のん木草・みどり見て歩き

7月下旬の東高根森林公園

本日は、昼から、私が今年度会長を引き受けている小さな山の会の定例会がありました。8月の夏合宿、暑気払い会や9月~10月の山行計画を話し合いました。

今日のブログには、梅雨明けで咲き始めました東高根森林公園の7月下旬の花(ヤマユリ、レンゲショウマ、ヤマホトトギスなど)を掲載します。日なたは猛暑ですが、木陰に入ると涼しさを感じます。お近くの方は、どうぞお出掛け下さい。

ヤマユリ。
草むらの斜面に咲いています。
e0145782_18135557.jpg

花一輪をアップしました。
メシベ1本に見えますが、よくよく見ますとメシベの柱頭が3つに裂けていて、3本が合着していて、1本に見えることが判ります。この写真では、判りにくいですね。
オシベは6本、花びらに見える内花被片(花弁にあたる)3枚、外花被片(萼片にあたる)3枚を確認して、見てください。花が3または3の倍数で構成されているので、3数性の花と言われます。アヤメなどの単子葉の草には、3数性の花が多いですね。
e0145782_18143333.jpg

レンゲショウマ。
キンポウゲ科の夏に可憐に咲く花ですね。高地で涼しい奥多摩御岳山のレンゲショウマは8月中旬に咲きますが、東高根では、例年7月下旬から咲いています。草むらで見にくいのと離れた場所で、きれいな写真が撮れないのが難点ですが・・・・・
e0145782_1815399.jpg

ヤマホトトギス。
ホトトギスには、ヤマジノホトトギス、ヤマホトトギスなどいくつかの種類があります。
これは、花被片が反り返って、垂れているので、ヤマホトトギスです。
e0145782_18162728.jpg

キカノコユリ。
e0145782_18165669.jpg

キツリフネ。
e0145782_18172857.jpg

キキョウ。
e0145782_18175988.jpg

他にも、コウホネ、アサザ、ワスレナグサ、コバギボウシも咲いていましたが、今回は省略しました。

明日は、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱワークショップの野外授業の日です。朝早く家を出て、バスで霧が峰へ行き、帰りには、反省会をしますので、帰宅がかなり遅くなりそうです。
明日のブログはお休みする予定ですので、ご了承下さい。次回は24日に掲載します。
以上
by midori7614 | 2010-07-22 18:26 | 身近なみどり
<< 霧が峰のみどり・その1 小石川植物園のショクダイオオコ... >>