のん木草・みどり見て歩き

ハリエンジュ(別名:ニセアカシア)

本日は、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップの野外観察会で、よこはま動物園ズーラシアへ出かける予定でしたが、昨日の夜発表の天気予報が悪かったので、昨夜のうちに中止決定させていただきました。朝から、雨上がりの良い天気でしたが、昼頃に、予報どおり強風と雹混じりの激しい雨が降りましたので、行かなくて良かったと思いました。今日のブログでは、ハリエンジュ(別名:ニセアカシア)を取り上げてみました。

5月中旬から、府中の浅間山、よこはま動物園ズーラシアなどで、白い花が目立つ花です。
e0145782_1613560.jpg

新枝の脇から花穂を長く伸ばして白色の蝶形花を多数つけて垂れ下る。
e0145782_16134687.jpg

e0145782_16141724.jpg

マメ科の植物には、蝶の形に似た蝶形花をもつものがたいへん多い。蝶形花の名前は、あたかも蝶のような形を、5つの花弁がつくることに因んでいます。蝶の頭の部分と思しき位置にある花弁は旗弁で、2対の羽根のように見えるのが翼弁と龍骨弁と呼ばれます。旗弁は1個で、真正面から見ると、花の上方に他の花弁と向き合うようについています。
e0145782_16145286.jpg

花をいただいて詳細に見てみました。
花の裏側から。茶色が萼、白っぽい旗弁だけが見えます。旗弁の中央にはネクターガイド(蜜への道標)が透けて見えます。
e0145782_1615207.jpg

花の正面から。旗弁の中央にネクターガイド(蜜への道標)、下の白い花弁は左右に翼弁、その内側に合着している竜骨弁、更によく見ると、竜骨弁の先端からメシベが飛び出しています。
e0145782_16155788.jpg

横からも見てみました。右の立っているのが旗弁、下の手前・右が翼弁、下の中央・左が2枚が合着している竜骨弁です。竜骨弁の中に透けて見えているのが束状になっているオシベとメシベです。
e0145782_16225438.jpg

手前の翼弁を1枚はずし、竜骨弁を下げて、束状になっているオシベとメシベを見せてもらいました。(言い換えれば、オシベとメシベは束状となり、下側で合着する2個の龍骨弁の中に納まっている。その左右の龍骨弁の外側に位置するのが翼弁である。)
蝶形花をもつ植物では、花にやって来た昆虫などは雌雄蕊のつけ根に貯められた蜜を吸うため翼弁に脚をかけ、旗弁の基部めがけて口吻を突っ込む。そのとき脚に力が加わるので、翼弁は押し下げられ、これに連動するかたちで龍骨弁も下方に下がるので、雌雄蕊の束は剥き出し状態になり、昆虫の腹に接触する。そのとき、雌しべは花粉をもらい、雄しべは他の花へ花粉の輸送を託すという仕組みです。
e0145782_16165877.jpg

旗弁、翼弁、竜骨弁、束状になっているオシベとメシベ、萼を分解して、並べてみました。
e0145782_16173233.jpg

旗弁だけをアップして見ました。淡い黄色のネクターガイドを目指して、昆虫が集まる仕組です。昆虫が、どこに口吻を差し込んだらよいかの目印として、旗弁の基部には黄色の斑点が用意されているのです。
e0145782_16175688.jpg

束状になっているオシベとメシベをアップして見てみました。薄い緑色の1本がメシベ、薄い茶色の花粉と白い花糸がオシベ10本、メシベとオシベの基部を包みこんでいる茶色のものが萼です。束状になっているオシベ10本のうち、1本だけが合着されずに、独立していて、メシベの花柱との間に隙間を作っています。昆虫が口吻を突き込みやすいようになっています。巧妙な仕組みに驚かされます。
e0145782_1618284.jpg

今回、ハリエンジュについて、調べたことも、ご参考として、少し記載しておきます。

①ハリエンジュは、明治10年ころに渡来したといわれ、砂防用に海辺などに植栽されたが、各地に野生化しています。河川などにはびこり、なかなか退治することができず、外来有害植物に指定されています。

②開花期の5月ころに、白い芳香のある花、つぼみを採取して、てんぷらにして食べるます。
また、熱湯でかるく茹でて、酢の物、和え物にして山菜として食べます。花、つぼみは山菜として食用にできますが、葉、樹皮、豆果、種子は有毒として食べないようにしましょう。

③日本では単にアカシアと呼ばれることがあります。これはハリエンジュの英名であるFalse acaciaや Locust acaciaによるものと考えられますが、本来のアカシア(アカシア属Acacia)はサバンナのような乾燥地に生え、たくさんのオシベをもち、しかも花弁がオシベよりも小さいなど、ハリエンジュ(別名:ニセアカシア)とはまったく別物の植物です。
アカシア蜜として、売られている蜂蜜はハリエンジュ(別名:ニセアカシア)の蜂蜜ですから、正確に言えば、ハリエンジュ蜜とかニセアカシア蜜というべきでしょうが、この名前ではあまり売れそうもないですね。

④花序に多数の白色花をもつ種としては、他にエンジュがあるが、エンジュの花序は円錐状で直立し花数も多く、かつ花は長さ1.5センチほどで2センチを超えるハリエンジュ(別名:ニセアカシア)よりも小さい。
名の由来は、エンジュに似ていて、針があるから、ハリエンジュとなったという。
以上
by midori7614 | 2012-05-18 16:23 | 身近なみどり
<< フジ(藤) 5月14日 よこはま動物園ズーラシア >>