のん木草・みどり見て歩き

<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

7月28日 立山自然観察第3日(最終日)

朝5時頃、強い雨と雷の音で、目覚めた。雨は激しく、窓ガラスに打ちつけている。7時前に食堂に下りると、バスの運転手さんから、富山地方は大雨洪水警報がでており、立山~美女平の間が、7時から3時間の通行止めになっていると報告を受けた。ここがバスで通過できないと、他には、道がなく帰れない。一難去って、また一難である。
ホテルの人を交えて、協議された結果、室堂での散策計画は中止し、8時半出発で、9時半美女平到着をめざし、そこで、様子をみて、再度考えることとなった。

途中、滝見台で下車し、称名の滝を眺めた。26日よりも、昨日から今朝の雨で、水量が増加し、激しく流れ落ちていた。
e0145782_17222221.jpg

e0145782_17235100.jpg

この滝は、立山雄山を源に地獄谷、弥陀ヶ原、大日岳の清水を集めた称名峡谷から、4段となって、一気に流れ落ちている。落差が日本一の350mもあって、国の名勝・天然記念物に指定されている。称名滝の右側の春雪解け水の多い時だけ見られる落差500mのハンノキ滝も今回見られた。これは、はからずも大雨のお蔭である。何が良くて、何がわるいのかが判らないのが、自然なのだと思った。滝となっている崖は火砕流が堆積し、自らの重さと高熱により、溶岩・軽石、火山灰などが溶結した「溶結凝灰石」で出来ているそうだ。この滝のところで、火砕流が500m以上堆積していることが判るのである。今回は滝の直下までは、行けなかったが、次には、一度、歩いて行きたいと思った。

美女平に到着したら、やはり道路は通行止めのままだった。一応、10時過ぎまで、開通を待ち、ぶらぶらしていた。
e0145782_17234851.jpg

立山杉の林。美女平周辺の森の中を歩く道があり、「歩きたくなる道500選」、「森林浴の森100選」に選ばれている。ここも、一度、歩いてみたいと思った。
e0145782_17241577.jpg

ホオジロに似たホオアカ。ヒマツブシの私たちのお相手をしてくれた。
e0145782_17243531.jpg

10時半になっても、通行止めの解除がされないので、ケーブルで立山へ下山し、「立山カルデラ砂防博物館」へ行った。見学を開始しようとする頃に、バスは下山してきたので、八王子まで戻れる目処がつき、落ち着いて、13時まで、見学と昼食を取れた。

午前中の室堂周辺の散策を中止した代わりに、立山の町にある雄山神社中宮に立ち寄りました。
e0145782_17245687.jpg

境内には、さすが立山で、スギの大木が沢山ありました。
e0145782_17252446.jpg

e0145782_17253982.jpg

e0145782_17262315.jpg

昔からの立山大宮はシンプルですが、立山杉にしっかり守られていました。
e0145782_17264081.jpg

立山からは、今年7月6日に開通したばかりの高速道路を利用して、白川郷へ立ち寄りました。
合掌作りの建物を、上から眺めさせていただきました。屋根が比較的平らなのが古い建物で、急角度になっている方が新しいそうです。4~5階建ての建物のうち、1~2階が住居部分で、3~5階は養蚕部屋として使用していたとのことです。
e0145782_1731619.jpg

e0145782_17312458.jpg

e0145782_17313844.jpg

そこから、高山、平湯を通り、釜トンネルのところから、いつも上高地から戻る見慣れた道で、八王子へ21時30分に無事戻ってきました。
身体は年令相応に疲れましたが、精神はまだまだ若く、楽しく過ごせた3日間でした。
以上
by midori7614 | 2008-07-30 17:34 | 上信越のみどり

7月27日 立山自然観察第2日・その1

第2日目は、雷鳥の会富山県会長の方が富山市から、わざわざ、雷鳥やコース案内に駆けつけていただきました。
朝7時朝食、7時30分バス出発で、弥陀ヶ原(1930m)から室堂(2450m)へ行き、そこから、浄土山(2831m)、龍王岳(2872m)を登り、一ノ越へ下ります。そこから、二つのグループに分かれて、雄山へ登る組と室堂へ下る組とに分かれることになっていました。自宅を出発する時に確認した富山の週間天気予報は27日から雨マークでしたし、朝の天気予報でも、午後から崩れるとのことでしたので、午前中頼りで、花の写真を撮りまくる方針にしていました。従って、雄山には以前にも登っているし、花も登山道近くにはないこともしっておりましたので、イの一番に室堂へ下山するコースを選択しました。地図上の歩行時間3時間05分で、今年は雪渓が残っているので、時間がかかるという想定ですから、写真を撮りながら歩くには、丁度良いと考えていました。
朝は、曇りから始まりましたが、室堂に着いた頃から、お天気が良くなってきました。

