のん木草・みどり見て歩き

3月26日 神代植物公園の樹木の花

昨日の桜に引き続き、見られた樹木の花を掲載します。
桜の花を追いかけるのに忙しい時期に、ルーペを使って見るような花を観察する人は少なく、変人に思われそうな観察会でした。

オオバベニガシワ。赤い若葉がきれいです。
e0145782_5233624.jpg

雌雄同株の雄花。
e0145782_5245218.jpg

雌雄同株の雌花。雌花は雄花の下の方に咲いていました。
e0145782_5252713.jpg

シキミ。
e0145782_5261040.jpg

メシベに着目しアップして見ました。果実は袋果が8個集まった集合果と図鑑に記載されているので、中央の白っぽいメシベは8本あって、見えないけれども子房も8個ある筈ですね。
e0145782_5265196.jpg

イロハカエデ。雌雄同株で、ひとつの花序に雄花と両性花が混生する雑居花序。
e0145782_5272677.jpg

両性花なのか雄花なのかの区別は難しい。
e0145782_528887.jpg

これは雄花だと思う。
e0145782_5284695.jpg

イヌシデ。ぶら下がっているのは前年枝から垂れ下がる雄花序。雌花序は本年枝の先端や短枝のわきから出てくる葉芽と一緒の冬芽に入っていて、新葉と同時に伸びだしてくるので、まだ見えない。
e0145782_5292462.jpg

クマシデ。新葉がこれだけ展開してくると雌花序が先端から垂れ下がる。この頃には、雄花序の花粉は飛び散っている。この仕組みは、雄花先熟で、同じ木の雌花と雄花では自家受粉しないように工夫された結果である。
e0145782_5301723.jpg

ツツジの仲間。
ミツバツツジ。
e0145782_5304734.jpg

ヒカゲツツジ。
e0145782_5311872.jpg

アケボノツツジ。
e0145782_5314894.jpg

クロフネツツジ。
e0145782_5323162.jpg

ボケ。
e0145782_533459.jpg

クサボケ。
e0145782_5334078.jpg

トウグミ。
e0145782_5342097.jpg

ウグイスカグラ。
e0145782_534585.jpg

花が沢山付いたクロモジ。
e0145782_5354720.jpg

普通のクロモジ。
e0145782_5362564.jpg

ソトベニハクモクレン。
e0145782_537230.jpg

コブシ。白い6枚の花弁の下に緑色の若葉を1枚付けている。
e0145782_5405199.jpg

オニシバリ。夏になると、夏眠するために、葉が落葉して枝だけになるので、ナツボウズの別名がある。
e0145782_5414560.jpg

以上
by midori7614 | 2013-03-29 05:43 | 関東のみどり
<< 3月26日 神代植物公園野草園の花 3月26日 神代植物公園の桜 >>