のん木草・みどり見て歩き

9月6日 日光白根山散策コースの観察

前日までの6日の天気予報は、くもり時々雨でしたので、どうなるかと朝目覚めると、予想外に良いお天気でした。7時からの朝食を早めに済ませ、大きな荷物をシャレー丸沼のロッカーに預け、軽装で出発しました。すぐ近くのゴンドラ乗り場から、往復ゴンドラ利用の楽々登山です。
山頂駅近くの展望台からの景色は次のとおり。
日光白根山。
e0145782_15315282.jpg

武尊山、苗場山方面の山なみ。
e0145782_15322830.jpg

散策コースは次の看板で、想像して下さい。自然豊かな良いコースです。
e0145782_15331378.jpg

まず、人工の植栽ですが、ロックガーデンは次の花が見られました。
ヤマトリカブト.
e0145782_15334959.jpg

e0145782_15341925.jpg

ハクサンフウロ。
e0145782_15345585.jpg

ヤマハハコ。
e0145782_15361140.jpg

花をアップ。
e0145782_1537641.jpg

エゾノツガザクラ。
e0145782_1537438.jpg

コマクサ。
e0145782_15381535.jpg

キレンゲショウマ。
e0145782_15385323.jpg

散策路で見られた植物。
キオン。
e0145782_15392748.jpg

ヨツバヒヨドリ。
e0145782_1540443.jpg

小花をアップ。小花は1個でなく、数個の花が集まった小さな花序でした。
e0145782_15404026.jpg

アサギマダラが蜜を吸いにくる花です。
e0145782_15411022.jpg

アサギマダラは、ヨツバヒヨドリだけでなく、アザミの蜜も吸っています。いろいろの花の蜜を吸うから、いろいろな場所で生きていかれるのでしょう。
e0145782_15414684.jpg

カニコウモリ。9月の時期は、花はカニコウモリだけの感じでした。
e0145782_15422071.jpg

e0145782_15425244.jpg

亜高山帯の針葉樹4種(シラビソ、オオシラビソ=アオモリトドマツ、トウヒ、コメツガ)の見分け方(幹肌、葉のつき方など)の説明が、何度も繰り返しありましたので、その時は判ったつもりになりました。
シラビソ(左)とオオシラビソ(右)
e0145782_15432842.jpg

熊が樹皮を剥がした痕跡。シカは樹皮を食べるが、クマは樹液を舐めるだけなので、樹皮は残されるとのこと。
e0145782_1544769.jpg

ダケカンバとシラビソの混生林。ダケカンバの林の中に、シラビソが後から侵入する。
e0145782_15452286.jpg

倒木更新。コケが倒木更新を助けている。
e0145782_15462881.jpg

シラネワラビ。シラネアオイほかシラネという名前が付く植物があるが、このシダもその一つ。
e0145782_1547369.jpg

ネコシデ(ウラジロカンバ)の葉。樹液がサロメチールのような香りがする。短枝から2枚の葉が出ているのも特徴。
葉表。
e0145782_15474467.jpg

葉裏。
e0145782_15481721.jpg

スノキ赤い実。
e0145782_1549220.jpg

ゴゼンタチバナ赤い実。
e0145782_15494259.jpg

ゴンドラで下山した丸沼高原での観察。
ウド。
e0145782_15501553.jpg

花序に沢山の虫が蜜を舐めになってきていました。
e0145782_15504354.jpg

ゲンノショウコ。
e0145782_15511768.jpg

温泉入浴の誘惑の方が強く、観察はここまでとして、入浴してしまいました。さっぱりして、17時20分頃に新宿西口へ戻ってきました。今回は、お天気に恵まれ、楽しい2日間の観察会となりました。
以上
by midori7614 | 2014-09-08 15:58 | 関東のみどり
<< 9月9日 大和市ふるさとの森~... 9月5日 戦場ケ原の植物観察 >>