第2日は、どのような風景の所を、どのようなお天気の中で、見て歩きしたのかを最初に、ご覧いただきましょう。
室堂から眺めたこれから登山する浄土山です。左側の立山・雄山はガスの中で見えません。
e0145782_63291.jpg

室堂周辺には、残雪が沢山あります。今年は春に大雪があり、梅雨も雨が少なかったので、残雪が多いとのことでした。それでも、このコースは雪渓が少なく、登りでは、雪渓を横切ったのは、1箇所だけでした。
e0145782_63289.jpg

一ノ越と五所ケ原への分岐点、龍王岳から北アルプス方面を眺める風景。
e0145782_635961.jpg

そのアップ。針ノ木岳だとの話が飛んでいましたが、私は判りません。
e0145782_64381.jpg

立山・雄山はこのように見えました。
e0145782_65144.jpg

一ノ越の上で、昼食をしました。そこの所からの立山・雄山。
e0145782_652769.jpg

室堂方面を眺めると、雪渓があちこちに沢山残っています。地形も氷河が削ったU字谷の地形が見られました。
e0145782_662536.jpg

ミヤマキンバイと氷河が削ったU字谷の地形。
e0145782_62778.jpg

一ノ越から室堂へ下る下山路。後のことですが、こちらは合計6箇所の雪渓を横切ります。
e0145782_671129.jpg

一ノ越で、雄山へ登るグループを見送ったら、すぐにポツリポツリと雨が降り出しました。雨だけでなく、雷も鳴り出し、雨が激しくなりましたので、一ノ越山荘内で雨宿りの待機をしました。雄山登山グループからも4名が下山してきて、こちらのグループ入りしましたので、雷鳥の会富山県会長の方をリーダーとして、12名で、小降りになった時に、下山しました。
室堂へ下山してみたら、雨も止みました。室堂から見た立山・雄山です。
e0145782_675256.jpg

室堂には、日本最古の山小屋が残っています。立山杉が沢山使われているがっちりした建物でした。
e0145782_6274534.jpg

雷鳥の会富山県会長の方の案内がありましたので、雷鳥の次のような写真を撮影することが出来ました。
砂浴びする雷鳥。
e0145782_684120.jpg

e0145782_69224.jpg

e0145782_692474.jpg

孵化しなかった雷鳥の卵。3個の卵のうち、7月26日に2個孵化し、残り1個が放置されてしまったそうです。近くに、2羽の子供を連れた母親鳥がいる筈ですが、そこまでは見られませんでした。以前に、室堂に宿泊した時には、子供連れの雷鳥を見たことがありましたが、今回はお天気と時刻が違いますので、あきらめました。ところで、この1個の卵はどうなるのでしょうか?
e0145782_6133032.jpg

この後、室堂周辺を散策し、室堂ターミナルに入り、4階から1階へ下っている短い時間の間に、天候が急変し、強い横殴りの風と雨に変わりました。少し、様子を見ながら、雄山登山グループをどうしようか考慮しましたが、一旦、宿泊ホテルへ戻り、連絡を待つことにしました。バスに飛び乗り、ホテルに戻ってきた時に、雄山登山グループから、室堂に無事下山した旨の連絡があり、再度、バスで室堂に迎えにいってもらい、全員無事にホテルに着きました。
その後、入浴している頃から、雨も止み、再び、良いお天気になりました。夕食の時には、夕日に映える立山・雄山と本日登山した浄土山を眺めることができました。
e0145782_6152512.jpg

おまけに、夕焼けの赤く染まった空の中に、浮かび上がる剣岳の写真も撮影でき、ラッキーな1日が終りました。
e0145782_6183797.jpg

結果オーライに終わりましたが、山のお天気は変わりやすいということを、実際に体験すると同時に、雷や強風などの自然の怖い面も体験し、今後の自然観察の良い参考となりました。

