のん木草・みどり見て歩き

フジ(藤)

本日は良いお天気でしたが、25日のかわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップの授業で使用するパワーポイントがまだ完成していないので、その作成に努めました。頭の中では、授業内容の構想はかなり前に出来上がっているのですが、いざどの写真を使い、レジメにどのように記載するかを決めようとすると、予想外に時間がかかってしまいます。この仕事を仕上げるまでは、外に出かけても、落ち着かないので、早く仕上げたいと思っています。パワーポイント作成で使用する写真と説明文などを、ブログでもご紹介しておきます。

昨日のハリエンジュに続き、同じマメ科のフジについても、同じように観察してみましたので掲載しておきます。

5月から、近所の妙楽寺、宿河原緑化センター、生田緑地などで、咲いていました。
e0145782_1921236.jpg

花穂を長く伸ばして紫色の蝶形花を多数つけて垂れ下る。
e0145782_1925375.jpg

e0145782_1931791.jpg

マメ科の植物には、蝶の形に似た蝶形花をもつものがたいへん多い。蝶形花の名前は、あたかも蝶のような形を、5つの花弁がつくることに因んでいます。蝶の頭の部分と思しき位置にある花弁は旗弁で、2対の羽根のように見えるのが翼弁と龍骨弁と呼ばれます。旗弁は1個で、真正面から見ると、花の上方に他の花弁と向き合うようについています。
e0145782_194871.jpg

e0145782_1943673.jpg

旗弁、翼弁、竜骨弁、束状になっているオシベとメシベ、萼を分解して、並べてみました。
e0145782_1951035.jpg

束状になっているオシベとメシベをアップして見てみました。薄い緑色の1本がメシベ、白い花糸がオシベ10本、メシベとオシベの基部を包みこんでいる紫色のものが萼です。束状になっているオシベ10本のうち、1本だけが合着されずに、独立していて、メシベの花柱との間に隙間を作っています。昆虫が口吻を突き込みやすいようになっています。巧妙な仕組みに驚かされます。
e0145782_1954433.jpg

合着しているオシベの花糸を裂くと、しっかりしたメシベの子房が出てきます。この子房が豆のサヤになるんですね。
e0145782_1961340.jpg

以上
by midori7614 | 2012-05-19 19:11 | 身近なみどり
<< キンラン ハリエンジュ(別名:ニセアカシア) >>