のん木草・みどり見て歩き

木曾駒ケ岳・昨年の夏の花

昨年8月3~4日、木曾駒ケ岳(千畳敷カール)へ行ってきました。3日の午後3時頃までは、霧も出ないで花の撮影には良かったのですが、山小屋に入った後は、霧と雨で外に出られませんでした。夜は、久しぶりに激しい雨風の音で、安眠できませんでした。4日は、6時半から、霧と強風の中、木曾駒ケ岳(2956m)を登山し、早々と10時に下山して、早太郎温泉で2時間の大休憩を取って帰ってきました。少ないチャンスに撮影できた花の中から、お届けします。
①コバイケイ(別名コバイケイソウ)両性花と雄花の花序が良く判る花でした。
e0145782_19381917.jpg

②キバナノコマノツメ、
e0145782_19384686.jpg

③ミヤマキンバイ
e0145782_193945.jpg

④シナノキンバイ (ミヤマとシナノの違いは葉の形ではっきり区別できます)。
e0145782_19392574.jpg
 
⑤モミジバカラマツ(7月にお送りしたカラマツソウ、ミヤマカラマツとは葉の形が違います)。
e0145782_19395164.jpg

⑥オオヒョウタンボク(花が2対あり、赤い果実が2個合着したようにみえるので、ヒョウタンと言う名前となりました。花はヒョウタン以前の状態です。) 
e0145782_19403077.jpg

⑦イワカガミ  
e0145782_19405247.jpg

⑧アオノツガザクラ。
e0145782_19412554.jpg

⑨ショウジョウバカマ 小さな花が数個集まっている状況が良く判る花でしたので、今年再度登場です。
e0145782_19415013.jpg

⑩ハクサンイチゲ(丁度花盛りでした)。 
e0145782_19422053.jpg

⑪イワツメクサ(2956mの木曾駒ケ岳山頂まで咲いていました。頑張っていたので選びました。タカツメクサも近くに見られました。) 
e0145782_19424184.jpg

⑫クロユリ (今回のお目当ての一つ。この花はメシベがはっきり見える両性花です。他に雄花もあります)。
e0145782_1943815.jpg

他に、ゴゼンタチバナ、ナナカマド、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、ウサギギク、コウメバチソウ、ヒメウスユキソウ(木曾駒ケ岳特有種)も見られました。
以上
by midori7614 | 2008-08-19 19:45 | 上信越のみどり
<< 霧が峰・昨年8月下旬の花 奥多摩・昨年の夏の花 >>