のん木草・みどり見て歩き

ボケ

2月10日に、宿河原緑化センターで、ボケの花が咲いていました。
ボケの開花期間は、11月~4月下旬と言われており、11月から咲きだすボケのことを、春3~4月に開花するものと区別し、「寒木瓜(かんぼけ)」と呼ばれるそうです。
e0145782_20295876.jpg

昨年、ボケの花をいただいて、構造を調べたことがありますので、紹介します。
花の表面から見る。
e0145782_20305527.jpg

花の裏から見る。
e0145782_20312863.jpg

花の中央のオシベを見る。
e0145782_20315824.jpg

花弁を取り外して、分解してみました。
e0145782_20332629.jpg

花弁を取り外しただけでは、メシベは見えません。
e0145782_2034316.jpg

そこで、今度は花を縦割りにしました。花床には蜜があふれています。短いメシベがオシベの花糸の下に1個あります。
e0145782_20343845.jpg


ボケは日本、中国を原産とする落葉性の低木です。中国原産の野生種や日本原産の”クサボケ”を掛け合わせた園芸品種などが多く存在します。現在では200あまりの品種が知られています。花の形は、一重、半八重、八重などがあり花色は赤、白、ピンクなどで絞り模様のはいるものや2色になるものなど多彩です。
只今はまだ咲いていませんでしたが、3~4月になると、宿河原緑化センターで見られるボケの品種を紹介しておきましょう。
ポンファイア。
e0145782_2036699.jpg

マスタピース。
e0145782_20363933.jpg

司牡丹。
e0145782_20371389.jpg

金獅子。
e0145782_20374089.jpg

黒光。
e0145782_20381049.jpg

長寿楽。
e0145782_20384013.jpg

雪の嶺。
e0145782_20391967.jpg

ピンクレデイ。
e0145782_20395020.jpg

以上
by midori7614 | 2013-02-22 20:41 | 身近なみどり
<< 2月21日牧野記念庭園とユキワ... 2月20日 長尾の里めぐり >>