のん木草・みどり見て歩き

3月16日松田山の河津桜と南足柄の春めき

昨日16日に、かわさき市民アカデミーみどり学サークル「みどり会」の見て歩き行事で、松田山の河津桜と南足柄の春めきを見てきました。

1月に作成した当初の計画では、次のとおりでした。
早咲きの桜「春めき」とアサヒビール工場見学。

早咲きの「春めき」と言う桜が南足柄市の中沼の狩川の両岸やアサヒビール工場周辺などで、3月中旬に見ごろを迎え、一足早い花見を楽しまれています。カンヒザクラとシナミザクラの交雑種と言われています。この桜の見て歩きをして、アサヒビールを飲んで来ようという計画です。

(1)集合:小田急線・新松田駅改札口前。午前10時00分。
○ご参考電車: 登戸8:55→9:57新松田。登戸8:47→9:48新松田。
(2)コース:小田急・新松田駅→(バス)→関本→(歩き)→春木径・幸せ径の春めきの花見(昼食)→(歩き)→関本→(バス)→アサヒビール工場(見学とビール試飲)→(バス)→小田急・新松田駅(解散)
(3)持ち物:お弁当、敷物、飲み物、雨具、防寒具、ホカロン、ルーペ、筆記道具、双眼鏡等ご持参下さい。なお、昼食は、富士フイルム工場近くの土手道(春木径・幸せ径)周辺で、花見をしながら食べる予定です。

ところが、今年は、バラ科サクラ属の花のウメやサクラの開花が大変遅れています。
南足柄市観光課に春めきの開花状況を確認しましたら、富士フイルム前の川の土手に植えられている春木径の「春めき」は、まだ、つぼみの先端が膨らんできた状況で、16日には咲かないことがハッキリしました。一方、松田山ハーブガーデンに確認しましたら、河津桜は14日現在6~7分咲き、16日頃は良い見ごろでしょうと言われました。因みに、桜祭りは3月25日まで延長し、夜桜見物のイルミネーションは3月10日から開始しているそうです。
この情報に基づき、春木径の春めき見物を松田山の河津桜見物にに急遽変更しました。

(1)集合:小田急線・新松田駅改札口前。午前10時00分。(変更なし)
早く、来られた方から、順次、タクシー3~4名分乗して、松田山ハーブガーデンに行っていただきます。但し、タクシー3~4名分乗しますので、遅刻される方をお待ちできませんので、ご了承お願いします。

○ご参考電車: 登戸8:55→9:57新松田。登戸8:47→9:48新松田。

(2)コース:小田急・新松田駅→(タクシー分乗)→松田山ハーブガーデン(花見と昼食)→(歩き)→新松田駅13:05発→(アサヒビール行き路線バス)→13:25着アサヒビール神奈川工場(工場見学とビール試飲)15:30発→(新松田駅行き路線バス)→15:50着新松田駅(解散)

(3)持ち物:お弁当、敷物、飲み物、雨具、防寒具、ホカロン、ルーペ、筆記道具、双眼鏡等ご持参下さい。なお、昼食は、松田山で花見をしながら食べる予定です。

昨日16日は、良いお天気に恵まれ、みどり会会員9名で、上記計画通りに行動し、楽しい1日を過ごさせていただきました。

まず、河津桜の概要を説明しておきましょう。
河津桜は、寒緋桜と早咲き大島桜の自然交配種と言われており、樹形は広卵状で樹皮は紫褐色で光沢がある。花形は平開形で一重のやや下向きであり、花弁は5枚の円形で無毛である。色は蕾の時は濃紅色だが、満開時は淡紅色になる。河津桜の開花時期は、その年の気候に左右されますが、例年は、1月下旬から蕾をつけだし2月上旬から花を咲かせ、開花時期は、ほぼ1ヶ月間の長期間にわたり、ひと足早い春の訪れを感じることができます。今年は本当に遅れています。

河津桜と富士山。春霞で、富士山がぼやけていました。
e0145782_201997.jpg

8分咲き(満開)の河津桜風景。
e0145782_2014358.jpg

河津桜と菜の花の風景。
e0145782_2021635.jpg

開花し始めた河津桜。
e0145782_202585.jpg

e0145782_2032324.jpg

開花した花序。
e0145782_20212945.jpg

e0145782_2022013.jpg

花を横から見る。萼片は反り返っています。萼筒は無毛で、長鐘状です。
e0145782_2051485.jpg

花をアップして見る。きれいな花弁に、(葉)脈が透けて見えます。脈の色が紅色で、花弁全体が淡い紅色に見えることが判ります。
e0145782_2062949.jpg

e0145782_207369.jpg

更に、オシベ、メシベをアップして見る。花粉黄色で、花糸白色のオシベは約30本、柱頭が緑色のメシベが1本ですね。
e0145782_2081413.jpg

松田山では、河津桜以外に、菜の花、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ヒメウズ、ハナニラ、クリスマスローズ、ローズマリーの花も観察いたしましたが、後日、個別に調べたうえで、ブログに掲載したいと考えています。

さて、当初計画の早咲き桜の「春めき」ですが、アサヒビール神奈川工場のビオガーデンに400本植栽されています。工場見学のガイド嬢もまだつぼみですと言っていましたが、帰りのバスを待つ間に、どこかに咲いていないかと探しまわりました。2輪だけ開花し始めている株を執念で発見しました。

春めきのつぼみ。萼筒は少し毛が見られます。片親のシナミザクラの遺伝ですね。
e0145782_208525.jpg

初々しい春めきの開花。1週間後位が満開で見ごろでしょうか?
e0145782_209255.jpg

本日は、河津桜と春めきの紹介だけさせていただきました。
以上
by midori7614 | 2012-03-17 20:17 | 身近なみどり
<< 梅の香り、蜜、花粉 小さな花のサンシュユ >>