のん木草・みどり見て歩き

1月26日 昭和記念公園

かわさき市民アカデミーみどり学のサークル「みどり葉っぱ会」の見て歩き行事で、昭和記念公園へ行ってきました。曇り後晴れ後曇りと変わりやすいお天気でしたが、見て歩き時間はおおむね晴れていてラッキーでした。
歩いたコースは次の通りでした。園内西立川口10:00集合→入口近く(スノードロップ、クリスマスローズ)→レークサイド(メタセコイア)→渓流広場(サザンカ、洋スイセンとニホンスイセン)→日本庭園(白梅、雪つりをされた松)→こもれびの里(ロウバイ、セツブンソウ)→原っぱ中央売店→ふれあい広場レストラン(ゆっくり昼食)→花木園(ヤブツバキ、ニホンスイセン、フクジュソウ、スノードロップ、クリスマスローズ、パンジー、ローズマリー、スノードリフト)→池の畔(スズカケノキ)→15:00西立川口解散。

おおむね見られた順に掲載します。
スノードロップ。
e0145782_20525637.jpg

e0145782_20531958.jpg

クリスマスローズ。キンポウゲ科クリスマスローズ属 ヨーロッパ原産、南ヨーロッパ・中央ヨーロッパ・トルコなどに自生。クリスマスローズと春咲きクリスマスローズがある。クリスマスローズは、12~2月ころに咲き、ヨーロッパ原産。春咲きクリスマスローズは、3~4月ころに咲き、ギリシャやトルコ原産。一般には両方ともクリスマスローズの名で呼ばれている。
花びら状に見えるのはがく片で、花弁は退化して雄しべの基部のまわりにある。雄しべ多数、雌しべ10個前後。セツブンソウの花の構造に類似。
e0145782_20535793.jpg

e0145782_20542070.jpg

メタセコイア。
e0145782_205529.jpg

その雄花の花芽と昨年の球果の残滓。
e0145782_20553445.jpg

ネムノキの実。
e0145782_20555513.jpg

サザンカ系統のカンツバキ。
e0145782_20562070.jpg

ヤブツバキ。
e0145782_20564821.jpg

洋スイセン。
e0145782_20571723.jpg

e0145782_20574086.jpg

ニホンスイセン。ヒガンバナ科スイセン属 和名:日本水仙 中近東~地中海沿岸の原産。日本全土で観賞用として栽培され、一部が野生化して比較的暖地の海岸の砂浜に群生。葉の中央部から花茎(かけい)を長く出し、その花茎の先に苞(ほう)がつき、中に直径3センチくらいの白色の芳香のある花を横向きに数個つける
花には2~3センチの柄があり横方に伸びた長い花冠筒部に続き、筒部の先に6花被片があり、中央には黄色の盃状の副花冠(ふくかかん)があり、雄しべ6、雌しべ1
この花には、種子が出来ないので、増殖は鱗茎(りんけい)の株分けで行う。
e0145782_2058186.jpg

花の中央を観察。黄色いサークルはオシベの変態、オシベの花粉は6個。
e0145782_20584713.jpg

日本庭園の雪つりの松。
e0145782_20591475.jpg

ソシンロウバイ。ロウバイより花が大きく、内側の花被片まで淡黄色であり、甘い香りが良い。大型の花の品種に、満月蠟梅という人気品種がある。
e0145782_20594161.jpg

花の中央をアップ。オシベの葯がメシベに測着。
e0145782_210780.jpg

今回お目当てのセツブンソウ。キンポウゲ科セツブンソウ属 和名:節分草。
本州関東以西の山地の木陰、樹林下などに自生する日本固有種
地下には球形直径約1.5センチの塊茎が1個あり、茎は高さ10~15センチ上部で横に寝る。根生葉は5~10センチの柄があり5角状円形で3全裂、裂片は羽状に欠刻して長さ幅が3~5センチ。花は茎頂に不規則に線形に分裂した苞葉を輪状につけ、その先端に白色径約2センチの美しい花を1個つける。花びら状に見えるのは5個のがく片で、花弁は退化して黄色の密腺になっている。葯は淡紫色、雄しべ多数、雌しべ2~5個。
e0145782_2104384.jpg

松ぼっくりと比較して、可愛い花です。
e0145782_211243.jpg

メシベ、オシベ、花弁、萼片がどれかを確認してください。
e0145782_2114766.jpg

ヒマラヤシーダの球果。
e0145782_2121332.jpg

球果から種子が飛び散り、残された球果の芯。
e0145782_212535.jpg

フクジュソウ。開花し始め。キンポウゲ科フクジュソウ属 和名:福寿草 日本全土の日のよく差し込む山地の林床や土手、丘陵に自生。シベリア東部、サハリン、千島列島、朝鮮半島、中国北部に分布。草丈10~25センチ位の多年草。茎は直立してのび枝分かれします。根茎は短く黒褐色でひげ根が多数生える。茎の根元では大形鱗片状の鞘となり、根元より上部では、互生する長柄につき、3~4回羽状複葉、小裂片は広卵形、深裂片は線状披針形。
花は新葉の延びないうちに茎の先端に鮮黄色径3~4センチ、花弁20~30枚で、がく片より長く、雄しべ、雌しべ多数付ける。花は日を受けて開き夕刻にはつぼむ。
名前の由来は、旧暦の元旦の頃に開花することから、幸福の「福」と、めでたい長寿の「寿(ことぶき)」をあてて、福寿草(ふくじゅそう)の名がついたという。また、開花の時期から、元日草(がんじつそう)、朔日草(ついたちそう)という別名ある。
e0145782_2132255.jpg

球形の花托にメシベが多数ついている。
e0145782_2135089.jpg

パンジー。
e0145782_214215.jpg

ローズマリー。シソ科の常緑性低木。地中海沿岸地方原産。
生葉もしくは乾燥葉を香辛料、薬(ハーブ)として用いる。花も可食。水蒸気蒸留法で抽出した精油も、薬として利用される。
e0145782_2144439.jpg

スノードリフト(クレマチスの仲間)。
e0145782_2151598.jpg

モミジバスズカケノキ。
e0145782_2153880.jpg

その実。
e0145782_216943.jpg

以上
by midori7614 | 2015-01-28 21:09 | 関東のみどり
<< 2月4日 自然教育園 1月20日 多摩動物公園 >>