のん木草・みどり見て歩き

神代植物公園 その2

本日は、朝のうち、お天気が冴えなかったので、どこにも出かけないで過ごそうと思っていました。ところが、買い物に付き合って欲しいとの注文が出て、いつも、勝手に出かけている罪滅ぼしにと、二子玉川高島屋、神保町さかいや、溝の口マルイへと出かけてきました。買い物も1日仕事でしたが、帰りには、すっかり良いお天気になっていましたね。

今日のブログには、昨日に引き続き、25日に見てきました神代植物公園に咲いていた草花を、その2として掲載します。

キキョウ。
キキョウ科 の多年性 草本 植物 。山野の日当たりの良い所に育つ。 日本 全土、 朝鮮半島 、 中国 、東 シベリア に分布する。 万葉集 のなかで 秋の七草 と歌われている「朝貌の花」はキキョウのことと言われています。
花期:夏~秋。 桔梗は 秋の七草 に入っているので,秋の花と思っておられるでしょうが,6 月下旬に咲き始め数週間で終わりになります。キキョウは根にサポニンを含み薬用にもされます。

開花直後の花(下)と雄性期の花(上)。
開花直後の下の花は、オシベ先熟で、青いメシベを黄白色のオシベが囲んでいます。上の雄性期の花は5本のオシベが展開していますが、メシベの柱頭は閉じたままです。
e0145782_1941556.jpg

雌性期の花。
オシベが花粉を出し切って倒れてしまってから、メシベの花柱の先端の柱頭が5つに開きます。このように、雄性期と雌性期がはっきり分かれているのは、自家受粉を防ぐためのキキョウの花のシステムです。
e0145782_1944423.jpg

チダケサシ。
e0145782_1951359.jpg

その小花をアップしてみました。
e0145782_1953813.jpg

ヨウシュヤマゴボウ。
e0145782_196728.jpg

その小花をアップしてみました。
e0145782_1963192.jpg

ノカンゾウ。
赤橙色の花。
e0145782_197751.jpg

黄色の花。
e0145782_1973454.jpg

ウツボグサ。
e0145782_1975916.jpg

キリンソウ。
e0145782_1982694.jpg

スイレン。
e0145782_1993822.jpg

マヤランは花茎を伸ばしてきましたが、まだ咲いていません。
e0145782_19102029.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-27 19:12 | 関東のみどり
<< 神代植物公園 その3 神代植物公園 >>