のん木草・みどり見て歩き

シラン

本日は、久しぶりの雨の1日でした。4日ぶりに、家の中で、いろいろと片づけをしていますが、散らかり過ぎていて、1日では片付かないです。本日のブログには、ラン科のシランを取り上げてみます。

我が家の庭のツツジとツツジの間のやや日蔭の場所に、シランを植栽しています。毎年5月に花を咲かせてくれます。
e0145782_17463621.jpg

それでは、シランの花を観察してみましょう。この花も皆さん見慣れている花ですね。
つぼみと花。
e0145782_17475988.jpg

開花した花の中を正面から覗き視ましょう。黄色い塊(かたまり)の葯帽(やくぼう)はオシベの花粉塊(花粉をぎっしりと固めたもの)です。葯帽の葯は花粉のことで、ずい柱の先端で帽子みたいにかぶっている様に見えるので、葯帽と呼ばれるようです。
e0145782_17474842.jpg

花の裏側の様子も観てみましょう。
ランの花の花弁については、5枚と言う人も結構多いですが、花が散らないように外側から抑えているのは3枚で、花びらとしての役割りを演じていますが、機能としては萼片です。
e0145782_17481846.jpg

花の側面からも観てみましょう。萼片に守られて、その内側に花弁3枚(側花弁2枚と唇弁1枚)、オシベとメシベが合体した「ずい柱」があるのが花の構造です。
e0145782_17485264.jpg

次に、萼片3枚を取り除いてみました。花弁3枚とずい柱です。
e0145782_17492293.jpg

更に、左右上方の2枚花弁を取り除いてみました。中央下方の唇弁と言われる花弁1枚とずい柱です。
e0145782_17495383.jpg

唇弁も取り除くと、ずい柱だけが残りました。上の先端にオシベの葯の役割りに相当する、10数万の花粉粒のかたまりである葯帽があります。そのすぐ下の横に拡がって、少し突き出ているように見えるのがメシベの柱頭の役割りに相当する部分です。
e0145782_17502060.jpg

取り外した唇弁も観てみましょう。ハナバチに花粉塊を授受粉させるためには、花の奥にある蜜のところに、一本道のトンネルに入り込ませて、蜜を吸わせます。蜜を吸った後は、一本道のトンネルのレールを踏み外させないで後ずさりさせることで、ハチの頭に付着した花粉塊をメシベの柱頭でキャッチしたり、オシベの花粉塊をハチの頭に付着させます。巧妙な仕組みには感心させられます。
e0145782_17505213.jpg

オシベ花粉塊とメシベ柱頭をアップして視ました。
e0145782_17511829.jpg

この授受粉を確実に行うために、花の上下が逆転するように、花柄が調節するために、180度ねじれています。
e0145782_17514637.jpg

e0145782_1752731.jpg

ランの仲間は、キク科の仲間と勝るとも劣らずに、植物の中で一番進化している種類と言われています。従って、不思議な特徴や事象が沢山ありますね。
以上
by midori7614 | 2013-05-20 17:54 | 身近なみどり
<< ハリエンジュ(別名:ニセアカシア) 5月17日 金沢自然公園 >>