第2日に、浄土山~龍王岳~一ノ越で見られた花は、その2、その3として、引き続き掲載いたしますので、後をご覧下さい。
以上
by midori7614 | 2008-07-30 06:31 | 上信越のみどり

7月27日 立山自然観察第2日・その2

浄土山~龍王岳~一ノ越の登山中に見られた花を、掲載します。同じ科ごとに、まとめてみました。何か、特徴のようなものが出てきているでしょうか?
ハクサンイチゲ。 キンポウゲ科イチリンソウ属。
e0145782_5491292.jpg

シナノキンバイ。 キンポウゲ科キンバイソウ属。
e0145782_5493591.jpg

ミヤマキンポウゲ。 キンポウゲ科キンポウゲ属
e0145782_550511.jpg

ミヤマキンバイ。 バラ科キジムシロ属。
e0145782_5502782.jpg

ミヤマダイコンソウ。 バラ科ダイコンソウ属
e0145782_550478.jpg

ベニバナイチゴ。 バラ科キイチゴ属。
e0145782_5511743.jpg

チングルマ。 バラ科チングルマ属。
e0145782_5513630.jpg

ショウジョウバカマ。 ユリ科ショウジョウバカマ属。
e0145782_552545.jpg

クロユリ。ユリ科バイモ属。
クロユリの花には、両性花と雄花の2種があり、この写真の花は、二つとも両性花でした。
e0145782_5523150.jpg

コバイケイ。 ユリ科シュロソウ属。
e0145782_5525166.jpg

クルマユリ。 ユリ科ユリ属。
e0145782_5531330.jpg

クルマユリが咲くお花畑。
e0145782_5533991.jpg

アオノツガザクラ。 ツツジ科ツガザクラ属。
e0145782_554456.jpg

ツガザクラ。 ツツジ科ツガザクラ属。
e0145782_5542612.jpg

そのアップ。
e0145782_5544717.jpg

コケモモ。 ツツジ科スノキ属。
e0145782_55553.jpg

ヨツバシオガマ。 ゴマノハグサ科シオガマギク属。
e0145782_5552845.jpg

エゾシオガマ。 ゴマノハグサ科シオガマギク属。
e0145782_5554926.jpg

ミヤマクワガタ。 ゴマノハグサ科ルリトラノオ属。
e0145782_5562253.jpg

残りの花を、その3に掲載しますので、引き続きご覧下さい。
以上
by midori7614 | 2008-07-30 06:09 | 上信越のみどり

7月27日 立山自然観察第2日・その3

浄土山~龍王岳~一ノ越の登山中に見られた花を、引き続き掲載します。

タテヤマリンドウ。 リンドウ科リンドウ属。
e0145782_536431.jpg

そのアップ。
e0145782_5362837.jpg

イワギキョウ。 キキョウ科ホタルブクロ属。花弁は無毛。
e0145782_537183.jpg

チシマギキョウ。 キキョウ科ホタルブクロ属。花弁の縁に有毛。
e0145782_5374078.jpg

ミヤマアキノキリンソウ。キク科アキノキリンソウ属。
e0145782_538668.jpg

ミネウスユキソウ。 キク科ウスユキソウ属。
e0145782_5382749.jpg

タカネヤハズハハコ。 キク科ヤマハハコ属。
e0145782_5385618.jpg

タカネヤハズハハコとヨツバシオガマ。
e0145782_5392343.jpg

コイワカガミ。 イワウメ科イワカガミ属。
e0145782_5394961.jpg

イワカガミとチングルマ。
e0145782_5401355.jpg

ムカゴトラノオ。 タデ科タデ属。 ほかに、ミヤマキンバイ、タカネツメクサが一緒に写っています。
e0145782_540381.jpg

タカネミミナグサ。 ナデシコ科ミミナグサ属。
e0145782_541358.jpg

ミヤマツメクサ。 ナデシコ科タカネツメクサ属。
e0145782_5413481.jpg

イワツメクサ。 ナデシコ科ハコベ属。
e0145782_542098.jpg

ハクサンフウロ。 フウロソウ科フウロソウ属。
e0145782_5422672.jpg

イワスゲ。 カヤツリグサ科スゲ属。
花は咲いていない。でも、花が咲いていても、誰も見向きもしないだろう。しかし、風で吹き飛ばされたり、移動する砂礫地の中に根を張り、砂礫の動きを抑えてくれているから、次第に土壌が出来、他の植物も生きられる土地になる。この縁の下の努力には、頭が下がると同時に、感謝の気持ちがでてくる。ありがとう。
e0145782_5424886.jpg

