のん木草・みどり見て歩き

横須賀しょうぶ園

本日は、みどり学Ⅱの講座とワークショップの日でしたが、孫娘のお守りを午後2時30分から6時30分まで、引き受けましたので、ワークショップ開講準備にだけ出かけ、授業には出ずに、急ぎ帰宅しました。孫娘がお昼寝してくれれば、お守りも楽なんですが、あいにく、目がパッチリと開いたままでしたので、お相手しておりました。夕方の大学病院からの情報では、当初1週間ぐらいの入院と言われましたが、経過良好で明日土曜日に退院できそうとのことでした。孫のお守りからも解放されるので、ほっとしています。

今日のブログには、6月15日に、かわさき市民アカデミーのサークル「みどり会」の見て歩き行事で、行ってきました「横須賀しょうぶ園」の写真を掲載します。
このしょうぶ園は、5月下旬~7月上旬になると、412品種、14万株のハナショウブが 3.7ヘクタールの敷地に咲き競う全国有数のハナショウブの名所です。苑内のハナショウブは、江戸を中心に発展した江戸系、江戸系の流れをくむ肥後系、伊勢松阪を中心に改良された伊勢系の3品種があります。
川崎からは少し遠い場所で、交通は、JR横須賀線衣笠駅からバス「しょうぶ園」循環バス「しょうぶ園」下車(1時間に2・3本運行で、乗車時間は約10分)となります。入園料は、4月~6月の時期だけ、大人 300円です。花柄がよく取り除かれていて、きれいなハナショウブを沢山みることができ、満足して帰ってきました。まだ、当分、きれいですから、ご興味のある方は、行かれることをお勧めします。

しょうぶ園の風景。
e0145782_19441541.jpg

e0145782_19443395.jpg

e0145782_19445347.jpg

e0145782_19451661.jpg

e0145782_19454345.jpg

e0145782_19461110.jpg

e0145782_19462946.jpg

e0145782_19464665.jpg

ハナショウブ以外に見られた花。
クガイソウ。
e0145782_1947237.jpg

シャクナゲ。
e0145782_19472531.jpg

ヘメロカリス。
e0145782_19474757.jpg

シモツケ。
e0145782_1948373.jpg

スイレン。
e0145782_19482976.jpg

ハナショウブの個々の花につきましては、花の構造などを説明しながら、後日掲載したいと考えています。
以上
by midori7614 | 2010-06-18 19:50 | 関東のみどり
<< 相模原北公園 川崎のあじさい寺・妙楽寺 >>