のん木草・みどり見て歩き

三浦富士~砲台山~武山の1月のみどり

3日間多忙で、写真の整理が遅れています。また、私が代表をしているみどり学関係のサークルであるみどり会、葉っぱ会の諸々の事務がたまってしまいました。そのうえ、昨日のみどり学Ⅱワークショップの講師の先生から、沢山の冬芽の現物をいただきましたので、その有効利用に取り組む必要も出てきました。そんな事情を考慮して、今日~明日は、お天気ですが、見て歩きに出掛けるのを断念して、片付けてみることにしました。

そこで、15日に、山の会メンバー11名で、三浦半島先端の低山を縦走してきましたことを、本日のブログに掲載します。
歩いたコースは次のとおりです。津久井浜駅9時40分集合~浅間神社(準備体操)10時出発~高田橋~東光寺)犬訓練所~三浦富士~展望台(12時~昼食)12時40分~砲台山~武山(展望台・不動院)~観光農園(野菜買い物)~津久井浜駅3時到着~ケーキ屋で反省会(美味しいアップルパイとコーヒーのセット600円)。
良いお天気で、歩くところのほとんどが山の南斜面で、北風に吹かれず、暖かい陽だまり道でした。山の早春の花、まだ残っている実などを求めて、ゆっくりとした新年ハイクでした。お散歩程度に行けるところですので、皆さんにもお勧めします。

では、見られた花・実をご覧下さい。

東光寺の寒桜。
カンヒザクラとヤマザクラ系のサクラとの雑種です。熱海桜と言われるのも寒桜です。身近な所では、久地駅のところでも見られます。
e0145782_17221466.jpg

e0145782_17223142.jpg

e0145782_17224521.jpg

ヤブツバキ。
e0145782_1723911.jpg

八重咲きスイセン。
e0145782_17232923.jpg

ニホンスイセン。
黄色い副冠の中に、オシベ3個、メシベ1個があり、良い香りを放っていますが、虫からは無視されています。過去のある時点で、3倍体植物へ変化(進化)してしまったので、受粉して種子をつくることはありません。でも、変化(進化)する前に一生懸命に、虫を呼び、花粉を運んでもらおうとしていた仕組みは今でも残り、人間のために、芳香を放っています。
e0145782_17235521.jpg

ブロッコリーの花。
キャベツ、葉牡丹、ブロッコリー、カリフラワーはアブラナ科アブラナ属ですから、十字花の俗に言う「菜の花」を咲かせます。
e0145782_17241812.jpg

菜の花。(小松菜の花のようでした。)
e0145782_1724416.jpg

ホトケノザ。
七草のホトケノザは現在の名前「コオニタビラコ」と改名させられ、仏から鬼の仲間となりました。現在のホトケノザは唇弁のきれいな話し上手な、この花です。花の名前を決める人を、お口上手にだまして、「私きれいでしょう」と、良い名前を手に入れたのではないかと思います。
e0145782_1725915.jpg

フユノハナワラビ。シダの仲間です。
e0145782_17261233.jpg

スミレ。
何と山道に、スミレが咲いていて感激しました。
e0145782_17252965.jpg

e0145782_17254831.jpg

白梅。
e0145782_172725.jpg

ツツジの花。
早咲きなのか遅咲きなのか知りませんが、きれいな花を咲かせていました。
e0145782_17272366.jpg

アロエの花。
三浦富士などの遠景に見える山が北風を防いでくれているお蔭で、やはり温暖な土地なのだと実感しました。
e0145782_17274770.jpg

マサキの実。
e0145782_172971.jpg

トベラの実。
e0145782_1729237.jpg

ハリギリの実。
e0145782_17294497.jpg

トキリマメの実。
e0145782_17295415.jpg

イヌツゲの実。
モチノキの仲間は、ほとんど赤い色の実ですが、イヌツゲだけは黒い実です。
e0145782_1730019.jpg

観光農園のハウス内のイチゴ。
美味しそうでしたが、今回は、イチゴ摘みはしませんでした。
e0145782_1730555.jpg

名も判らない鳥1羽がトリをつとめます。
e0145782_1730232.jpg

以上
by midori7614 | 2009-01-17 17:36 | 関東のみどり
<< 2月1日 小石川植物園その1 11月4日 中禅寺湖南岸ハイク >>