以上
by midori7614 | 2008-07-30 05:51 | 上信越のみどり

7月26日 立山自然観察第1日・その1

7月26日~28日の3日間、富山県立山にて、東京学芸大学教授の小泉武栄先生を講師として、山の自然学クラブ(http://www.shizen.or.jp)の自然観察現地講座がありました。私は山の自然学クラブの会員となって、2年目で、現地講座には3度目の参加でしたが、いろいろと学ぶことが多く、有意義で楽しい3日間でした。
第1目は、八王子駅を8時半にバスで出発し、圏央道~関越自動車道~上信越自動車道~北陸自動車道の高速道路を走り、立山駅前の「立山カルデラ砂防博物館」へ15時過ぎに着きました。そこで、参加者26名が全員集合でき、自然観察したい場所で、適当に下車しながら、美女平(977m)~弥陀ヶ原(1930m)の地質や植生を観察しました。
詳細の説明は、省略しますが、観察中に撮影しました写真を、原則として、撮影時刻順に掲載します。どんな所だったかと推測しながら、ご覧下さい。

美女平(977m)から「ぶな坂」という曲がりくねった道を上がりました。左右は、立山杉とブナの大木を中心として、トチノキ、ホオノキも混じる巨木の原生林でした。ブナは、主として、谷合の斜面に巨樹が見られました。スギとブナの共生する独特な雰囲気の森林でした。ここは、日本でも数少ない天然性スギ巨木の集団的育成地で、美女平から大観台までの3平方キロメートルには、幹周り6m以上の巨木が147本もあるそうです。写真を撮り損ないましたが、道路際に「森の巨人達100選」の巨木もありました。
子育て杉。 幹周り約10m、樹高23m。
e0145782_1615621.jpg

ブナの大木。
e0145782_1621626.jpg

ブナ林
e0145782_1623579.jpg

ブナと立山杉の並存。
e0145782_1625230.jpg

更に、高度が上がるにつれて、ブナ帯の植生域にも拘らず、ブナなどの広葉樹の巨樹がなくなり、立山杉が中心となります。称名の滝のあたりになると、クロベ、ゴヨウマツ、コメツガなどの針葉樹もスギに加わり、八郎坂の滝見台園地あたりになると、森林の様相が変わってきました。火砕流で作られた地形ですので、土壌条件が悪いので、ブナに取って代わって、針葉樹の世界となっているようです。私の個人的推測ですが、緯度・高度ではブナ帯であっても、立山の火砕流で作られたこの地域は、他のブナ帯に比べて気温・地温が冷たい・寒いのではないかと思います。その結果、導管内の水分が凍っても、仮導管で氷結に強い針葉樹が生き残り、広葉樹は生き残れなかった箇所がでているのではないかとも思われました。一つの条件・要因だけでなく、いろいろの条件・要因が複合的な原因となって、現在の姿・風景となっているのでしょう。
なお、称名滝については、帰りの第3日に説明を入れますので、ここでは、省略します。
立山杉林
e0145782_1631481.jpg

クロベ(ネズコ)とスギの間から、称名の滝が遠望されました。(滝見台)
e0145782_1635460.jpg

この間で、見られた花は次のとおり。
トリアシショウマ。 ユキノシタ科チダケサシ属。
e0145782_1644249.jpg

ヤマブキショウマ。 バラ科ヤマブキショウマ属。
e0145782_16577.jpg

エゾアジサイ。ユキノシタ科アジサイ属。淡いブルーが特徴で、私の好きなアジサイです。花粉を媒介する甲虫のカミキリが花粉を食べにきています。
e0145782_1653249.jpg

