のん木草・みどり見て歩き

大船植物園の玉縄桜

2月25日、氷室椿庭園を見てから、大船植物園へ、玉縄桜を見に行ってきました。
この桜は、大船植物園のソメイヨシノの実生苗を選抜して、育てた中で、早咲きの桜を選抜して、新たな品種として、登録された桜です。従って、母親はソメイヨシノであることは確定しています。花の特徴から考えますと、父親は早咲き大島ではないかと推測されています。
なお、玉縄桜は、王禅寺ふるさと公園、麻生区役所中庭にも植えられていますので、身近なところでも、見ている人は多いでしょう。

玉縄桜の原木。
e0145782_16335776.jpg

ほぼ満開の玉縄桜。
e0145782_16342323.jpg

花とつぼみのアップ。
e0145782_16345137.jpg

他に、見られた花を、掲載しておきましょう。
スプリングベルという名前のアセビの園芸品種。
e0145782_16351698.jpg

曙という名前の椿の園芸品種。
e0145782_16354437.jpg

笑顔(えがお)という名前の椿の園芸品種。
e0145782_16375057.jpg

太郎冠者という名前の椿の園芸品種。
e0145782_16381668.jpg

源氏車という名前の椿の園芸品種。
e0145782_16384083.jpg

見驚という名前の梅の品種。
e0145782_1639322.jpg

花香実という名前の梅の品種。
e0145782_16392864.jpg

パールアカシア。
e0145782_164012.jpg

ギンヨウアカシア。
e0145782_16402910.jpg

以上
by midori7614 | 2011-03-08 16:43 | 関東のみどり
<< ぐんまフラワーパークのアザレア 茅ヶ崎の氷室椿庭園 >>