のん木草・みどり見て歩き

毒のあるフクジュソウ

クリスマスローズ、セツブンソウの花の構造を取り上げましたので、同じキンポウゲ科の花の仲間として、フクジュソウの花についても、もう一度観察してみましょう。

地中から突如、芽をだし、ふくらんでつぼみとなり咲き始めます。
e0145782_18304690.jpg

e0145782_18311831.jpg

花茎の先端に黄色い花を1~数個上向きに開きます。花は直径約3~4cmで、花弁は10~20個、萼片より長く、黄色で金属光沢があります。花は日が当たっている時だけ開きます。
e0145782_18315845.jpg

早春には、花粉を運ぶ虫も少ない。そのうえ、晴れて暖かな日にしか虫は飛びません。フクジュソウの花は晴れた朝に開き、花弁をパラボラアンテナの形に広げて、太陽の動きをを追いかけます。光沢のある科弁は光を反射し、花の中心に、オシベやメシベのあたりに光を集める。その結果、花の内部の気温は外気温より10度ほど高くなると言われています。冬越しのハナアブは暖を求めて、フクジュソウのクアハウスに集ってくるそうです。花弁の黄色はハナアブが好きな色だとの事です。
e0145782_18322542.jpg

花の裏側を見てみましょう。花弁の外側にある萼片は帯暗紫緑色で数個あります。しかし、萼片と花弁の区別は、どこで分かれているのかは判りにくいですね。
e0145782_18343116.jpg

雄しべ、雌しべ多数あります。中央の球状のところの突起がメシベです。球状のメシベの塊の周囲にあるのがオシベです。このように、メシベが多数別々にある種は、モクレン科のメシベと似ていて、歴史的に古いタイプの植物と言われています。
e0145782_18351390.jpg

e0145782_18353380.jpg

なお、フクジュソウについて、調べたことを、ご参考として、記載しておきます。
フクジュソウはキンポウゲ科フクジュソウ属の多年草です。
北海道,本州,四国などの山地のやや明るい落葉樹林内などに自生する高さ10~25cmの多年草で,早春雪解けとともに新芽を出し,何よりも先に光沢のある鮮黄色の花をつけて春の到来を知らせます。茎は太く直立します。茎先に黄色い花を1~数個上向きに開きます。花は直径約3~4cmで、花弁は10~20個、萼片より長く、黄色で金属光沢があります。萼片は帯暗紫緑色で数個あります。花は日が当たっている時だけ開きます。光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられると1~2分で花がしぼみ、再び日があたるといつの間にか花が開きます。 寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫をしているらしいです。
フクジュソウは蜜がなく、花粉だけがあります。花は太陽の方向に向き、パラボラ状に広がる花びらが、中心に太陽熱を集め、夜には閉じ、寒さから雄しべや雌しべを守っていると言われています。中心に太陽熱を集めているので、寒さに凍えた虫が身体を温めにやって来て、花粉を食べて、花粉を他の花のメシベに運んでいるとも言われています。

「福寿草」という名前が示すように,縁起の良い花として,鉢植えなどがお正月に飾られます.多くの園芸種があり栽培もされています.お正月に花屋さんで売られているものは ハウス栽培されたものです。花芽は晩秋にできるので、その後約1ヶ月寒さにあわせて室内にとりこんでおくとお正月頃に咲きます。 ふつうは咲き出すのは2月からです。
福寿草の花と南天の実とセットで「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされることがある。名前もめでたい「福寿(幸福と長寿)」の 草の意。
名前の由来は、旧暦の元旦の頃に開花することから、幸福の「福」と、めでたい長寿の「寿(ことぶき)」をあてて、福寿草(ふくじゅそう)の名がついたという。これは、花の開花期間が長いことから、幸福で寿命が長いという意味にあやかった名だという。
また、開花の時期から、元日草(がんじつそう)、朔日草(ついたちそう)という別名もあります。福寿草(ふくじゅそう)は、江戸時代前期頃にはすでに、新年を祝うめでたい植物として鉢植えなどにして出荷されていてたという。
ラテン語学名Adonis(アドニス)は、 ギリシャ神話に登場する、イノシシの牙に 突かれて死んだ青年の名前に由来。 傷から出た血のように赤い花にたとえた。 (欧州産の本属のものは黄色ではなく 赤い花だそうです)。

フクジュソウの根茎は黒褐色で太く、多数のひげ根を束生しています。強心利尿薬として用いられますが、根と茎はかなり強い有毒ですので、食べないように、注意して下さい。新芽をフキノトウと間違えて人が中毒おこすことがあります.
フクジュソウは,全草に強心配糖体シマリンを含みます.
症状としてはまず流涎,嘔吐,疝痛,下痢などの消化器障害が現れます.ついで心臓作用が現れますが,はじめ脈拍は異常に強盛,かつ緩徐で,しだいに心筋の異常興奮のため脈拍頻数,不規則,細弱となり,呼吸も浅弱を示し,四肢けつ冷,痙攣,蹌踉,麻痺,呼吸困難を起こします.その他の症状として,多尿,蛋白尿,頻尿などの腎炎症状も示します.重症のものは昏睡状態に陥り,四肢脱力,呼吸麻痺,麻痺性イレウスの症状を示し,最後は痙攣を起こして死亡します

以上
by midori7614 | 2012-02-27 18:37 | 身近なみどり
<< 花弁がないキクザキイチゲ 可愛い花のセツブンソウ >>