ヨツバヒヨドリ。キク科フジバカマ属。
e0145782_1655754.jpg

ノリウツギ。 ユキノシタ科アジサイ属。
e0145782_1661758.jpg

ノリウツギと称名の滝。 書中お見舞いとして、涼しいそうな写真を撮ってみました。
e0145782_1665458.jpg

タムシバの若い実。 モクレン科モクレン属。コブシの果実と良く似ているのは当然。
e0145782_1673790.jpg

滝見台園地より上になると、針葉樹林は姿を消し、弥陀ヶ原の名前のとおり、主として、コメツツジなどの低木や草本中心の高原となりました。弥陀ヶ原は東西4km、南北2kmの火砕流が作った溶岩(溶結凝灰岩)台地で、称名の滝のところで判るとおり、厚さ500mも火砕流が積もっているとのことです。
まず、弥陀ヶ原の風景をご覧下さい。
e0145782_168566.jpg

e0145782_1682355.jpg

そこには、大小3000個とも言われる「地糖(ちとう)」が点在し、通称「ガキ田」とか「餓鬼の田んぼ」とよばれており、国内でも有数な高山植物の宝庫です。
餓鬼の田んぼ
e0145782_1684379.jpg

チングルマ、ワタスゲの果穂と地糖(ちとう)の風景。
e0145782_1691757.jpg

湿原の中の高台(凸地)には、コメツガなどの樹木が生長していました。
e0145782_1694154.jpg

パイオニア樹木として、ダケカンバが目立ちました。
e0145782_16102240.jpg

ワタスゲと高原風景
e0145782_16105117.jpg

以上
弥陀ヶ原で見られた花は、その2として、引き続き掲載いたします。
by midori7614 | 2008-07-29 16:27 | 上信越のみどり

7月26日 立山自然観察第1日・その2

第1日のその2として、弥陀ヶ原で撮影できた花などを掲載しておきます。(1回のブログ掲載写真が約20枚で、容量限度となるため、2回に分けております)

モミジカラマツ。 キンポウゲ科カラマツソウ属。
e0145782_15453523.jpg

ニッコウキスゲ。ユリ科キスゲ属。
立山、白山の信仰で、御山に歩いてくる道を、禅定道と言い。この道脇に、咲いていたところから、立山、白山では、昔から「禅定花=ゼンテイカ」と呼ばれていたそうです。2年前に、白山に登った時に、教わりました。
e0145782_15562149.jpg

キンコウカ。ユリ科キンコウカ属。この花もユリ科ですと言うと驚いてシゲシゲと見るきになる黄の花ですね。
e0145782_1545536.jpg

コメツツジ。ツツジ科ツツジ属。
e0145782_15461918.jpg

シシウド。 セリ科シシウド属。
e0145782_15464397.jpg

ウツボグサ。シソ科ウツボグサ属。
e0145782_1547712.jpg

テガタチドリ。ラン科テガタチドリ属。
e0145782_15472898.jpg

ウラジロナナカマド。 バラ科ナナカマド属。
e0145782_15474865.jpg

オニシモツケ。バラ科シモツケソウ属。
e0145782_154898.jpg

ヤナギの果穂。風で種子が散布される。
e0145782_15483520.jpg

チングルマの果穂。風で種子が散布される。弥陀ヶ原では、花が終って、実となっていたが、500m高い室堂から上では、花盛りでした。花の写真は、第2日分に掲載します。
e0145782_15485687.jpg

ワタスゲの果穂。カヤツリグサ科ワタスゲ属。風で種子が散布される。
e0145782_15491928.jpg

ミヤマホタルイ。カヤツリグサ科ホタルイ属。餓鬼の田んぼの中。まだ、花はなし。
e0145782_15493914.jpg

イワイチョウ。ミツガシワ科イワイチョウ属。カミキリみたいな虫が花に集っている。
e0145782_1550568.jpg

モウセンゴケ。 モウセンゴケ科モウセンゴケ属。まだ、白い花は咲いていなかった。
e0145782_15502686.jpg

コバノトンボソウ。ラン科ツレサキソウ属。
最初は、キソチドリかと思いましたが、同じ仲間のコバノトンボソウではないかと思う。
e0145782_15504812.jpg

