のん木草・みどり見て歩き

2月26日 小石川後楽園と小石川植物園

かわさき市民アカデミーみどり学受講生有志で結成しているサークル「みどり葉っぱ会」の新年度第5回目の見て歩き行事を、小石川後楽園と小石川植物園で行いました。午前は、小石川後楽園に10時に集合しました。寒い日が2日続きましたが、幸運にも、この日から晴天に恵まれ、日当たりの良いところでは、寒さを感じずに過ごすことが出来ました。昼食は、入口近くの涵徳亭で美都屋の後楽園弁当(650円)を、美味しく食べました。午後から、小石川植物園へ移動し、15時半まで観察をして、現地解散しました。2か所の観察会と欲張った計画でしたが、無事に終了して良かったです。

見られた植物を、見た順に掲載します。
小石川後楽園で見られた植物。
ウラクツバキ(有楽椿)。ツバキ科ツバキ属。
普通はタロウカジャ(太郎冠者)又はウラク(有楽)と呼ばれる椿です。一重・中輪・筒咲き~ラッパ咲きで12~4月咲きと長い間楽しめます。花は 淡紅色に紫の色素が混じる柔らかい色で 香りがあります。
e0145782_1742107.jpg

サンシュユ。ミズキ科ミズキ属。
中国、朝鮮半島の原産。高さ4~5メートルの落葉する小高木で、花は、早春に葉に先だって小さな黄色い花を塊状に付ける。一つの冬芽の中に40個前後の花が入っている。花弁は4個で反り返り、オシベは4個。メシベ1個。
e0145782_17424130.jpg

ジンチョウゲ。ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。
枝先に香りの良い花を頭状につける。花には花弁はない。花のように見えるのは萼である。強い香りがあり、樹液には皮膚炎を引き起す成分が含まれている。
e0145782_1743976.jpg

シロバナジンチョウゲ。花の色が白いジンチョウゲの品種。
e0145782_17434032.jpg

ウメの品種。
浜千鳥。
e0145782_1744611.jpg

冬至。
e0145782_17443583.jpg

見驚。
e0145782_17452135.jpg

白加賀。
e0145782_1746918.jpg

紅千鳥。
e0145782_17464237.jpg

玉英。
e0145782_17471176.jpg

未開紅。
e0145782_17474060.jpg

唐梅。
e0145782_17482364.jpg

大盃。
e0145782_1749171.jpg

ボケ(木瓜)。バラ科ボケ属の落葉低木。
若枝は褐色の毛があり、古くなると灰黒色。花は3 - 4月(秋咲き種は11月~12月)に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき、径2.5 - 3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。
e0145782_1750664.jpg

マンサク。マンサク科マンサク属の落葉小高木。
葉の展開に先立って花を咲かせる。花は2から4個が固まってつく。黄色い花びら(花弁)は4枚。萼片も黄色いものもある。オシベは4個、メシベ1個、メシベは2本の花柱を持つ。
e0145782_1750428.jpg

小石川植物園で見られた植物。
シナマンサク。マンサクと区別がつきにくいが、シナマンサクのほうが香りは甘く強い。
また、花が咲く時期にも褐色の枯れ葉が残っていることが多い。
e0145782_17513268.jpg

ヒゼンマユミの実。ニシキギ科ニシキギ属の常緑小高木。
本州(山口県)~沖縄の暖地に自生する。実は橙色の仮種皮に包まれる。マユミと比べると、実の色が異なるのですぐに区別ができる。
e0145782_1752781.jpg

ウメの品種。
雪の曙。紅梅性とは枝の髄が赤いものを言います。ほとんどが花弁も赤いのですが、これは紅梅性のウメでも、花弁が白いウメです。
e0145782_17551470.jpg

古郷の錦。
e0145782_1757926.jpg

黄梅。野梅系。花弁は退化し小さくなった五弁で、香りが強く、花弁にくらべて雄しべが長くて目立つ。
e0145782_175962.jpg

てっけん梅。野梅系。花弁は蕚片より小さく、いわゆるしべ咲きとなる。
e0145782_17594051.jpg

八房。野梅系。一つの花中に子房が数個あり、数個結実する。
e0145782_1805847.jpg

モクレイシの雄花。ニシキギ科モクレイシ属。海岸近くの林に生える常緑樹。
3~4月に葉腋に緑白色の、小さな花を持つ。雌雄異株。花弁は5枚。雄しべが目立つのが雄花、雌しべが目立つのが雌花。花弁は、雌花が小さい。花はかすかに芳香があり、キンモクセイに似た良い香りがします。
e0145782_1813476.jpg

アテツマンサク。岡山県阿哲地方のマンサクの変種。
e0145782_1825832.jpg

椿の品種。
カメリア ドルピヘラ。中国、ベトナム原産のツバキ。
e0145782_1833320.jpg

菊更紗。
e0145782_184457.jpg

光源氏。
e0145782_1843648.jpg

寒桜。
寒桜は一番早く咲く。つぼみは紅色。花は淡紅色で、縁がやや濃い。葉のでる前か同時に開花。寒緋桜と山桜の雑種と推定されている。もう葉桜の咲き残りでした。
e0145782_185519.jpg

ウンナンオウバイ。モクセイ科 ソケイ属。
中国西南部原産の常緑低木であり、明治初期に渡来した。茎は根元から多数分枝し、上部で垂れ下がるので斜面への植栽が適している。若い茎は緑色で断面は四角形。低い稜があり太くなるにつれて断面は円形になる。葉は対生で3小葉からなり、頂小葉は5cm前後。3月から4月にかけ、直径4cm前後の黄色い花を咲かせる。花はオウバイに似ているが、常緑であることもあってオウバイほどは目立たない。花冠は6~8つに分かれるが、花の中心から旗弁がでるものもある。中心には1本の雌しべと2本の雄しべがあるが、種子は稔らない。
e0145782_1863550.jpg

カンヒザクラ(寒緋桜)。中国南部から台湾にかけて分布する桜。1月から3月が開花期。花の大きさは1.5~2.5cm程度。下向きに半開の花をつける。
e0145782_1873180.jpg

以上
by midori7614 | 2016-02-27 18:10 | 関東のみどり
<< 3月3日 小田原・辻村植物園と... 2月23日 東高根森林公園観察会 >>