のん木草・みどり見て歩き

東高根森林公園のサンシュユ。

大地震と大津波の被害者の皆さんに心よりお見舞いを申し上げます。

昨日は、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱのサークルである「葉っぱ会」の見て歩き行事で、私は仲間5名を案内しながら、次のコースで、江ノ島の植生を観察に行っておりました。
片瀬江ノ島駅10:00→表参道→児玉神社(北西斜面のタブノキ、スダジイ、ヤブツバキ、カクレミノ、クスノキなど観察)→中津宮→江の島サムエル・コッキング苑(椿観察と昼食)→山ふたつ(龍野ケ岡断崖の植生、断層の観察)裏参道(北面斜面の植生など観察)→江ノ島神社。

丁度、午後2時46分頃、山ふたつの展望台で、大昔の地震で出来た大きな断層の龍野ケ岡断崖のできた由来や植生などを説明していた時に、ゆらゆらとゆれ始め、地震が発生したことを感じました。携帯ラジオを持参していましたので、早速聞きましたら、大地震が発生したことを知り、奥津宮や龍野ケ岡(恋人の丘)へ行くのを断念し、裏参道を下りながら、北面斜面の植生など観察して、江ノ島神社鳥居まで戻りました。既に、江ノ島大橋は津波警報がでたことにより、通行禁止となり、江ノ島に閉じ込められてしまいました。幸い、表参道沿いのカフェがまだ、空き席がありましたので、中に入りコーヒー1杯で、テレビで情報収集して、時間を過ごしました。6時頃に、橋の通行禁止が解除されて、ほとんどの人が橋を渡って、帰っていきました。電車が動かないことを知っていましたので、早く店を出ても寒いだけですし、長期戦を覚悟して、早めに、夕食を取りました。家族との連絡を取るべく、携帯から電話やメールをしてみましたが、全く通じません。そこで、関西に住んでいる娘の所へ、電話したら、すぐに通じたので、娘に電車の運行再開見込みの情報収集と家族から何か連絡があってら、それぞれの状況を連絡してくれるように、依頼しました。江ノ島の地元では、電車の運行再開見込みの情報が得られないので、7時過ぎに、娘の所へ電話して、状況を確認してみました。JRは終日運転再開しないことを決定したとの情報をもらい、急遽、帰ることから、宿泊することに、方針を変更し、ホテル・旅館・民宿を探しました。7時半すぎに、民宿に素泊まり6300円で入ることが出来ました。部屋で、テレビを見て、入浴し、9時過ぎに、ようやく家族とメールと電話が通じました。やれやれ、一安心して、眠りに着きました。
本日は、早朝からテレビを見始めて、約5kmの藤沢まで歩いて出れば、小田急で帰れることが判り、8時前に民宿を出て、朝食をコンビにで、買って、途中の公園で食べたりして、10時頃藤沢駅から電車に乗り、11時半頃のやっと帰宅しました。
帰宅して、昼食を食べましたら、ほっとして、長い昼寝をしました。
今回は、予想をはるかに上回る被害状況をテレビで見て、驚くと同時に、日頃の私自身の地震対策が不十分であることを反省しています。でも、今回は、私とっては、貴重でな体験をさせていただけたと思って、これから、外出時の持ち歩きパックを作ったり、地震を想定した買い置き物資の用意をしておきたいなと思っています。

8日に、東高根森林公園を見て歩きしていましたので、サンシュユを中心に、掲載させていただきます。
サンシュユ(山茱萸)は、中国、朝鮮半島原産の落葉小高木で、高さ3〜15mになる。江戸時代中期に薬用として渡来した。ミズキ科ミズキまたはサンシュユ属で、別名は、ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミと呼ばれる。3月頃に開花し、春の到来をいち早く知らせる植物の1つである。花は、木一面に鮮黄色の小花を葉に先だって集めてつける。近づいてみると、花弁は4枚、オシベ4個、メシベ1個である。
後日、葉を見ると、側脈が平行に発達しており、葉先に湾曲し、ハナミズキ、ヤマボウシ、ミズキ、クマノミズキの葉に、良く似ている。同じミズキ科の仲間なので、当然のことである。
果実は、紅色楕円形で晩秋に鈴なりに結実する。ミズキ科の果実は、サンシュユ、ハナミズキ、ヤマボウシ、ミズキは、全く似ていない、違った形状である。
サンシュユの場合は、幹肌がガサガサと荒れているので、ハナミズキ、ヤマボウシ、ミズキなどと、この点ではっきり区別できる。

ほぼ満開の1本のサンシュユ。
e0145782_20294154.jpg

花のつき方の様子。
e0145782_20302671.jpg

花とつぼみのアップ。
e0145782_20305292.jpg

この時期は、まだ見るべきものは少ないです。
他に、見られた花。
フクジュソウ。
葉がかなり大きくなりました。
e0145782_20311455.jpg

キクザキイチゲ。
e0145782_20313891.jpg

ミスミソウ。
e0145782_2032597.jpg

e0145782_20323480.jpg

フユノハナワラビ。
e0145782_20325822.jpg

ムシカリの冬芽。
e0145782_20332019.jpg

以上
by midori7614 | 2011-03-12 20:35 | 関東のみどり
<< 神代植物公園の思いのまま 前橋・沼の窪のザゼンソウ >>