のん木草・みどり見て歩き

11月21日 神代植物公園 その2

前回その1に引き続き、バラ、ダリア、椿、サザンカの花を掲載します。

秋バラが結構きれいに咲き残っていました。
Sp(原種)系のバラ。
原種とは自生している野生種のことで、150~200種あると言われている。

コウシンバラ。中国原産のこのバラを、ヨーロッパ原産のガリカ系のバラと交配し、四季咲きのモダンローズが誕生したそうです。
e0145782_1750086.jpg

コウシンバラの実。花托が大きく膨らんだ偽果で、この中に、果実が数個入っています。9106、9109
e0145782_17505735.jpg

e0145782_17514797.jpg

中国原産のロサ・キネンシス。
e0145782_17534424.jpg

ロサ・キネンシスの枝替わりのグリーンローズ。
e0145782_17543115.jpg

HT(ハイブリッド テイー)系のバラ。
ハイブリッド・パーペチュアルとティー・ローズを交配して作られた、四季咲きバラ。
1867年に発表された「ラ・フランス」が、ハイブリッド・ティー・ローズの第1号である。
四季咲き、耐寒性、強健の性質を持っている。一輪咲きの切り花の大半がこの系統である。
現代バラの主流はほとんどこの系統のものである。若い芽は紅紫色を帯びることが多く、花柄が長く丈夫で切り花にもてきしている。

ジョセフィン ブルース。
e0145782_1755814.jpg

ファルツアー・ゴールド。
e0145782_1756065.jpg

フロージン82。
e0145782_17563847.jpg

ブルーパーフューム。
e0145782_17579100.jpg

ブルームーン。
e0145782_17574577.jpg

F(フロリバンダ)系のバラ。
房咲きで四季咲き性、直立性のバラ。ハイブリッド・パーペチュアル系とポリアンサ・ローズ系の交配に由来する。デンマークのポールセンが作出したもので、耐寒性が強い四季咲きである。花壇向きで、庭園用に人気を集めている。

ピンクシフォン。
e0145782_17582171.jpg

緑光。
e0145782_1758569.jpg

セブンテイーン。
e0145782_17593294.jpg

ブルー・リバー。
e0145782_1801212.jpg

ブルー・バユー。
e0145782_1804852.jpg

ダリア。
e0145782_1822328.jpg

e0145782_181438.jpg

椿園の花。
ツバキ系の蝋月。
e0145782_1822183.jpg

ツバキ系の雪月花。
e0145782_183315.jpg

ヤブツバキとチャノキの交雑種の白侘助。
e0145782_1833676.jpg

サザンカ系の大空。
e0145782_1841825.jpg

他にも、いろいろ見られましたが、写真撮影は見送りにしました。
7年間続きましたみどり学Ⅱワークショップは今期を持って終了しますので、今回の野外授業が最後となりました。7年間、事故がなく、無事終了しましたので、ほっとしました。
以上
by midori7614 | 2014-11-22 18:09 | 関東のみどり
<< 11月21日 バラの花弁に付く水滴 11月21日 神代植物公園 その1 >>