関東のみどり

東北の山の花 その2

本日は、私が所属している山の会の7月定例山行で、尾白川渓谷へ行く計画でしたが、現地の天気予報が悪かったので、7月11日へ延期しました。東京は、まあまあの天気となりましたので、神代植物公園へマヤラン、ムクゲ、ダリアを、調布野草園へキレンゲショウマを見に行ってきました。結構、いろいろの花を見ることが出来ました。この写真は、明日以降に整理して、掲載します。

本日は、リクエストにこたえまして、2年前に行きました東北の3山(八幡平、秋田駒ケ岳、栗駒山)で見てきました花の続編を掲載させていただきます。時間の余裕がないので、説明は省略させていただきます。

ハクサンボウフウ。
e0145782_18492013.jpg

ミヤマキンポウゲ。
e0145782_18495166.jpg

キヌガサソウ。
e0145782_18501442.jpg

ミヤマスミレ。
e0145782_18504098.jpg

エンレイソウ。
e0145782_1851626.jpg

ノウゴウイチゴ。
e0145782_18513375.jpg

カラマツソウ。
e0145782_1852463.jpg

コイワカガミ。
e0145782_1852277.jpg

ゴゼンタチバナ。
e0145782_1853391.jpg

タニウツギ。
e0145782_18532993.jpg

ミズバショウ。
e0145782_18535577.jpg

ヨツバシオガマ。
e0145782_18541674.jpg

ヤナギラン。
e0145782_18543655.jpg

ミヤマウツボグサ。
e0145782_1855655.jpg

マルバシモツケ。
e0145782_18553298.jpg

ミヤマダイコンソウ。
e0145782_18555716.jpg

ヤマオダマキ。
e0145782_18562451.jpg

タテヤマリンドウ。
e0145782_185649100.jpg

ギンリョウソウ。
e0145782_18572061.jpg

ミネヤナギの種子。
e0145782_1857447.jpg

以上
by midori7614 | 2009-07-09 18:59 | 北海道・東北のみどり

東北の山の花

本日は久しぶりに青空となりました。かわさき市民アカデミーの「いのちの科学」の午前授業には出席しましたが、お天気なので、午後のワークショップをさぼり、等々力緑地と宿河原緑化センターの花の写真を撮影してきました。この写真は、いつもの通り、明日以降に整理します。

みっこさんのブログ「みっこの思いつくまま(http://blog.livedoor.jp/mikko3103/
)」に掲載されていた「鳥海山その1~その2」の花を見ていましたら、2年前の7月6日~8日の3日間、東北の山で見てきた花を思い出してしまいました。今日のブログには、6日八幡平、7日秋田駒ケ岳、8日栗駒山で見てきた花を掲載することにします。

ウラジロナナカマド
e0145782_1749843.jpg

タカネナナカマド、(このナナカマド2種の違いは羽状複葉の小葉の鋸歯で区別できます)
e0145782_17493796.jpg

ベニバナイチゴ、
e0145782_1750662.jpg

ショウジョウバカマ、
e0145782_17503310.jpg

オオバキスミレ、
e0145782_1751859.jpg

ノビネチドリ、
e0145782_1751353.jpg

ハクサンチドリ、(このチドリ2種の違いは花の唇弁と葉の形状で区別できます)
e0145782_1752487.jpg

コバイケイ(花が見られるのは2年に一度、頂花は両性花で、側花は雄花です。この写真は頂花の両性花はさいていますが、側花の雄花はつぼみです。自家受粉を避けているのでしょう。)
e0145782_17523042.jpg

ミツガシワ、
e0145782_175252100.jpg

ヒナザクラ(八幡平を代表するサクラソウです)、
e0145782_17531551.jpg

ハクサンシャクナゲ
e0145782_17534789.jpg

エゾツツジ。
e0145782_17541654.jpg

ムシトリスミレ、
e0145782_17543716.jpg

ウサギギク、
e0145782_17552454.jpg

シラネアオイ、
e0145782_17554932.jpg

チングルマの大群生地(秋田駒ケ岳)、
e0145782_17561114.jpg

ガクウラジロヨウラク、
e0145782_17563631.jpg

コマクサ大群生地(秋田駒ケ岳)、
e0145782_1757489.jpg

コマクサ、
e0145782_17572911.jpg

ミヤマハンショウヅル、
e0145782_17575346.jpg

モウセンゴケ、
e0145782_17581737.jpg

サワラン(別名アサヒラン)、
e0145782_17583811.jpg

サラサドウダン。 
e0145782_17585973.jpg

秋田駒ケ岳のチングルマとコマクサの大群生地は評判どおり、スケールが大きく感動しました。3日間とも、日射病を心配するほどの良いお天気に恵まれ、ラッキーでした。
なお、他に撮影できた花は次のものもありましたが、今回は省略します。ハクサンボウフウ、ミヤマキンポウゲ、マイヅルソウ、キヌガサソウ、ミヤマスミレ、ムシカリ、エンレイソウ、ノウゴウイチゴ、オオシラビソ、ハイマツ、カラマツソウ、コイワカガミ、ゴゼンタチバナ、タニウツギ、シナノキンバイ、ミズバショウ、ヨツバシオガマ、ヤナギラン、ミヤマウツボグサ、マルバシモツケ、ミヤマキンバイ、ミヤマダイコンソウ、ムラサキヤシオ、ミネザクラ、ヤマオダマキ、タテヤマリンドウ。
以上
by midori7614 | 2009-07-07 18:03 | 北海道・東北のみどり