のん木草・みどり見て歩き

金峰山・その1

先週は、実家の法事、夏山合宿、娘家族4名の来訪などで、忙しく過ごしてしまいました。本日から、しばらくは、孫と一緒に、出かける以外は、予定を作っていませんので、のんびりと過ごしたいものと考えています。

8月3日~4日に、私が今年度会長を引き受けています、小さな山の会の、夏山合宿で、奥秩父の盟主と言われています金峰山(2599m)を登ってきました。恒例のゆっくり、ゆったり登山で金峰山小屋に一泊して、帰りに、温泉立ち寄りののんびり山歩きでした。行程は、次のとおりでした。
第1日目:JR中央線塩山駅8:25→(タクシー)→大弛峠(2360m)10:10→朝日岳(2579m)→朝日岳西のコル(2460m)→金峰山(2599m)→16:30金峰山小屋(宿泊) 累積上り360m、累積下り270m。 歩行距離4~5km 標準歩行時間3時間のところを2倍の6時間余をかけて、ゆっくり歩きました。
 
第2日目:金峰山小屋6:30→金峰山(2599m)→大日岩(2170m)→大日小屋(2040m)→富士見平小屋(1810m)→13:20瑞がき山荘(1510m)→(バス)→増富の湯(乗り換え・入浴)→(バス)→16:44JR韮崎駅。
累積上り150m、累積下り1089m。 歩行距離5~6km 標準歩行時間3時間30分のところを2倍の7時間をかけて、ゆっくり下りました。

今日のブログには、8月3日の写真だけを掲載します。

大弛峠では、小雨が降っていましたので、雨具を着用して歩きはじめました。涼しくて、呼吸も楽で、助かりましたが、カメラを濡らすのがイヤでしたので、雨が止むまでは、写真を撮りませんでした。午後、1時頃から、晴れてきましたので、その後の写真ばかりです。

樹林帯の中の山道です。
e0145782_1692667.jpg

シラビソ、トウヒの原生林で、コケが雨に濡れて、きれいでした。
e0145782_1610564.jpg

スギゴケだと思いますが、見事でした。
e0145782_16102568.jpg

バイケイソウ。
e0145782_16105388.jpg

その小花をアップしてみました。ハエが花粉の媒介にやってきていました。
e0145782_16112114.jpg

ゴゼンタチバナ。
右の葉が4枚のものまでは、花をつけません。左の葉が6枚以上になったものから、ようやく花を咲かせます。
e0145782_1612440.jpg

ナナカマドの葉。
花が終わり、緑の色の若い実をつけていました。葉は、ほとんどが緑色ですが、紅葉を始めそうな葉もチラホラありました。初秋には、真っ赤に紅葉するでしょう。
e0145782_1613829.jpg

金峰山頂上の直前にある入口岩。
e0145782_1613377.jpg

金峰山頂上。2599m。高尾山よりも、2000m高い山でした。
e0145782_1614546.jpg

金峰山頂上近くの、シンボルの五丈石。
e0145782_16143271.jpg

金峰山頂上から、150mほど下にある金峰山小屋へ向かう岩道。瑞垣山、八ヶ岳を眺めながら下りました。
e0145782_1615579.jpg

金峰山小屋。きれいな山小屋です。2年前に、NHKテレビで紹介された山小屋で、それ以来、一度は宿泊したいと考えていました。
e0145782_16154379.jpg

トウヤクリンドウ。
e0145782_16194211.jpg

小屋の夕食。スイカや新鮮なサラダが付いています。水が貴重な山小屋ですので、チキンソテーをご飯の上にのせてあり、油をご飯が吸収するように、工夫されています。これ以外には、グラスワインと麦茶だけですが、手作りの夕食で、美味しかったです。
e0145782_16202029.jpg

夕食後に、サンセットの山を楽しみました。
日没前の瑞垣山。
e0145782_16205111.jpg

夕焼けの雲海。
e0145782_16212078.jpg

明日は、2日目の写真を掲載します。
以上
by midori7614 | 2010-08-06 16:24 | 関東のみどり
<< 金峰山・その2 8月5日までお休みします。 >>