のん木草・みどり見て歩き

7月26日 立山自然観察第1日・その2

第1日のその2として、弥陀ヶ原で撮影できた花などを掲載しておきます。(1回のブログ掲載写真が約20枚で、容量限度となるため、2回に分けております)

モミジカラマツ。 キンポウゲ科カラマツソウ属。
e0145782_15453523.jpg

ニッコウキスゲ。ユリ科キスゲ属。
立山、白山の信仰で、御山に歩いてくる道を、禅定道と言い。この道脇に、咲いていたところから、立山、白山では、昔から「禅定花=ゼンテイカ」と呼ばれていたそうです。2年前に、白山に登った時に、教わりました。
e0145782_15562149.jpg

キンコウカ。ユリ科キンコウカ属。この花もユリ科ですと言うと驚いてシゲシゲと見るきになる黄の花ですね。
e0145782_1545536.jpg

コメツツジ。ツツジ科ツツジ属。
e0145782_15461918.jpg

シシウド。 セリ科シシウド属。
e0145782_15464397.jpg

ウツボグサ。シソ科ウツボグサ属。
e0145782_1547712.jpg

テガタチドリ。ラン科テガタチドリ属。
e0145782_15472898.jpg

ウラジロナナカマド。 バラ科ナナカマド属。
e0145782_15474865.jpg

オニシモツケ。バラ科シモツケソウ属。
e0145782_154898.jpg

ヤナギの果穂。風で種子が散布される。
e0145782_15483520.jpg

チングルマの果穂。風で種子が散布される。弥陀ヶ原では、花が終って、実となっていたが、500m高い室堂から上では、花盛りでした。花の写真は、第2日分に掲載します。
e0145782_15485687.jpg

ワタスゲの果穂。カヤツリグサ科ワタスゲ属。風で種子が散布される。
e0145782_15491928.jpg

ミヤマホタルイ。カヤツリグサ科ホタルイ属。餓鬼の田んぼの中。まだ、花はなし。
e0145782_15493914.jpg

イワイチョウ。ミツガシワ科イワイチョウ属。カミキリみたいな虫が花に集っている。
e0145782_1550568.jpg

モウセンゴケ。 モウセンゴケ科モウセンゴケ属。まだ、白い花は咲いていなかった。
e0145782_15502686.jpg

コバノトンボソウ。ラン科ツレサキソウ属。
最初は、キソチドリかと思いましたが、同じ仲間のコバノトンボソウではないかと思う。
e0145782_15504812.jpg

タニウツギ。 スイカズラ科タニウツギ属。
e0145782_1551956.jpg

ハクサンボウフウ。 セリ科カワラボウフウ属。
e0145782_15512745.jpg

ヤマハハコ。 キク科ヤマハハコ属。
e0145782_15514751.jpg

ワレモコウ。バラ科ワレモコウ属。
e0145782_1552738.jpg

以上
by midori7614 | 2008-07-29 15:57 | 上信越のみどり
<< 7月26日 立山自然観察第1日... 7月25日 富士5合目お中道の... >>