のん木草・みどり見て歩き

生田緑地の梅

忙しく過ごしているうちに、もう、1月末になってしまいました。一昨日29日に、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップの講師をしていただいているN先生がガイド講師をされる観察会が生田緑地で行われましたので、ワークショップの仲間と一緒に参加してきました。
冬芽や野鳥の観察が中心で、イヌシデとアカシデ、ムラサキシキブとヤブムラサキ、ミズキとクマノミズキなどの冬芽の見分け方のポイント(ルーペで見て、毛の有無の確認)などを学んできました。
途中、生田緑地梅林で、一~二分咲きのまだ開花したばかりの梅の花を眺めてきました。ここは寒い場所なので、見ごろは2月下旬~3月上旬の方が良いと思いますが、一応、見られた10品種の梅の花を紹介しておきます。

藤牡丹。
e0145782_16533283.jpg

五節の舞。
e0145782_16535915.jpg

紅牡丹。
e0145782_16542331.jpg

佐橋紅。
e0145782_16544646.jpg

八重松島。
e0145782_1655877.jpg

思いのまま。
e0145782_16553390.jpg

信濃小梅。
e0145782_16562051.jpg

道知辺。
e0145782_1656505.jpg

寒紅梅。
e0145782_16571388.jpg

黒田。
e0145782_1657529.jpg

ご参考 観梅のポイント
花を眺め、楽しむのは、人それぞれで良いのですが、昔の風流人、現代の茶道をされる人は、次のポイントを挙げていますので、ご参考に3点を列挙しておきます。
①花とつぼみの色を見る。(花びらだけでなく、萼の色・形も楽しく眺める。)
②枝ぶりを眺める。(枝がいろいろと曲がっているのを楽しく眺める。)
③ほのかな香りを嗅いで楽しむ。(開花したての、花粉が多い花が良く香る。)
以上
by midori7614 | 2011-01-31 16:58 | 身近なみどり
<< 湘南・鷹取山 長尾の里めぐり >>