のん木草・みどり見て歩き

7月上旬の東高根森林公園 その2

本日は、かわさき市民アカデミーみどり学Ⅱのサークル「葉っぱ会」のメンバー12名で、高尾山へ見て歩きに出掛ける予定でしたが、天気予報が冴えないので、昨夜のうちに、中止を決定しました。午前中は雨降りでしたので、久しぶりに、のんびりと参議院選挙結果のテレビを見たり、読書などをして、過ごしました。

今日のブログには、昨日に引き続き、東高根森林公園で撮影してきた写真を、掲載します。

イチヤクソウ。イチヤクソウ科 イチヤクソウ属。
イチヤクソウは北海道~九州、朝鮮・中国に分布する多年草。明るいマツ林や落葉広葉樹林中に生育する。常緑であり、やや厚い葉を根生する。葉脈の部分の緑色が薄く、模様になっているのが特徴で、おぼえやすい葉である。6月から7月にかけ、花茎を伸ばして5個前後の花を付ける。花は白色で直径13mm程度。花弁は5枚、雄しべはたくさんあり、雌しべはこれより飛び出して湾曲している。
e0145782_1932227.jpg

ヤブカンゾウ。ユリ科 ワスレグサ属。
ヤブカンゾウは中国原産の多年生草本であり、栽培されていたものが野化している。花は八重咲きで、3倍体なので結実しない。点々と人家近くの草地などに生育が見られるが、種子で増えることはないので、過去に栽培されたものが生き残ったり、河川の氾濫にともなって流されたりしたものであろう。そのようなこともあって、現在の生育地は堤防や小川のほとり、耕作地の周辺などであることがほとんどである。匍匐茎を出して広がり、群落を形成する。若葉と花は食用になり、乾燥させて保存食としたりした。また、利尿剤として民間薬として利用される。
e0145782_19331054.jpg

e0145782_19334278.jpg

ウツボグサ。ユリ科ウツボグサ属。
ウツボグサはあぜ道や山際の草地などに生育する多年生の草本。日本各地、東アジアの温帯に広く分布する。6月から盛夏にかけて特徴ある花序を出し、美しい花を咲かせる。和名の由来となっているウツボは弓矢の矢を収める「靫あるいは空穂」に形が似ている事に由来する。花穂の太い部分を矢の先端を入れる部分に見立てたのであろう。ウツボグサの茎は他のシソ科の植物と同様に断面は四角であり、葉は対生している。花序もよく見ると基本は四角形である。苞葉が密に対生しており、1つの苞葉に3つの花が咲くので、上から見ると合計12の花を数えることができる。地表に茎を伸ばして繁茂する。
e0145782_19342732.jpg

コウホネ。スイレン科コウホネ属。
コウホネは北海道から九州に分布し、朝鮮にも見られる多年生の水草。水底の泥の中に太い地下茎がある。地下茎は白色で葉の跡が点々とあり、これが骨のイメージがあることが和名の河骨の由来となっている。葉には水中葉と水上葉がある。水中の葉は薄くて細長く、水底にあって水面には出てこない。水上葉は水深が深い場所では水面に浮かんだ状態(浮葉)となり、水深の浅い場所では立ち上がって抽水葉となる。
 花は6月から9月にかけて次々と咲き、光り輝く黄金色であり、曇りの日でなければ撮影が困難である。5枚の花弁状のものは顎であり、その内側に多数あるリボン状のものが花弁である。中心部に雌しべがその周りを多数の雄しべが取り囲んでいる。水位変動の少ない古いため池などに生育する。近年は減少しつつある植物である。
花。
e0145782_1935652.jpg

若い果実。
e0145782_19354024.jpg

オモダカ。オモダカ科 オモダカ属。
多年草。成長期間5~11月。塊茎・種子で繁殖。全国に分布するが、特に関東以北・北陸など寒地に発生が多い。大形の草になり養分の収奪力が大きいので強害草である。5月中旬~6月上旬にかけて塊茎から発生する。はじめ細長い線形の葉を3~4枚出すが、この頃はウリカワに似ている。6~8葉になるとへら状の葉がでてくる(写真左)。成植物の葉は長い葉柄がありその先に矢じり形で3片からなる大きな葉をつける。葉は株元から多数出る。夏に葉の間から高さ20~80㎝の茎を出し上部の節に3個ずつ白い花が咲き、やがて球形の果実ができる。秋に地下茎の先に50~150個の塊茎をつくる。
e0145782_1936819.jpg

ビワの実。
e0145782_1937353.jpg

ベニバナトチノキの若い実。トゲが見えます。
e0145782_1938444.jpg

他にも、オカトラノオ、アサザ、スイレン、キツリフネ、キキョウ、ハンゲショウ、ミクリ、ノカンゾウ、ユリも見られましたが、もう既に掲載しました花ですので、今回は省略しました。
以上
by midori7614 | 2010-07-12 19:39 | 身近なみどり
<< 7月19日までお休みします。 7月上旬の東高根森林公園 その1 >>