のん木草・みどり見て歩き

ロウバイ

21日に昭和記念公園で、開花しはじめたソシンロウバイ(素心蠟梅)を見てきました。この花は、良い甘い香りを放っています。今年は例年よりも開花が遅れていますので、これから見ごろになってきそうです。
e0145782_184002.jpg

花びらは蝋梅の漢名のように半透明でロウのような質感があります。萼と花びらの区別が不明瞭で、鱗片がつぼみを覆っているようです。萼は褐色ですが、鱗片は開花時に内側のものが伸びて大きくなり、伸びた部分は黄色になります。狭義のロウバイは内側の花びらが小形で暗紫色です。
e0145782_18403269.jpg

なお、香りの良いソシンロウバイは内側の花弁まで黄色です。
e0145782_1841660.jpg

花の横側と裏側を観察しました。
茶色の小さな萼片によって、しっかりと黄色い花びらが押さえつけられています。花びらは渦巻状、らせん状についています。
e0145782_18414325.jpg

e0145782_184263.jpg

開花している部分を少し広げて、オシベとメシベの様子を写してみました。
5本(図鑑では5~6本)のオシベの先端に、葯が側着しています。中央の1本のメシベの先端には白いひも状の柱頭が多数見られます。この多数の柱頭の数だけ、メシベの基部に子房が存在している筈です。図鑑では「メシベはつぼ型の花床の中に多数つく」と書かれています。
e0145782_1842372.jpg

雌性先熟であり、まずは他の株からの花粉を受け入れ、その後に自分のオシベがメシベにひっついて受精する仕組みのようです。冬から早春にかけて、虫の少ない季節に咲く植物なので受粉を確実にしているのであろうかと思われます。
e0145782_1843201.jpg

沢山ある花びらをらせん状に順次剥ぎ取って見ました。
大小の花被片があり、十数枚~二十数枚まで、ばらつきがあります。図鑑では「花被片は多数らせん状につく。内側の花被片は小さくて暗褐色、外側の花被片は黄色で光沢がある。」と書かれている。
e0145782_18442458.jpg

花被片を除いた残りは、オシベ、メシベ、花床の部分です。メシベの子房は花床の中に埋め込まれているようで、はっきり確認できません。
そこで、まだ開花していないつぼみを縦割りにカットして、メシベの様子を見て見ました。メシベの子房のふくらみは花床(茎の先端部分)の中に存在することがはっきり判ります。
e0145782_1846736.jpg

開花しているのに昨年できた実がまだ残っていることがあります。この実は偽果と言われ、蓑虫みたいな殻(花床)の中に、数個~十数個のゴキブリの卵を連想させる果実が入っています。
e0145782_18465886.jpg

植物用語を見ると、偽果とは萼筒や花床が変化したもので、中に子房が変化した果実が入っているとか書かれています。従って、蓑虫みたいな殻は花床が変化した偽果であり、ゴキブリの卵を連想させるものは、種子でなく子房が変化した果実であることが判りますね。
そして、種子は見えませんが、果実の中に胚珠が変化したものがある筈です。

バラの実も、形態は少し違いますが、萼筒が変化した偽果で、その中に数個の果実が入っていますので、ロウバイのメシベ子房や実の構造に似ています。
以上
by midori7614 | 2013-01-25 18:48 | 身近なみどり
<< 1月25日 城ケ島 ナノハナ >>