のん木草・みどり見て歩き

12月7日金沢文庫・称名寺市民の森見て歩き。

かわさき市民アカデミーみどり学受講生有志で結成しているサークル「みどり葉っぱ会」の年内最終の見て歩き行事で、金沢文庫・称名寺市民の森の紅葉を見て歩きをしてきました。天気予報では、晴れ時々曇り、北風4mでしたが、日中は晴れ、風も昼時に吹いただけで、ほぼ無風に近く、小春日和の中、今年最後と思われる紅葉・黄葉を堪能いたしました。
また、金沢三山(金沢山・稲荷山・日向山)は、丘陵程度の低山ですが、アップダウンがあり、急登の階段上りは少し厳しい状況でしたが、ゆっくり歩きましたので、全員疲れた様子はありませんでした。

なお、行程は次の通りでした。金沢文庫駅10:00→(歩き15分)→称名寺(赤門~仁王門~阿字池~反り橋~中の島~金堂前の不思議な楓「青葉の楓」:常盤楓:イタヤカエデの別名~釈迦堂~鐘楼)→イヌビワ・カンレンボク・カイノキを観察→11:40イチョウ大木のそばで昼食休憩12:20→称名寺市民の森=金沢三山(金沢山・稲荷山・日向山)→称名寺→金沢文庫→薬王寺墓地→(歩き15分)→金沢文庫駅(15時頃解散)。

先ず、称名寺で見られた紅葉~黄葉の風景をご覧いただきましょう。
称名寺仁王門の風景。右側の木はケヤキの紅葉。
e0145782_19443293.jpg

仁王門から浄土庭園を覗き視る。黄葉が多い。
e0145782_19474290.jpg

浄土庭園の阿字池と中の島に架かる反り橋と平橋。
e0145782_19484184.jpg

阿字池に映るイチョウの黄葉。
e0145782_19491818.jpg

阿字池と金堂、鐘楼の風景。
e0145782_19494470.jpg

中の島のイロハカエデの紅葉。
e0145782_19502894.jpg

阿字池岸のイロハカエデの紅葉。
e0145782_1951659.jpg

金堂近くの金沢8名木の一つと言われる「青葉の楓」の2代目の木。3582(2)
この木は謡曲「六浦」に取り上げられた木で、紅葉せずに青葉のままとなったと言う由緒ある木です。カエデの種類としては、常盤楓(イタヤカエデの別名)で、耐寒性が強いので、イロハカエデの紅葉の時期でも、まだ緑の葉であり、遅れて黄色になり、決して紅葉しないので、青葉の楓と言われたのではと思います。日当たりの良い方から撮影すると黄葉していました。
e0145782_19515184.jpg

日陰側の葉は、ほとんど緑色でした。
e0145782_19523021.jpg

葉を見ると、葉の縁には鋸歯がなく、イタヤカエデでした。
e0145782_1953187.jpg

イチョウの黄葉。
e0145782_19535785.jpg

イチョウの黄葉はかなり散り始めていて、地面は黄色一色でした。
e0145782_19545680.jpg

ケヤキの黄葉。
e0145782_19553539.jpg

ハゼノキと思われるウルシの仲間の紅葉。
e0145782_19561236.jpg

カイノキの紅葉。
カイノキ(楷樹)はウルシ科カイノキ属の落葉高木。 別名:カイジュ、ランシンボク(爛心木)、トネリバハゼノキ、ナンバンハゼ(南蛮櫨)、クシノキ(孔子の木)。名前の由来は、直角に枝分かれ、小葉がきれいに揃うことから、楷書にちなんだもの。称名寺のカイノキは黄葉しているものがほとんどで、紅葉_は既に散っているように思われました。
e0145782_19573154.jpg

他に、花で見られたのは、樹木ではサザンカでしたが、撮影しませんでした。草本では、裏山の北条実時のお墓近くに、アキノタムラソウが咲き残っていました。
e0145782_19585466.jpg

花をアップすると、シソ科特有の花でした。
e0145782_19592513.jpg

果実では、次のものが見られました。
イヌビワ(犬枇杷) クワ科 イチジク属の落葉 小高木。雌雄異株。
初夏に花を付けるが、すでにイチジクの果実状であり、花は外からは見えない集合花となっている。受粉はイヌビワコバチ類が行い、先端の穴から中に入って受粉させ、産卵する。果実は秋には黒紫色に熟し、食べられる。食感はイチジクによく似ており、小さな種が多数入っている。イヌビワとイヌビワコバチの共生関係は複雑です。雄花の奥側には雌花に似た「虫えい花」(花柱が短く、不妊)があり、これにイヌビワコバチが産卵する。翌年春にこれが幼虫になる。幼虫は虫えい花の子房が成熟して果実状になるとそれを食べ、成虫になる。初夏になると雌成虫は外に出るが、雄成虫は花序の中で雌成虫と交尾するだけで一生を終える。雌成虫は雄花の出口付近にある雄花の花粉を受け、この頃(初夏)に開花する雌花に入って授粉をする。
この写真の実は、雄花でした。
e0145782_200729.jpg

カンレンボク(旱蓮木) ヌマミズキ科あるいはミズキ科の植物の一種。
中国南部原産の落葉高木。日本には大正時代に渡来し、庭木などに利用される。集合果は直径3cmほどの球状の房になり、10月から11月頃に稔る。黄緑色でバナナの房が丸くなった感じである。食べてみるとほんのり甘い。
果実や根をはじめ植物全体にカンプトテシンという抗癌作用のある物質が含まれている。しかし、毒性も強いので強い副作用が報告され、臨床試験は中断した。
生命力が強いので、子孫繁栄などの喜びの木を意味するキジュ「喜樹」の名前もある。
e0145782_2003637.jpg

称名寺以外の場所で見られた果実。
サネカズラの果実がほとんど落ちた果床。
e0145782_201427.jpg

1ヶ月前の野川公園で見られたサネカズラの果実。
e0145782_2025645.jpg

ニシキギ科マサキの果実。
e0145782_2013645.jpg

モチノキ科クロガネモチの果実。
e0145782_202258.jpg

以上
by midori7614 | 2015-12-08 20:05 | 関東のみどり
<< 1月21日 上野東照宮ぼたん苑 12月1日(火)養老渓谷・亀山... >>