のん木草・みどり見て歩き

マサキ

近所を散歩していると、垣根として植栽されているニシキギ科ニシキギ属の常緑低木マサキ(柾、正木)の実が目立ちます。
e0145782_1916914.jpg

葉に斑入りの、少し変わったマサキもあります。
e0145782_19165113.jpg

樹高は1-5mで、若い茎は円く、緑色です。
葉は、短い葉柄をもって対生し、葉身は倒卵円形から楕円形で、長さ3-8cm、幅2-4cmになり、厚く革質で、強いツヤがあります。葉先は鋭頭で、基部は円形からくさび形、縁には低い鋸歯があります。
e0145782_19174661.jpg

花期は6-7月。今年枝の上部の葉腋から、集散花序を付けます。花は黄緑色で小さく、目立ちません。
e0145782_1918401.jpg

秋に果実が熟すと、裂開して橙赤色の仮種皮におおわれた種子があらわれます。
e0145782_19192554.jpg

e0145782_19193853.jpg

種子を縦割りして見ました。中は白い胚乳に満ちています。
e0145782_1920255.jpg

赤い皮をむいて見ました。薄茶色の種皮に包まれています。
e0145782_1920212.jpg

今回、マサキについて調べた事項を、ご参考に記載しておきます。
日本、中国を原産とする常緑の広葉樹で、主に葉や樹形を楽しむ庭木です。耐陰性が強く、排気ガスなどの大気汚染や潮風にも比較的強く生長が早いので生け垣によく利用されます。葉は楕円形で縁にゆるやかなぎざぎざが入り、革のような光沢があり厚めです。夏に緑がかった白色の小花を咲かせ、冬には赤い実を付けます。熟した実は3~4つに裂けて、中から赤黄色の種子が現れます。葉だけでなく、この熟して裂けた実も美しいです。
強い剪定にも耐えるので、庭の縁取りのような低い生け垣から境界になるような高めの生け垣、球形に刈り込んだ玉物仕立て、串にダンゴが刺さっているように見える2段の球形仕立てなどにできます。また、枝を切る作業を最小限にとどめて自然に近い樹形でも楽しめます。
葉の大きさや色、姿などの変種が多い樹木です。葉に黄色い中斑がはいるキンマサキ、葉が白く縁取られるギンマサキ、春の新芽が明るい黄色で非常に美しいオウゴンマサキ、葉に黄色い縁取りがはいるベッコウマサキなどが知られています。
マサキはよく生け垣に使われる木である。初夏の若葉の萌える美しさも良いが、冬に朱色の実が弾けている風情も捨てがたい。花期は6ー7月で緑白色の小さな花を付ける。
 6月はあたふたと花が咲くようで、マサキも家にあるのに花を逃すところだった。ニシキギ科特有の花だが、近寄ってみるとなかなか可愛い。秋から冬にかけて蒴果が淡紅色に熟して、3-4裂し、中から種子がはじけ出る。
以上
by midori7614 | 2013-02-09 19:22 | 身近なみどり
<< 2月10日 長尾~宿河原~久地の散策 キクザキイチゲ >>