タニウツギ。 スイカズラ科タニウツギ属。
e0145782_1551956.jpg

ハクサンボウフウ。 セリ科カワラボウフウ属。
e0145782_15512745.jpg

ヤマハハコ。 キク科ヤマハハコ属。
e0145782_15514751.jpg

ワレモコウ。バラ科ワレモコウ属。
e0145782_1552738.jpg

以上
by midori7614 | 2008-07-29 15:57 | 上信越のみどり

7月25日 富士5合目お中道の花と風景

明日から、3日間、富山県立山にて、山の自然学クラブの地質を中心とした自然観察野外講座があります。講師は、東京学芸大学教授の小泉武栄先生です。昨年の小泉先生講師の木曾駒ケ岳の講座に参加して、すっかり小泉先生ファンになりました私は、今年も2年連続して、参加いたします。現在、直前になって、付け焼刃の勉強をしています。
本日も見て歩きに出掛けておりませんので、本日のブログは、昨年7月24日に見て歩きに行きました「富士山5合目お中道」で、撮影してきました写真を、掲載させていただきます。今頃、富士山5合目お中道を歩けば、このような花や風景が見られるのだと思って、ご覧下さい。なお、ブログは26日から28日まで、お休みいたします。

昨年7月24日、かわさき市民アカデミー05~06みどり学Ⅱ自然編の修了生で結成した会(葉っぱ会)で、初めてのバスハイクを企画して、富士山5合目周辺に行ってきました。奥庭をまず見てから、御庭へ登り、そこから5合目までのお中道を、石井誠治先生の案内で見て歩きをしました。お天気を心配しましたが、天気予報が外れて、予想外の青空の下で、楽しい1日を過ごすことが出来ました。印象に残った花、風景をお届けします。
ハクサンシャクナゲ(この時期のお目当ての花、アズマシャクナゲやホンシャクナゲは富士山5合目には自生していない。)
e0145782_208648.jpg

e0145782_2083679.jpg

ムラサキモメンヅル、
e0145782_2091116.jpg

奥庭からの富士山(シラビソ、カラマツなどの樹林が上に上って行っている植生。富士山のイメージが違うと言う人が多かった。)、
e0145782_2093979.jpg

コケモモ(この時期、大群生が各所で見られる。お土産に富士のコケモモのジャムを買いました。)、
e0145782_20101685.jpg

ミヤマハンショウヅル、
e0145782_201047100.jpg

カラマツの古木(奥庭の自然が作った盆栽と言った感じ。カラマツは曲がりに強い。)、 
e0145782_20111350.jpg

白骨化したような樹木と富士山(枯らしても朽ちることを許さない富士山の自然環
境の厳しさ。)、
e0145782_20113739.jpg

お中道からの富士山(大流しの崩壊で、植生が破壊されている。)、
e0145782_201236.jpg

お中道からの富士山(崩壊地にパイオニア植物のオンタデが植生し始めている。ミヤマオトコヨモギ、フジハタザオ、イワオウギなども崩壊地で見られた。)
e0145782_20123892.jpg

ベニバナイチヤクソウ 
e0145782_20125989.jpg

マイヅルソウ (樹林帯となっているお中道には、タカネバラ、シロバナヘビイチゴ等の花も見られた。)
e0145782_20135172.jpg

以上
by midori7614 | 2008-07-25 20:17 | 関東のみどり

7月21日 山梨県湯の沢峠の花

私が今年度持ち回りの会長をしている小さな山の会があります。今年は、5月笠取山、6月国師ケ岳の山行計画が、雨天中止になり、今回が3ヵ月ぶりの山行実施となりました。
参加者9名で、高尾発8時01分甲府行きに乗車し、9時02分甲斐大和で下車、タクシーで、湯ノ沢峠へ送迎してもらいました。湯ノ沢峠から大蔵高丸(1852m)と白谷丸(1987m)を往復登山して、山頂付近の広い草原に咲くお花畑を楽しんできました。下界は、暑かったようですが、往復タクシー利用で、楽々と涼しい山歩きでした。

