のん木草・みどり見て歩き

コダマスイカ

本日は、涼しくて、快適な早朝散歩を楽しんでおりましたら、5時45分頃から小雨が降りだしました。デジカメが濡れるのがいやなので、早めに帰宅して、家の中で、のんびり過ごしています。片づけなければならない書類が散かっていますが、その整理には着手する気分にならず、困り者ですね。

今日のブログには、庭で栽培したコダマスイカの写真を整理してみましたので、その栽培顛末を掲載します。

コダマスイカはウリ科で、 原産は東南アジアです。 今回は、5月に苗を購入してきたものを植えて、その生長を見守りました。

6月12日の花。 雄花雌花の違いは、花だけを見ただけでは判りません。 雌花には、花の下に、小さな玉が既にできていますので、すぐに判ります。今回は、迂闊にも、その写真を撮影もれしておりました。122
e0145782_1595313.jpg

6月24日の産毛に包まれた実。これがスイカの赤ちゃんです。
e0145782_15105299.jpg

6月28日の実。小さいながらも、毛がなくなり、スイカらしくなってきました。
e0145782_15113088.jpg

7月22日。 収穫 できるように熟したコダマスイカ。小玉種ですから直径15cmくらいです。いつ収穫したら良いかを随分迷いましたね。
e0145782_15161789.jpg

重さは1267gでした。
e0145782_15164959.jpg

包丁を当てたら、パリッと割れ目が入り、熟していました。甘くて美味しかったです。
e0145782_1515947.jpg

今年の梅雨は、暑くて空梅雨みたいでしたので、甘いスイカになったのではないかと思います。これに味をしめて、来年もコダマスイカを植えてみたいと考えています。
以上
by midori7614 | 2010-07-29 15:18 | 身近なみどり
<< 7月下旬の小石川植物園のみどり ムクゲいろいろ >>