のん木草・みどり見て歩き

神代植物公園

昨日、急に発生した日中の用件に対処してから、午後、神代植物公園に立ち寄ってきました。今年は、5月~6月にかけて、多忙でしたので、年間パスポートを持っていながら、65日ぶりの入園となっていました。神代植物公園の花盛りの時期に行かれなかったことになりましたが、今後は、最低でも、年5回の採算回数だけは、クリアーしたいものと思っています。

本日、サークルの下見で、三浦半島西海岸の佐島臨海自然教育園へいってきましたので、昨日の写真は、まだ整理不十分です。今日のブログには、6月の花「ハナショウブとアジサイ」を中心に、神代植物公園正門近くの展示場で見られたギボウシ、ハンゲショウも併せて掲載します。

ここでも、ハナショウブ展を行っていました。
e0145782_18104510.jpg

e0145782_18111184.jpg

e0145782_18112765.jpg

アジサイの花も特設展示されていました。
「センセーション」という園芸品種のアジサイ。
e0145782_1812048.jpg

「城ケ崎」という園芸品種のアジサイ。
e0145782_18122780.jpg

「アナベル」という園芸品種のアジサイ。
e0145782_18125597.jpg

公園内に植栽されているアジサイ。
e0145782_18131958.jpg

ガクアジサイの中央の両性花も花盛りでした。
e0145782_18135095.jpg

e0145782_18141195.jpg

ギボウシ。
e0145782_18144316.jpg

ハンゲショウ。
花がつぼみの時は、花序は下に垂れ下がっていますが、開花し始めると次第に、上に向かって立ち上がってきて、虫に無視されぬように、目立とうとします。当然でしょうね。葉も白粉をつけたように、虫を呼び寄せるように目立っているのですから、本来の主役である花も頑張る必要がありますね。
e0145782_18151670.jpg

以上
by midori7614 | 2010-06-26 18:17 | 関東のみどり
<< 神代植物公園 その2 我が家の野菜の花 >>