ヤマオダマキ
e0145782_6322536.jpg

トリアシショウマ
e0145782_6324660.jpg

ノアザミと蝶
e0145782_633573.jpg

ノイバラ
e0145782_6332376.jpg

キリンソウ
e0145782_6334112.jpg

ウスユキソウ
e0145782_634545.jpg

シモツケ
e0145782_6342294.jpg

シモツケソウのつぼみ
e0145782_6345332.jpg

タチフウロ
e0145782_6351637.jpg

ミズチドリ
e0145782_6353876.jpg

ヨツバヒヨドリ
e0145782_636053.jpg

ネバリノギラン
e0145782_6362766.jpg

キンポウゲ
e0145782_6364629.jpg

キジムシロ
e0145782_637393.jpg

ヒヨドリバナ
e0145782_6372610.jpg

ノコギリソウのつぼみ
e0145782_6374335.jpg

名前調査中の花々。お判りの方は教えて下さい。
e0145782_6383100.jpg

e0145782_6382228.jpg

以上
by midori7614 | 2008-07-22 06:40 | 関東のみどり

7月18日 軽井沢のみどり

本日、みどり学Ⅱワークショップの石井誠治先生講師の野外授業で、軽井沢植物園、碓氷峠の熊野神社、旧軽井沢の諏訪神社へ行ってきました。JR谷保駅8時発のバスで、11時前に軽井沢植物園へ到着し、あいにくの小雨の中、軽井沢植物園を1時間半見て歩きしました。昼食後、13時30分に出発し、旧中仙道を碓氷峠へ上り、熊野神社でシナノキなどの巨樹を、旧軽井沢の諏訪神社でトチノキなどの巨樹を、見て15時30分に帰路につき、16時30分にJR谷保駅へ戻ってきました。

見てきた主なものの写真だけお届けします。
ユウスゲ
e0145782_2246298.jpg

モウセンゴケ
e0145782_22465234.jpg

ヒカリゴケ
e0145782_2247143.jpg

シキンカラマツ
e0145782_22473770.jpg

クサレダマ
e0145782_22487100.jpg

ノコギリソウ
e0145782_22483161.jpg

シモツケソウ
e0145782_22485368.jpg

クワガタソウ
e0145782_22503596.jpg

ボダイジュ
e0145782_2251299.jpg

ノリウツギ
e0145782_22512111.jpg

キササゲ
e0145782_22514133.jpg

碓氷峠の熊野神社のシナノキの巨樹
e0145782_2252497.jpg

旧軽井沢の諏訪神社のトチノキの巨樹
e0145782_22522839.jpg

e0145782_22524432.jpg

以上
by midori7614 | 2008-07-18 22:54 | 身近なみどり

7月5日 ラックブラン・ハイキング

シャモニーのハイキングは、当初ブレヴアンでしたが、ロープウエーが修理運休の為、雪渓の多いラックブランへ変更となりました。
朝7時30分に、チャーターバスでロープウエーへ移動し、ロープウエーとリフトで、一気に2000m以上の展望台へ上り、そこから5時間のハイキングです。
お天気も良く、何度も雪渓や岩場を歩く、トレッキングで、アルプスを歩いている感じがしました。終わり良ければ、全て良しで、最終日を過ごせて幸せでした。

モンブランの山なみと雪渓。
e0145782_101948.jpg

ハイキングの途中の風景
e0145782_10193594.jpg

e0145782_10204348.jpg

e0145782_102182.jpg

e0145782_1021265.jpg

e0145782_10214147.jpg

e0145782_1022089.jpg

e0145782_10221486.jpg

アルペンローゼと山
e0145782_10223769.jpg

ワタスゲが実となっていました。
e0145782_1023073.jpg

山羊とアルペンローゼ
e0145782_10232039.jpg

雪渓を滑り下りる山羊
e0145782_10235050.jpg

昼食を取った場所
e0145782_10241697.jpg

雪渓が解けた池。
e0145782_10243190.jpg

アルペンローゼと連峰
e0145782_10245398.jpg

e0145782_102594.jpg

シャジクソウと山
e0145782_10252725.jpg

下山したところにある教会と山
e0145782_10254843.jpg

ヤナギラン
e0145782_1026721.jpg

シャモニーの町に戻ってから、自由行動となり、マルチパスの有効利用で氷河見学をしてきました。途中の車窓から、本日歩いたラックブランの山が良く見えました。
e0145782_10262929.jpg

氷河はかなり後退して、それほどの感激はありませんでしたが、クレパスを間近にみることが出来ました。
e0145782_10265142.jpg

以上
翌日、雨のシャモニーに未練を残さずに別れを告げ、ジュネーブからアムステルダム経由で成田に戻ってきました。今回は、ポイントの3名峰を見る日がことごとく、良い天気に恵まれ、この幸運を、ただただ仏様に感謝する次第でした。
by midori7614 | 2008-07-10 10:33 | 海外のみどり