のん木草・みどり見て歩き

神代植物公園のサトザクラ

本日は、朝から快晴の良いお天気でしたので、ヤマザクラとスミレを見に、高尾山を歩いてきました。この写真は明日以降に整理します。

今日のブログには、21日午後に、見てきました「神代植物公園のサトザクラ」を掲載します。時間の余力がないので、説明は省略させていただきます。

妹背。
e0145782_2065657.jpg

八重曙。
e0145782_2072222.jpg

花笠。
e0145782_2074614.jpg

天の川。
e0145782_2081016.jpg

法輪寺。
e0145782_2082930.jpg

八重紅虎の尾。
e0145782_2085131.jpg

八重御室有明。
e0145782_2091212.jpg

朱雀。
e0145782_2093984.jpg

大提灯。
e0145782_2010282.jpg

渦桜。
e0145782_20102630.jpg

昨日の新宿御苑でも、掲載した桜と同じ桜もありました。
一葉。
e0145782_20105179.jpg

普賢象。
e0145782_201116100.jpg

松月。
e0145782_20114322.jpg

福禄寿。
e0145782_2012741.jpg

鬱金(ウコン)。
e0145782_20123375.jpg

御衣黄(ギョイコウ)。
e0145782_20125858.jpg

駿河台匂。桜の中で、芳香が最も強いと言われています。
e0145782_20131951.jpg

桜園の風景。
e0145782_20134366.jpg

妹背の木をつつくアオゲラ。
e0145782_201485.jpg

e0145782_20142471.jpg

e0145782_20144945.jpg

ミニ知識。
①桜(さくら)とは
サクラ は、バラ科サクラ亜科サクラ属の落葉高木または低木の樹木です。
サクラ属はサクラ、ウワミズサクラ、スモモ、モモ、ウメ、ニワウメの6亜属に分けられます。一般にサクラといわれているものは、サクラ亜属に含まれています。
サクラは主に北半球の温帯に広く分布しています。
美しい花の咲く種類はアジアに多く、特に日本を中心に分布しています。また、中国や朝鮮半島にもかなりの種類があり、日本と共通の種類もあります。他には、中国の奥地やヒマラヤ地方などにも、ヒマラヤ桜のように美しい花の咲く種類が分布しています。
ヨ-ロッパには、サクランボ、いわゆるミザクラの類があります。これは日本の桜のように花の美しい種類とは別のものです。北米大陸には、日本にもあるウワミズザクラに近い種類や、常緑の種類などあります。これらは、日本人がイメージする桜とはだいぶ違っています。

②日本の桜(さくら)
日本に野生するサクラは9種類。
ヤマザクラ、オオヤマザクラ、オオシマザクラ、カスミザクラ、エドヒガン、マメザクラ、タカネザクラ、チョウジザクラ、ミヤマザクラがあります。
沖縄には野生化したものが1種あります。さらに、変種をあわせると100種以上のサクラが自生しています。
日本に分布するサクラの野生種は、ヤマザクラ群、マメザクラ群、チョウジザクラ群、エドヒガン群、カンヒザクラ群、ミヤマザクラ群の6つに分けられます。
ヤマザクラ群はヤマザクラ、オオヤマザクラ、カスミザクラ、オオシマザクラ。
マメザクラ群はマメザクラ、タカネザクラ。
チョウジザクラ群はチョウジザクラ。
エドヒガン群はエドヒガン。
カンヒザクラ群はカンヒザクラ。
ミヤマザクラ群はミヤマザクラ。
以上の10種があります。
サトザクラと言われる栽培(園芸)品種は、この野生種や外国産のサクラから生まれたものです。これらから育成された園芸品種は200種以上にものぼります。
以上
by midori7614 | 2010-04-25 20:19 | 関東のみどり
<< 足立区・都市農業公園のサトザクラ 新宿御苑のサトザクラ >>