のん木草・みどり見て歩き

夢の島熱帯植物園の花

寒い時期には、温室は天国ですね。ロッカーに、防寒具や不必要な荷物を保管して、カメラだけをぶら下げて、長袖シャツ姿で、見て回りました。本日は、花だけに着目して、掲載してみます。

アンスリウム。サトイモ科。
e0145782_1817239.jpg

ベニマツリ。アカネ科。
e0145782_18382299.jpg

ウナズキヒメフヨウ。アオイ科。
e0145782_18185437.jpg

e0145782_18193269.jpg

コエビソウ。キツネノマゴ科。
e0145782_18202191.jpg

グズマニア。パイナップル科。
e0145782_18213811.jpg

アマゾンリリー。ヒガンバナ科。
e0145782_18221987.jpg

メガスケパスマ・エリトロクラミス。キツネノマゴ科。
e0145782_1822479.jpg

ベニヒモノキ。トウダイグサ科。
e0145782_18232179.jpg

ドンベヤ・ウオリッキー。アオギリ科。
e0145782_18241372.jpg

一つの花をアップ。
e0145782_18245747.jpg

ペンタス。アカネ科。
e0145782_18254226.jpg

e0145782_18262026.jpg

コダチヤハズカズラ。キツネノマゴ科。
e0145782_1827731.jpg

サンタンカ。アカネ科。
e0145782_18274512.jpg

モウセンゴケ。
e0145782_18281429.jpg

アップしてみました。
e0145782_1828497.jpg

e0145782_18291456.jpg

ランの花をアップして視ました。花のつくり(構造)は、どのランも、萼片3個、花弁(萼片と同じように花びら風のもの2個と唇弁1個で構成)3個、ずい柱(オシベ=雄ずいとメシベ=雌ずいが合体したもの)1個で同じですが、形や大きさが違っています。
萼片3個は花びらのように見えて、外花被片とも言われます。花弁3個は、上方の横についている2個は萼片と同じように花びら風のもので、花被片とも言われます。下側の派手な模様の花弁1個は唇弁=リップと呼ばれ、個々のランの特徴を一番よく示しています。
ずい柱1個は、オシベ=雄ずいとメシベ=雌ずいが合体したものです。ランの花の最大の特徴です。オシベの花粉粒は10数万個が固く、凝縮されて、花粉塊となっています。

シンビジュームの仲間。
e0145782_1830232.jpg

コチョウラン。
e0145782_1831592.jpg

カトレア。
e0145782_18313647.jpg

オンシジューム。
e0145782_183262.jpg

本日は、ここまでとし、明日は夢の島熱帯植物園の内外で見られた植物を掲載します。
以上
by midori7614 | 2012-02-08 18:39 | 関東のみどり
<< 夢の島熱帯植物園の内外で見られた植物 夢の島に沢山植えられているユーカリ >>