のん木草・みどり見て歩き

11月19日高尾山頂上付近見て歩き

かわさき市民アカデミーみどり学受講生有志で結成しているサークル「みどり葉っぱ会」の見て歩き行事で、高尾山頂上付近の紅葉の見て歩きをしてきました。1週間前から発表されていた週間天気予報では、17日までは、曇り時々雨・降水確率50%でしたが、前日18日夕方の予報で、日中降水確率0~10%と雨の心配はなくなっていましたので、実施しました。前日午後から、しっかり降っていた雨は、朝方には止み、朝早くは晴れ間が出ていましたが、10時以降は、ほとんど曇り空でした。見て歩きコースは、雨上がりで滑りやすい道をなるべく通らないように変更して、全員転ぶことなく歩き、リフトが込み始める直前に、早めに下山しました。歩いたコースは次のとおりでした。
ケーブルカー頂上駅⇒霞台⇒(1号路・女坂)⇒薬王院⇒3・6号路合流点⇒(5号路)⇒紅葉茶屋[なめこ汁で昼食]⇒(5号路)⇒高尾山頂下トイレ⇒高尾山頂上⇒(1号路)⇒不動堂⇒薬王院本堂⇒[男坂]⇒浄心門⇒リフト山上駅。

見られた紅葉風景などを見られた順に、ご参考に掲載します。

朝早くは、青空でしたので、高尾山駅からケーブルカー乗り場へ急ぎました。
e0145782_14594591.jpg

高尾山駅近くで、川沿いの紅葉。
e0145782_1501231.jpg

ケーブルカー乗り場手前の広場の紅葉。
e0145782_1505189.jpg

e0145782_1512549.jpg

e0145782_152320.jpg

ケーブルカー頂上駅から北方の中央道と圏央道のジャンクションの風景。手前の紅葉は、主としてイヌブナ。
e0145782_1524392.jpg

イヌブナの黄葉⇒褐葉。
e0145782_1531448.jpg

霞台から南方の川崎~横浜方面の黄葉。
e0145782_1534771.jpg

霞台から南方の相模湾方面の紅葉。
e0145782_1542770.jpg

霞台付近のブナ大木。
e0145782_15509.jpg

霞台付近のコナラの大木。
e0145782_1553262.jpg

霞台付近のケヤキの大木。
e0145782_1561121.jpg

メグスリノキ(目薬の木、目薬木)の葉表を見る。
e0145782_1564193.jpg

メグスリノキの葉裏を見る。
e0145782_1572138.jpg

メグスリノキの葉。葉は長さ5~13cm程度で、三枚の小葉からなる三出複葉。葉柄が毛深いのが特徴。
e0145782_1575467.jpg

日が当たって、光合成でブドウ糖が出来た部分は紅葉するが、日陰で光合成できなかった部分は緑色のまま。
e0145782_1583381.jpg

シロダモの赤い実。
e0145782_15125716.jpg

マユミの桃色の実。
e0145782_15133555.jpg

薬王院の紅葉。
e0145782_15145928.jpg

e0145782_1515214.jpg

イタヤカエデ(板屋楓)  長さ、幅ともに5~10cmで、掌状に浅く裂け、無毛で鋸歯がなく秋には黄褐色となって散る。
e0145782_15295083.jpg

e0145782_15301420.jpg

ウリハダカエデ(瓜膚楓) 葉身は、長さ、幅ともに6-15cmの扇形5角形で、浅く3-5裂し、裂片の先端は尾状に鋭くとがり、基部は浅心形から切形になり、縁には不ぞろいの重鋸歯がある。
e0145782_15283845.jpg

e0145782_15285774.jpg

オオモミジ(大紅葉) 母種のイロハカエデとよく似る。葉の縁が、細かい単鋸歯なのと、葉が大きいことで区別できる。 葉は対生で、掌状に7~9裂する。
e0145782_1516635.jpg

e0145782_15163023.jpg

カジカエデ(梶楓) 葉は5角形で中裂する。大きさは長さ4~14cmで、変異が大きい。上部の3裂片が大きく、縁には荒い鋸歯がある。
e0145782_1526174.jpg

カナダの国旗であるメープルカエデと似ている。
e0145782_1526413.jpg

クロモジ(黒文字) 葉は洋紙質で楕円形、深緑でつやはない。葉裏はやや白っぽい。黄葉する。
e0145782_1517151.jpg

クロモジの丸い花芽と尖った葉芽。
e0145782_15175610.jpg

ダンコウバイ(檀香梅) 葉質はやや厚く、表面はつやのない緑、若葉の裏面には毛が生えている。黄葉する。
e0145782_15183695.jpg

ダンコウバイは、葉によって裂け方にかなり個体差があり、裂けない葉もある。
e0145782_15191494.jpg

アブラチャン(油瀝青) 質は薄く卵型から楕円形。全縁で葉先はとがり、葉柄は赤みを帯びる。黄葉する。
e0145782_1524821.jpg

e0145782_15245364.jpg

ヤマボウシ(山法師、山帽子) 葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4~12センチ、全縁でやや波打つ。
e0145782_15195282.jpg

同じ仲間のハナミズキと一緒で紅葉が綺麗。
e0145782_15202286.jpg

シラキ(白木) 葉は互生し、葉身は楕円形~広卵形。表面は無毛で少し光沢がある。縁は全縁だが、大きな波状となる。
e0145782_15222894.jpg

シラキは、秋には紅~サーモンピンクに紅葉する。紅葉の綺麗なナンキンハゼの仲間で、綺麗に紅葉する。
e0145782_15225739.jpg

紅葉台の紅葉。
e0145782_1521277.jpg

枝垂れカキノキ。
e0145782_15212887.jpg

花では、オクモミジショウマ、カシワバハグマ、シラヤマギク、オヤマボクチが見られましたが、咲き残りできれいとは言えませんでしたので、掲載を省略します。
以上
by midori7614 | 2015-11-20 15:32 | 関東のみどり
<< 12月1日(火)養老渓谷・亀山... 11月12日 養老渓谷滝めぐり... >>