のん木草・みどり見て歩き

オシベが花弁化するオオムラサキツツジ

昨日の雨が止んで、良いお天気となりました。当分、太陽が顔を出すお天気が続くようで、楽しみですね。
でも、私の予定は、明日24日が今年度の会長を引き受けている小さな山の会の5月定例会、明後日25日は私がコーデイネーターをしているかわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップの授業で、講師をやる日ですので、この2日間はパソコンに向き合う時間は持てそうにありません。本日も、なにかと準備していますので、調べる時間が取れませんでした。そこで、簡単ですが、オシベが花弁化していましたオオムラサキツツジを見つけましたので、これをブログ掲載します。

オオムラサキツツジは花の大きなツツジで、公園や道路脇の植え込みによく植えられています。我が家の庭にも一株植えてあります。
このツツジはケラマツツジ(慶良間躑躅)とリュウキュウツツジ(琉球躑躅)あるいはキリシマツツジ(霧島躑躅)との交配によってできたと言われています。

我が家のオオムラサキツツジは原種に近く、メシベ1本、オシベ10本のタイプです。
e0145782_18165199.jpg

花の裏側を見てみました。花弁5枚が合弁したことが推測できます。
e0145782_1817211.jpg

e0145782_18174163.jpg

短い萼片をアップして良く見ると、かなり長い毛が生えています。
e0145782_1818498.jpg

花弁の一部を取り除いて、花の内側の様子を見てみました。ネクターガイド(蜜への道標)がはっきりしています。メシベ、オシベがネクターガイドの方向に曲がっていて、蜜を求めて集まる蝶や昆虫の腹部に花粉を付けたり、メシベの柱頭で受粉したりしやすいように工夫されています。
e0145782_18182960.jpg

道路脇の植え込みでは、オシベの数が9本以下のものや、オシベが花弁に化けているものが見られます。園芸植物として、変化しているのだろうと思いました。
e0145782_18185411.jpg

e0145782_18191076.jpg

e0145782_18192334.jpg

e0145782_1819403.jpg

以上
by midori7614 | 2012-05-23 18:21 | 身近なみどり
<< 5月21日 殿ケ谷戸庭園~武蔵... キリ(桐) >>